王子動物園のサポーターズデイ

神戸王子動物園のサポーターズデイに行ってきました。
初めて参加しましたが、とても楽しかったです!

1年間の動物園トピックスをスライド画像を観ながら聴いた後、園内をガイドツアーで回りました。
4班に分かれて回るのですが、班ごとに行先が少しずつ異なってまして、
自分の班は、パンダ舎→クマ舎→円形猛獣舎→キリン舎、でした。

パンダ舎では、エサの竹笹と、パンダのうんちを見せてもらいました。
パンダのうんちはほぼ笹で、お茶のような香りがします。触ってもきたない感じがしません。
一日20kg食べて10kgはうんちとして出てくるそうです。あとの10kgは水分なんだとか。

パンダ舎の片方は現在空いているため、放飼場に入らせてもらえました。
やはりというかパンダ舎はスペースも広めだし、鉄柵の檻やガラス板がないせいか、
檻のこちら側から眺めて思っているほどに閉じ込められた感はなく、開放的な印象でした。

でも一番感銘だったのは、こちらに向かって歩いてくるパンダの姿は可愛い!ということ!

20120219_panda_01.jpg

アタマとおしりをふりふりさせた歩き方のせいでしょうか。
それはそれとして、写真の足元に転がっているのがうんこです。

20120219_panda_02.jpg

正直、実際によく見かける笹むさぼってる姿からはイメージされてるほどは可愛くないという印象で、
ほかの動物に較べて特別パンダが可愛いとは思ってなかったんですが、歩き姿で骨抜きにされました。

次に向かったクマ舎では、限られた時間内で、クマ全般について多岐に渡った解説が聴けました。
ところで王子のクマではウマグマが好きです、可愛いですよね(´∀`*) …と思ってたら、少しお話でました。
他のクマより、リアルでなくイラスト的なイメージのクマの見た目っぽいそうで、なるほど納得しました。

そして次が一番気になっていた円形猛獣舎!
ネコ科猛獣の寝室が観覧できる動物園も割とありますが、王子は観れませんので、
今回のイベント、バックヤードに入れたらいいなぁ~、と思ってはおりました。

20120219_ivent_01.jpg

実際にバックヤードに入れまして嬉しかったです!

右手のドアはライオン室とジャガー室の間にある、円形猛獣舎の従業員用入口です。
16時頃に飼育員さんが入って舎内の皆さんがそわそわしだす時、自分もよくそわそわ眺めてるドア。
二重になっていて、万一寝室から猛獣が出てしまっても建物からは出ないように造られています。

バケツに入ったごはんも見せてもらいました。馬肉、ニワトリ、牛の大腿骨…、
動物園だと野生より運動量が少ないので脂肪部分を取り除いて与えるそうです。

寝室の解説もしてもらいましたが、別の記事で詳しく書きたいと思います。

でもって、今回のサポーターズデイの目玉?はアムールトラの放飼場に入れるというものでした。
バックヤードどころか放飼場だなんて!思ってもみず、とても楽しかったです!

20120219_ivent_02.jpg

この写真だと舎内から撮っているのが判りやすいでしょうか。向こうにはインコ檻が並んでます。

20120219_ivent_03.jpg

2階部分にも上がってよいとのことだったので、ロングスカートもかまわず上がってみました。
一段ごとの幅が大きくて、右腿が若干肉離れ感です(年甲斐もないことするから…)。

20120219_ivent_04.jpg

ネコ科猛獣の皆さんのご尊顔を間近に観られる2階の窓部分。
2階窓で、特にライオンやトラとにらめっこできた時の彼等はかなりの迫力ですが、
その時の皆さんの気分がすこしばかり判ったような気分になりました(文字通り気のせい)。

20120219_ivent_05.jpg

最中、寝室で待機していたアムールトラのヤマちゃん♀。飼育員さんによくじゃれてて可愛かったです。

最後にキリン舎で解説を聴きながら、食事中の姿を観覧しました。

ガイドツアーから戻ってくると、お土産がありました。至れり尽くせりですねぇ。

20120219_ivent_06.jpg

ゾウのしっぽ毛(針金みたいで頑丈)とエミューの羽(ふわふわで綺麗)とコツメカワウソの手(前肢)形。
手形は園(”県”って聞こえたけど違うよね^^;)の職員さんが2か月がかりでこさえた力作だそうです。

大変に楽しい一日でした!王子動物園の皆様、ありがとうございました!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。