ハンパなく平川へようこそ

9/21には鹿児島の平川動物公園を、
9/9に亡くなったジャガー、カレンさん♀への献花を兼ねて訪問しました。

結論からゆうと、平川動物公園はまた行きたい!ととても思う素敵な動物園でした。
敷地も広いし、各設備も広めだし、いかにも南国なロケーションも素敵でしたし。

とはいえ、早めの帰阪を優先して軽く一周しただけのため、堪能しきったとは言いがたいですし、
交通費を考えると、ジャガーさん抜きで今後訪問する機会はごく少ないとは思いますが(´Д`;)

平川、園内の充実度もさることながら個人的には、
ターミナル駅から入場ゲートまでの道のりが大変お気に入りです。

新幹線最南端の鹿児島中央駅から在来線1本で25分。最寄りの平川駅からはバスもありますが、
歩いて25分弱。少々時間はくいますが、かえって程よい距離感な気もします。

在来線は途中から無人駅に変わります。
平川駅も、雑草とか生えてて日当たりがよくて、絵に描いたようなのどかな駅でした。
駅を降りても、南国的な塀の低い家屋がちらほらある、いかにも田舎風の一本道が伸びています。

動物園とゆうかヒトが集まる施設に向かってるとは思えません。…興奮する(((*'∀'*)))
(同様に新世界側から天王寺動物園への道も、そうとは思えない感がたまらずグッときます)

途中から山の手へ向かってのぼり坂になり、歩くのにそろそろあきてこようかとゆう頃、
左手に平川動物公園のレインボーアーチ型のゲートがみえてきます。

20120921_hirakawa.jpg

(午前中に撮ったら逆光すいません)

平川の入場ゲートは写真でみた時、大きさとか雰囲気とか、実物はどんなものかと気になってましたが、
高台にあるのと設置された向きで、ゲート以外に視界をさえぎる建物がなく、空が広がってます。

これは素敵です…(*゚∀゚*)!

施設によってデザインも全然違っててみるだけでも楽しいし、
本来は観ることのかなわない動物達に会える異空間(※ハレの場ではなく別の街みたいな)への入口
という意味で、動物園の入場ゲートが好きな自分ですが、平川はどちらの点からもなんて素敵なの!

んもー、テンションアガるぅー!フゥーウ!なんて思いながら
(カレンさん♀のことはかなしく感じつつ、でも平川は楽しむぞとゆう気持ちも同時にあります)
ゲートをくぐると、

そこはアフリカの草原ゾーン。

20120921_hirakawasavanna_01.jpg

ってええーっ、サイが…、サイがいるーっ(*゚∀゚*)=3

20120921_hirakawasavanna_02.jpg

サバンナ的混合展示は珍しくないけど、サイも一緒にいるのは初めて観ました!スゴい!

無人駅から南国情緒ただよう田舎道を歩き、虹のアーチをくぐって、
広々した草原ゾーンにサイものびのび歩いてる姿を観た時の興奮ときたら!

テンションアガるーウ!フォウーウ!

20120921_hirakawasavanna_03.jpg

平川のサイは、ミナミシロサイのシノさん♀。
おっとりした方なのかな?だから混合展示ができるのでしょうか。

この時の訪問では、繁殖か子育て期間の兼ね合いだったかしら、シマウマは別個で展示でしたが、
本来はシマウマも同居のようです。写真におさまってないけど、ホオジロカンムリヅルもいて。

しかも入場してすぐの左手には、敷地内に湧いてる温泉があるそうで、足湯と手湯が設置されてます。

それ以外に向かうヒトのいない道を進み、虹かかる境界線を通り抜け、
快楽に身を浸し(足湯)、異国(アフリカ)の動物達を眺める…。
今にして思うと、なんか極楽浄土っぽい。

ここまでのルートをなぞるためにもっぺん平川行きたいなどと思ったりして…(^∀^;)ゞ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)