大牟田サポイベでの一日

昨年12月10日、大牟田市動物園のサポーターイベントに行ってまいりました。
遠方のイベントはあらかじめ日程が判明してないと参加できることはめったにないのですが、
今回は別の遠征先のつもりで申請していた連休シフトに重なっていたため予定変更しちゃいました。

なお、今回の写真はどうぶつ達も大牟田市動物園の取り組みに関しても
自分用覚え書きにしかなってない中途半端な出来ですのであしからず…。

しずかさんの献花に訪問してから約9ヶ月ぶりの大牟田市動物園
園が一丸となってエンリッチメントに取り組み、昨年はエンリッチメント大賞も受賞しました。

エントランスからすぐの掲示板にエンリッチメントの説明看板がありました。
(クリックすると多少大きくなります)

20161210_omuta_01.png

下部の文章がさりげなく、いわゆる"理想的な来園者の過ごし方"に誘導しているのがぬかりない。
中でも最後の「質問してみてね♪」は高尚系クソヲタ来園者にとっては理想だと思うものの、
実際にはやる気と自信がないと言えない気がします。さすが大牟田さんやでぇ…。

エントランスだけではなく、園内の看板や個体紹介掲示は前回訪問時からさらに増えてました。
ツキノワグマのツッキーのエンリッチメントについての説明。(クリックで多少拡大)

20161210_omuta_02.png

掲示物の親しみやすさとわかりやすさも勿論ながら、来園者へ観察を促すにあたり、
トレーニングの目的と方法が書いてあるため観察のポイントがわかりやすくなっています。

バードケージの手前にあるケヅメリクガメ放飼場。

20161210_kezumerikugame_02.png

これだけみるとなんてことないと思うのですが、
ここは元々コンクリートでできた水禽用ミニプールで長らく使用されておりませんでした。
剥きだしのコンクリでは夏場冬場には足に負担がかかりますので。

デッドスペースとなっていたミニプールに3~4トンの砂を埋めたのだそうです。
これを普段の業務やトレーニングに合わせて行っているわけですから、
その労力が並大抵ではないのは素人ながらに想像に難くありません。

20161210_kezumerikugame_01.png

(個体識別御免)

砂は一度埋めたらおしまいではなく、風で飛んで減ってしまうので、
訪問時のすこし前にも1トン分追加したのだそうです。
頭が下がるのひと言につきます…。

長屋形式の中型サル舎もコンクリ床に砂を入れ、丸太を渡してありました。
こちらも、職員用出入口がヒト一人ギリギリ通れる幅なのだそうで、
砂の搬入作業は相当な手間がかかると思われます。

サル舎に関してはどうぶつ達のエンリッチメントも当然ながら、
観覧者にとっては古い狭いコンクリ獣舎特有の多少の心苦しさが取り払われ、
結果的に観察時間の延長に一役買っているのではないかと思いました。

しかしながらわかりやすい写真を撮れなかったので次回の訪問では重点的に眺めたいです。

それではサポーターイベントより。
まずはゴマフアザラシのハズバンダリートレーニングの見学です。

20161210_gomafuazarashi_01.png

こちらはムーちゃん。
飼育員さんによるトレーニングを見学後、プールに移動して給餌体験をさせてもらいました。

続いてレクチャー室に移動して、大牟田市動物園の取り組みに関する講話を受けました。
一来園者ができることは大変に微々たるものだとは思うのですが、今後もできる範囲で訪問し、
大牟田まじハラショーだぜぇなどとつぶやきのひとつもしたい所存です。

最後にハクビシンチームとモルモットチームにわかれてエンリッチメント体験。
設備上見学のしやすさからオトナ参加者はハクビシンチームでした。

20161210_hakubishin_01.png

容器を吊るしたり、ごはんのひとつひとつを職員さん手製の給餌道具に隠すことで採食時間を長くします。

エンリッチメントとは地道な手間ひまの積み重ねであることがよくわかります。
参加できてとても有意義でした。職員の皆様、ありがとうございました!

イベント終了後も園内を散策しました。

レッパンのレン君。
(レッパンと略せばレッサーパンダでもレッドパンダでも通るから便利)

20161210_redpanda_01.png

両脇のぼんやりした物体は、

20161210_redpanda_02.png

縦横無尽に歩きまわれる組み木でした。

20161210_redpanda_03.png

これだけ歩きまわれれば運動量も多くなりそうです。

最後に。サポーターイベントの参加ともう一つの目的、
熊本市動植物園から一時避難しているユキヒョウのスピカ様にお会いしたかったのでした。

20161210_yukihyou_01.png

殆どの時間を行き来自由になっている寝室で過ごされていたのでわずかな時間ですが、
お元気そうな姿を拝見できて嬉しかったです!

遠征計画はジャガー優先で組むことは今後も変わりないので度々は難しいですが、
大牟田市動物園はまたいつか必ず訪問したいと思っています。

(2016/12/10撮影)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)