グランデさんのあくびと狩野山雪の動物絵

4/19に京都市動物園と、国立博物館で開催されている狩野山楽・山雪展へ行きました。

4/2に行くつもりだったのが、メモリーカード探索で延びてしまいましたが、
展覧会は前後期にわかれており、両方観たかったので前半の最後にかけこんできました。
ものすっごい行ってよかったので、後半も勿論行ってきます、GW明けに(*^v^*)

展覧会の前に、京都市動物園でグランデさん♂に会いました。

20130419_grande_07.jpg

3月は行けなかったので、ほぼ2ヶ月ぶりになってしまいました…。

2ヶ月空くと持病の進行が目立つように感じられて、気がかりであります。
せっかくつけてもらったスロープも、上りづらくなってなければよいのですが。

しかし撮った写真を観返すと、どうにもがっつりグランデさん♂でした。

のび~。

20130419_grande_01.jpg

からの、仰向けあくび。

20130419_grande_02.jpg

アーティスティックな造形だったので、上下反転してみました。

20130419_grande_03.jpg

ジャガーを前にして「チーター!」と声を上げる程度の適当な連想だと、ピカソって感じ!

起きあがっても。

20130419_grande_04.jpg

ベロがまるで、独立した別の生き物のようです。

20130419_grande_05.jpg

バームロールみたいで美味しそうですね!

あくびがすめば、おすまししてるかのような何食わぬ感。

20130419_grande_06.jpg

正面からお顔を拝見したら、多分そんなことはないと思われますが。

イケメングランデさん♂。

20130419_grande_08.jpg

…イケメンだけで終わるワケない。(わたしのストーカー行為が)

「べろっ」

20130419_grande_09.jpg

グランデさん♂の口腔からベロが生まれました♪
綺麗なベロです♪

…次はお誕生日の頃にまた会いに行きますね。
あと一週間でなんと25歳!前夜祭でおめでとうございます!

さて、用事が2つあるのにいつものように、午後をまわってジャガー舎着だったわたくし。
14時半を目処に、ああっもっと動物園にいたい!と思いながら、国立博物館へ移動。

後期でゆっくり観ることにして駆け足で周るつもりでしたが、金曜日のため20時まで開館でした。
ラッキィ★でもちゃんと調べてたらグランデさん♂もうちょっと眺めてられた!自業自得!

今回の目当ては狩野山雪。勿論、山楽の作品も楽しみにしていましたが、
狩野山雪は↓の本を読んで、かねてより最も気になる・グッとくる絵師だったのです。

奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)
(2004/09/09)
辻 惟雄

商品詳細を見る

大回顧展のため、たくさんの作品が観れて嬉しかったのですが、中でも山雪の描く動物絵の、
そのあまりの愛らしさに、驚くと同時にこれまで以上に好きになりました。

自分でアップするのは気がひけるので、参考の画像検索結果→ 猿猴図

動物がメインの作品でなくとも作中にでてくる動物はおしなべて愛くるしく、
メインの作品にはとぼけた・まぬけな可愛らしさにあふれており、もうたまりません…(*´Д`)=3
今まで書籍上に載ってた作品写真や解説で抱いてたイメージと全然チガウ…!

会期があと2週間弱となってますが、機会があれば是非ご覧いただきたいです(*゚∀゚*)

最後に、京都市動物園内の自販機のイラストがリニューアルしてましたので、
グランデさん♂のアクビと思しき一枚を上げておきます。

20130419_grande_00.jpg

ブフフーッ(≧ε≦)

京都市動物園内のあちこちにある職員さん画の動物絵が大好きなのですが、
なかでもジャガー絵は世界的にみても秀逸、いや至高だと思ってます。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)