アサヒヤマ・アゲ

昨年6月に訪問した旭山動物園より、ぺんぎん館とあざらし館で撮った写真を中心に、
旭山の思い出というか印象を書いてみたいと思います。

訪問前、旭山動物園のことはなんとなく遠巻きに眺めていた感じがあります。
が、実際に足を運んでみて感じたのは、シビれるようにカッコいい動物園ということでした(*´▽`*)

開園と同時にもうじゅう館目指してまっしぐらしてたところ、右手に飛び込んできたペンギン達の看板。

20140624_penguin_00.jpg

ムッハー、素敵!
森の中を泳ぐペンギン!しかも勢揃い!
ペンギン全種を並べた掲示は時折みかけますが、これはとっても素敵(*゚∀゚*)=3!

しかし一刻も早くもうじゅう館に辿りつきたいので慌ただしくカメラに収め、
さらに園内をすすみますと、左手にアザラシ達の看板もどどーんとありました。

20140624_azarashi_00.jpg

おそらく等身大のこの看板群、フレーム内に収まりませんでした。
この看板のためのスロープではないと思うのですが、スペースをなんと有効活用してることでしょう。
ゾウアザラシ、めちゃめちゃ大きいのですね!

入場して早々にテンションがボババとアガります。ウヒョー!(原文ママ)

それではぺんぎん館より、イワトビペンギン

20140624_iwatobipenguin_01.jpg

冠羽がないと判りにくいですね(^◇^;)

ジェンツーペンギン

20140624_gentoopenguin_01.jpg

お水が綺麗なのでペンギン達が泳ぐ姿がよくみえます。

屋内放飼場のキングペンギン

20140624_kingpenguin_01.jpg

屋内のスペースはあまり広くはないですが、後方でイワトビさん達が抱卵してたり、
手前のキングさん達もなんとなしにお活発にみえます。

あざらし館など他の獣舎でもそうですが、濾過装置で水の透明度を高く保っているそうです。
ここまでくっきりとお互いの姿がみえるのは動物達にとって居心地はどうなんだろう?と思いつつも、
ペンギン達もアザラシ達も泳いでる様子はとても楽しそうにみえます(主観でしかないけど)。

もぐもぐタイムやガイドタイムも有効に使っているからなのだろうと思われますが、
動物達が退屈そうにしている感じがない、またはすくなくみえたことにとても感心しました。
動物達にとって一日の過ごし方にメリハリが効いているのだろうと思います。

そもそも"行動展示"って、一体どんなの?そんなスゴいの? と思っておりましたが、
"行動展示"ありきではなく、エンリッチメントを充実させたら生き生きした様子が確認されたので、
それをニンゲン様からみえやすい位置に通路をこさえた、という印象を複数の獣舎から受けました。

非常によく考えてデザイン、設計されてるのではという気がしました(勿論全くの素人感想)。
どことは言わぬし一園にも限らぬが、みた感じ真似っこした改修とオリジナル、全然違ウ!違いすぎるぅ!

ですが全ての改修獣舎で、ニンゲン様の観覧しやすさ<エンリッチメント、とは感じなかったので、
旭山に自分の追っかけ対象がいてたら異なる感想を抱いてたのかもしれません。

続いてあざらし館より、ゴマフアザラシの皆様です。

円柱水槽(マリンウェイというそう)。

20140624_gomafuazarashi_01.jpg

とっても楽しそうに行き来する様子が印象的でした。

おっきい方の水槽。

20140624_gomafuazarashi_02.jpg

(下に向かう写真が続いてしまった)

おそと。

20140624_gomafuazarashi_03.jpg

気持ちよさそうです…。

屋内施設でもうひとつ感心したことがあります。
旭山ではフラッシュ撮影など禁止行為はボランティアさんが躊躇なく注意する、と聞いておりました。
さらにおっきめのカメラを持っていようものならマークされて監視され続ける感があるとかないとか。

それ聞いて旭山コエェー!と出かける前はちょっぴりビビってたのですが
(まあ自分のカメラはズームレンズでデカくもないのでマークされもしないが…)、

○○館入口に立ってる各ボランティアさんはパステルカラーのユニフォームに、
手には大きくプラカードこそ持っているけれど、にこやかに挨拶の声掛けをしています。
極力、来園者に威圧感を与えないスタイルに感じられました。

大阪のおコ○ラ様館とか神戸のおパ○ダ様館みたく、背後にガードマン立ってる雰囲気を想像してたので、
なーんだ全然楽しく観覧できるんじゃん!と警戒が解けたのと同時にとても感心しました。

常連系来園者としては禁止行為をはたらくような輩には心底来てほしくない、というのが本音ではありますが、
動物園の役割のひとつに、来園者に生物や環境について興味や関心を持ってもらうことがあります。

『動物園 4つの目的』 (日本動物園水族館協会HPより) の教育・環境教育の項。

この目的に沿って、来園者のうち一人でも多くに関心を持たせようとするならば、入口の敷居は低く、
間口は広くみせることは大事ではないかと個人的に常々思っているので、理想の手法にみえました。
さらにその分、禁止行為は徹底してやらせないという姿勢にもまたみえたのでした。

初見の威圧感はすくない方がかえって声もかけやすいというか、
注意された側にしこりを残さず(比較的)、ということはその後も禁止行為を繰り返させない(なるべく)、
興味も削がない(かもしれない)、効果的なやり方ではないかなぁと思います。

禁止行為であっても当人に悪気がなかったのなら、注意の仕方には相当気をつけないと、
後味の悪さが先に立ってしまって、そのヒトの今後の訪問機会を摘んでしまうこともあると思うので、
それはさせないための工夫がちりばめられてる気がしました。

そしてそれは先に書いた動物園の目的と合致してると思います。

とはいえ、旭山の人海作戦を国内各地の動物園でも実施できるかというと、
それは現状難しそうな気もしますが…。

再びぺんぎん館より、フンボルトペンギン

20140624_humboltpenguin_02.jpg

バビューン。

20140624_humboltpenguin_01.jpg

バビュバビューン。

こっからは感想というよりほぼ妄想ですが、園内でおみかけする飼育員さん達、妙にガテン感が漂ってました。
タオルバンダナ、まくったTシャツ袖、そして皆様やけに日焼けしておられ、全体的にちょっぴりコワモテ感。
おそとでDIY、遊具やら柵やらたくさんこさえてはるんだろうかなどと妄想膨らみました。

ガテン感はともかく、各職員さん、ボランティアさん、それぞれの役割を誇りをもって果たされている
という感じがぎゅんぎゅんして、ガワは動物園だけども、なんらか戦闘集団っぽさがありました。
カッコいい。

そうでなくてもお土産のお菓子が美味しいから最高だよ!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。