大牟田市動物園のおもひで♪

4/17~18にかけての九州ジャガーツアーの大牟田市動物園の思い出です。

どこの動物園に出かけても、それぞれの施設ごとのよさやその街の縮図のようなものが垣間みえたりして、
毎回楽しく、興味深く過ごしますが、大牟田市動物園もとても素敵な動物園でした(*^_^*)

園内に入ってから、奥まで山がちな道を長く歩く造りになってるのが、個人的にとても好みです。
なんとなく異世界に入り込むような錯覚、そしてどことなくひなびた感じ(*´∀`*)~♪
(ほめ言葉に聞こえませんけど…^^;)

ハナシがそれますが、浜松市動物園も同じ造りで好きです。
高齢者向けではないのでね~、とちょっぴり困ったように浜松市の職員さんがおっしゃっておられて、
言われて初めてなるほどなぁ…、と気づいた自分はやっぱり思慮が浅ぇなーと思いましたが。

というわけで、特に異世界感の錯覚を得られやすかったのがバードケージ。
動物園自体は決して広くはないですが、バードケージは結構ゆったりとしていて、
中にいる鳥の皆さんもこころなしかのびのびしている気がして、とてもよかったです。

ホオジロカンムリヅル。この鳥が柵、網なしで間近に観られるなんて嬉しい。

20120418_hojirokanmuritsuru.jpg

屋根とか登ったりするんですね~。
ツルには珍しいらしいですが…、なるほど!→公式HPの動物紹介

インドクジャク。

20120418_indokujaku.jpg

上のホオジロカンムリヅルと全く同じ構図なのはスルーで。
尾羽をひろげている姿は観れませんでしたが、たたんでても充分観応えありますよね~。綺麗!

ケージ内外の樹々の木漏れ日がなんとゆうか別世界感をさらに演出しててですね~、
いつまでもいたくなるような、なんとも居心地の良い空間でございました。

ムフロン。の群れ。

20120418_mufuron.jpg

清掃中はガケの上で密集待機。
公式HPの動物紹介からすると、デカい牡達が上と下に分かれて群れを守ってる感じ…?

オオカンガルー。

20120418_ookangaru_01.jpg

お茶目だけど、ふてぶてしさは感じられません。可愛いというより愛らしいという感じです。
勿論、ふてぶてしいのにはそれはそれで捨てがたい可愛らしさがありますが(^∀^;)

アップ。

20120418_ookangaru_02.jpg

オオカンガルーってこんなお顔だちなんですね~。美形ぢゃないか…。

これまであまり意識したことはありませんでしたが、
今回、うわぁカンガルーってこんなに可愛いんや!…と、とても印象が強く残りました。

仕切りは一応ありつつも、同じ柵の中に入れて間近に観覧できるせいもあるかもですが、本当に可愛かった。
頭数が結構いたのに個体紹介パネルがくまなくあったり、身近に感じやすくもなってるんだと思います。

熊本市動植物園で、おサルさん達を観た時にも思いましたが、
種としては今までにお会いしたことのある動物を、初めて出会ったかのような新鮮で強い印象を覚える、
というのは大変素敵なことではないでしょうか。職員さん達の努力に感嘆、そしてありがたいことだと感じます。

あとオオカンガルー、高齢の個体を過ごしやすいよう別個にわけた展示になっていたのですが、
"老カンホーム"と銘打ってるセンスにグッときました。モルモットも同様に"老モルホーム"があった(*^▽^*)

アフリカゾウのハナコさん♀。

20120418_africazou.jpg

砂浴び姿や、ひとつひとつの仕草がチャーミングでした(*´∀`*)

それと、「なぜゾウは砂浴びをするのか」という説明パネルがあったのですが、
人間でたとえると虫よけスプレーや日焼け止め、といった説明がとても判りやすかったです。

決して大きな施設ではないですが、勉強ができておまけにユーモアたっぷりの展示が沢山ありました。
あと、最後に書いておきたいのが、職員さん達が来園者にかける挨拶がとても活発だったこと。
やはり、職員さんから声をかけてもらえると、来てよかったという気持ちが強くなります。

細やかで地道な努力がひしひしと伝わってくる素敵な動物園です。
また、行きたいです(*^o^*)

※昨晩アップした時の元の文章は、ごっそり書き直しました。寝不足で記事書いたらアカンわ…。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。