インドライオンのガイドタイム

よこはま動物園ズーラシアでは飼育担当さんによるガイドが充実していました。
広い敷地内で同時に2か所、3か所とガイドをしているので全部聴くことは難しいのですが、
9/7の訪問では、アムールヒョウともうひとつ、インドライオンのガイドを聴いてきました。

飼育されているのは全部で7頭だそうですが、普段展示場にでているのは4姉妹のようです。

20120907_indolion_01.jpg

多分、手前がガウリーさん♀で、後ろの2頭はサティさん♀とパールバティさん♀。
サティさん♀とパールバティさん♀は、どっちがどっちかは不明。

4姉妹の中でもリーダー格のアンカーシュさん♀。

20120907_indolion_02.jpg

ガイドタイムが始まると、おやつが貰えるのではと思って手前に陣取ってこられました。
(この日のガイドではおやつなし)

2番手らしきガウリーさん♀はちょっと出てきたけど、後のお二人はそのままの場所だったので
位置からも上下関係が垣間見えます。群れで暮らす動物はやっぱり序列きびしいですね。

4姉妹の皆さんはインド神話の女神の名前がついてるんだそうです。
サティとかパールバティは漫画で聞いたことあります(*'∀'*)

20120907_indolion_03.jpg

ガイドが始まって、ちょっと前に出てきたガウリーさん♀(多分)。

インドライオンはアフリカのライオンより少しサイズが小ぶりで、体色が淡い気がします。
勿論アフリカライオンも好きだけど、インドライオンいいなぁ…。

そしてインドライオンのおなかには、たるんだ皮のようなスジがあります。

20120907_indolion_04.jpg

太ってるんじゃなくて、元々そうゆう身体つきらしいです。
何のためにあるんでしょうか、興味深いです。

ガイドではパネル写真も使って解説を聴けました。上の内容は殆ど解説からです。

で、今回のガイドではおやつなしの代わりに、

20120907_indolion_05.jpg

ライオンの鬣を触らせてもらえました~!おやつよりラッキーかも~(*゚∀゚*)
(写真はあせって撮ったら前ピンでしたけど^^;)

ちなみに感触は、(勝手に期待するイメージと較べて)"中途半端"、でした。
意外とゴワゴワしてない、かといって決してフワフワというわけでもなく…。
飼育担当さんの「いかがですか?」の問いにとっさに返答ができず(^∀^;)

でも、そのゴワゴワでもフワフワでもないのがライオンの鬣だってことは判りました。

そしてツメも。

20120907_indolion_06.jpg

爪は層になっていて、上のがとれたら下からでてくるという構造のようです。
えっと、とんがりコーンを指に重ねてかぶせて上から食べてくようなイメージですかね…。

爪も興味深いながら、ライオン型のケース気になる…(・ω・;)
爪は持って帰ったら犯罪になるけど、ライオン型ケースは買えたりするのかしら。
解説後の質問タイムでいろいろ聴いてるうちにケースのこと訊くの忘れてた。

そう、質問タイムでオスはいないんですか?と訊いたら
(牝ライオン好きな自分でも、ライオンといえばやっぱり鬣さんは観たいわけで)、
ラージャー君♂という4歳の牡ライオンがいるのだそうです。4姉妹の弟です。
お名前はインドの言葉で"王様"という意味だそうです。

展示場にいない理由も訊いたら、よくモートに落っこっちゃうからだとか(゚∀゚;)

モート前には静電気程度の電流の流れる電線が張ってあるのに、それを乗り越えて落っこちるらしい。
理由も、モンシロチョウを追いかけて、とかそうゆうので、これまでに3度も落ちてるんだそうです。
アタマの弱い(担当さんの原文ママ。愛情いっぱいでおっしゃってました)コなんだそうで。

昔は飼育員さん達が引き揚げることもできたそうですが、今はさすがに身体が大きいので、
落っこちたら麻酔打たなきゃならないそうで、それで展示場には出せないのだとか。
バックヤードにも放飼場はあるらしいのでそこで過ごしているそうです。

公式HPのブログにも過去ログたどると載ってました。

あと、インドにはベンガルトラも生息してますが、競合?しないのかとも
(しないとは思いますけど)質問したら、やはり棲んでるところが少し違うんだそうです。
インドライオンはまばらに木々のある場所で、トラはもっと木々の深い場所に棲んでるようです。

それと、規模は小さいながらもアフリカのライオンと同様、群れで暮らすらしいです。

いろいろ聴けてとても楽しかったです!

おまけ。走ってる最中に足を滑らせてしまい、ゴロンゴロンしてごまかすガウリーさん♀。

20120907_indolion_07.jpg

ネコ科の、失敗しちゃった時のごまかし仕草、あれって周りに誰もいなくてもやるんでしょうか。
(しかしそれを確認する手立てはない)

ズーラシアは充実した設備もさることながら、飼育担当さんによるガイドが
とても興味深くそして面白く、また是非行きたい!と思っています。
タイムオーバーで堪能しきれなかった動物もいましたしね(^∀^;)ゞ

覚え書きの追記!

展示場内にカラスが入り込んで、度胸試しでいかにライオンに近づけるかを競い合ったり、
しっぽ毛をむしったりするらしいのと、ハト(お客さんにエサをもらってふくふくとした)が
展示場内に降りてしまって、ライオン達にないない(ムシャー)されてしまうこともあるらしい。

ガイドで一番記憶に残ってるハナシだったのに書き忘れてたとは…(-∀-;)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)