ライオンバスに乗りたくて

9/6~7にかけての関東動物園ツアーより。
最初は旅行記さながら時系列的に書きたいと思います。

9/5の仕事が終わった後、そのまま梅田に移動して夜行バスに乗りました。
ところで、遠方の動物園にでかける時は夜行バスを使うことが多いです。
交通費を浮かせるのもありますが、無理なく朝イチ入場が可能になるので。

9/6の7時前に新宿でバスを降りました。多摩動物公園はオープンが9時半なので、
新宿にある24時間営業女性専用のサウナスパに寄ったんですが、バス降り場からは遠くて、
思ってたよりゆっくりはできず、結局多摩のオープン時刻にも間に合わず…(´д`;)
新宿駅周辺って広すぎる!

あっこりゃ遅刻だと思いつつも、気をとりなおし京王線に乗りこみます。
高幡不動駅で多摩動物公園行きに乗りかえると、車体には動物イラストがペイントされています。

20120906_keio_01.jpg

中吊り広告もすべて多摩動物公園なんですね。気分がたかまります(*゚∀゚)=3

20120906_keio_02.jpg

左がモグラの記事、右がライオンの記事です。

ライオン記事アップ。

20120906_keio_03.jpg

ライオンバス!そう、このライオンバスに乗ってみたかったんです(*゚∀゚*)
そして群れ飼育されているライオン達を観てみたくて(*^o^*)

想定より遅れましたが、それでも9:50には入場できたので、早速ライオン園を目指します。

おお、これがあのライオンバス乗り場…!
ブロガーさんの記事でよくみたことあるけど、ドラマのロケ地にでも来たような感覚です。

20120906_lionbusstop_01.jpg

建物はケニア、ナイロビのムスリムモスクがモデルなんですって!素敵!
インドの宮殿みたいと思ってたけど、そもそも連想元のタージ・マハルもイスラム建築でした。
(ってゆうかタージ・マハルは宮殿でもないし、ぼやけた刷り込みの印象っておそろしい^^;)

視界が遠いけど、はや敷地内にちらほらライオンの皆さんがみえます(当然だ)。

年長の牡ライオン(左)に若い牡ライオン(中央)が念入りに挨拶しています。

20120906_lion_01.jpg

みてるだけでどことなく緊張します。無難に挨拶済ませたかと思ったら…、

突然年長♂が威嚇したような様子で、すかさずヤング♂が服従(?)のポーズをとってます。

20120906_lion_02.jpg

(ああっ木が邪魔!)

ヤング♂は姿勢をもどしおすわりポーズ。事なきをえたようです。
(年長♂がまたしても木でさえぎられてしまった--;)

20120906_lion_03.jpg

群れで暮らす習性のために、コミュニケーションスキルの高さを否が応にも求められる
ライオンという種はやっぱり、他のネコ科にはない魅力があると常々思います。

群れで暮らすおサルの一種として親近感を抱きつつ、かつ肉食獣の持つ強さに憧れを感じるとゆうか。
両方を味あわせてくれるのはライオンだけと思うとやっぱり心に迫ります。まぁ全くの個人的感想ですけど。

現ボスの年長3兄弟と最近めきめき実力をつけてきているという若い世代たち…(日参ブログで得た知識)。
今後も平穏な同居は可能なのでしょうか?東京に住んでたら頻繁にライオン園に通ってそうです(*゚д゚*)

次の記事ではライオンバスから撮った写真を載せたいと思います♪
…ブレとケラレと写り込みの三重苦ですが(-∀-;)ゞ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)