はじめてのかみね動物園

先月、茨城県の日立市かみね動物園にお邪魔してきました!初訪問です!
かれこれまるっと2年前くらいから行ってみたかったのですがようやく叶いまして嬉しい限りです。

20151019_kamine_01.png

かみね動物園だ、イェーイ!

興味をもったきっかけは国内最高齢のカバ、バシャンさん♀と末娘のチャポンさん母娘の存在を知り、
会ってみたいと思ったことですが、公式HPの職員さん達のブログ『どうぶつのくに』を時折拝読しては
素敵な動物園に違いない…、とジャガーさん達優先の遠征計画の一方で常に気になっていたのでした。

バシャンさんとチャポンさんはまた別の記事で紹介することにして、
今回はかみね動物園で初めて会った動物や印象に残ったことを記したいと思います。

まずはバリケン

20151019_bariken_01.png

中南米にいるカモ。の家畜化したものだそうです。
見慣れたフォルムだけどカラーリングが見慣れない、自分にとっては初めて会う種類でした。

…と思ってJAZAの飼育動物検索で調べてみたら日本平でも浜松でも飼育されているようです。
普段いかに偏って観覧しているかがわかりますが、ジャガさんのいる動物園は致し方ない気もします^^;

20151019_bariken_02.png

今頃気づいておいてなんですが、好みのタイプです(*・ω・*)

ハートマンヤマシマウマのユメコさん。

20151019_hartmanyamashimaum.png

柵を隔ててお隣に息子のヤマ君もいます。
どちらもうまく撮れずにかろうじて選んだ上の一枚です(´-ω-`)

ハートマンヤマシマウマは間違いなく初めて会いました。
ヤマシマウマはその名の通り、山岳地帯に生息するシマウマだそうです。

みためにわかりやすい特徴としては首に肉垂れがあります。
なんのためにあるのか気になる。

模様もグラントシマウマやチャップマンシマウマとは結構異なっています。
首元やおしり周りに較べて胴の辺りは縞模様が詰まっていて、おなかは模様無し。
前肢の模様も重なったように詰まっていて、縞というよりマーブル模様のようで綺麗です。

国内で観られるシマウマ模様の中で一番好みかもしれない(*・ω・*)

続いて、カピバラの皆さん。

20151019_capybara_01.png

お隣にも何頭かいてまして、公立の動物園にしてはたくさん飼育されていると思いました。

20151019_capybara_02.png

カピバラはもちろん初めてというわけではありませんが、こちらの掲示に感銘を受けまして。

20151019_capybara_00.png

真ん中辺りにある「これだけは覚えておこう」。
カピバラだけではなくこちらのエリアには多くの動物の掲示でこの項目がありました。

動物園に来て、生身の動物に接したからには知ってほしいことがいっぱいある。
だけど一度に全てのことは覚えられない。でも、せめてこれだけは知ってほしい…!
そんな思いが切々と伝わる気が(勝手に)しました。

職員さん達のブログを拝読していても感じるのですが、
かみね動物園から発信される言葉は、動物や動物園のことをよく知らない、
または大きくは興味を持たずに訪問する相手にこそ伝わるように綴られていると思います。

"動物園オタク"って、そういったヘビーユーザーではない来園者に対して、
ややもすると独善的、居丈高になる傾向が自分も含めてある(と思っている)ので、
かみね動物園のこのスタンスに尊敬もしつつ、気持ちが高揚します。

それとこちらの掲示。

20151019_kamine_02.png

震災当時の出来事やその後の改修の様子などたくさんのことが紹介されていました。
今のかみね動物園を訪問しただけでは気づかずに過ごしてしまっていたでしょう。
こうしてかみねで暮らす動物達に会えること、職員さん達の尽力に感謝します。

恥ずかしながら今回茨城に行くまで知らなかったのですが、
JR常磐線(東京から宮城まで続いている太平洋側の路線)は今も運休区間があるのですね。
簡単に言葉にするのは軽々しいだけではありますが、一日も早い被災地の復興をお祈りします。

今回の最後にこちら。

20151019_umiu_01.png

日立市の鳥、ウミウです。

写真がいかにも残念なのですが…、ここは自分用覚え書きなので!

20151019_umiu_02.png

鵜飼のウはカワウではなく、このウミウだそうです。
詳しくは『どうぶつのくに』バックナンバーでご参照ください。

ウミウも初めてですが、動物園で飼育されているのは珍しいそうです。
瞳と顔が綺麗なカラーリングだ…。

かみね動物園で感じた魅力を描ききれた感じがあまりしないのですが、今日はここまで!
いつものようにあと2、3回の記事でのんびり紹介していく予定です。

(2015/10/19撮影)
スポンサーサイト

ジャガオ&ルース夫妻の同居

ざっくりですが、11月5日頃?から天王寺動物園のルースさんに発情がきていたようで、
11月6日にいつものようにTwitterにて同居していると知りました。

うおおお、実に1年8か月ぶりの同居ではないですか…!!

シフトの都合上、自分が訪問できたのは11月10日。
多分大丈夫だと思うけど、発情は続いてるかしら…、とそわそわしつつ天王寺へ向かいました。

朝イチにマウントがよくみられるらしいとの情報も各所から仕入れておりました。
この日は開園30分後の10時到着でしたが、既に二頭ともまったり。
担当さんにお尋ねしたら朝イチもなかったとのこと。

休園日だった前日は朝イチから日中もマウントしていたそうなのでもしかしてピークは過ぎたのかと。
ですが10時20分頃よりマウントが確認できました!お昼前後は二頭とも寝てたけど、午後も続いてました。

発情周期中の訪問では毎回撮影枚数に比例してピックアップ枚数もエラいことになるのですが、
今回は時系列は無視して、一連の流れがわかりやすく収められていた午前中のあるマウントをアップします。

ジャガオさんにしのびよる影…、

20151110_jagaoruth_a_01.png

ルース嬢のマウンティングジャガールは健在だったぁ\(^o^)/

20151110_jagaoruth_a_02.png

ただ大変面白いというか興味深かったのが、どうもこの逆マウントがプレゼンティングに相当している模様。

20151110_jagaoruth_a_03.png

逆マウントで否応なくジャガオさんの気をひいた後、

横臥姿勢。

20151110_jagaoruth_a_04.png

大型ネコ科のプレゼンティングというと、
メスがオスの周りを回りつつシッポをオスにぺしぺしまたは絡ませたり…、
と認識していたのですが、ルースさんはさすが個性的です。

いわゆるプレゼンティングらしき行動もすこしはあったものの、
逆マウントの方が断然多かったです。

20151110_jagaoruth_a_05.png

のしっ

20151110_jagaoruth_a_06.png

以前は伏せたルースちゃんにジャガオさんが乗っかるもルースちゃんが転がってしまう…、
という場面が多々みられましたが、現在は最初からルースさんは横向いた姿勢でマウントしてるんですね。
旭&ココが生まれる際の同居では観察しそこねてしまったのですが(致命的)、その時もこんな感じだったのかしら。

20151110_jagaoruth_a_07.png

この日、ちゃんと挿入できてる(^◇^;)? というマウントもちらほらあったのですが、
二頭とも交尾行動にこなれてる印象がつよく、安心してみていられる感じでした。

20151110_jagaoruth_a_08.png

マウントがすめばメスが怒る。

20151110_jagaoruth_a_09.png

コトがすんで息をついた瞬間?

20151110_jagaoruth_a_10.png

担当さんによれば、今回のルースさんの発情がきた時に暖かい日が続いてラッキーだったとか。
ジャガオさんは大変寒がりだそうなので、ほんとによかったです(*^o^*)

今回の同居、もちろん過度な期待はせずに、でも楽しみによいお知らせを待ちたいと思います♪

お蔵出しアラシどの

昨年12月に日本平動物園に訪問した時のアラシどのを未だにアップしていませんでした。

訪問回数を重ねるということは、変わり映えのしない写真を増やすことでもあります。
でもよいのです、アラシどのはいつお会いしても愛くるしい動作で魅了してくれますから…。

前にもアップしたことがある気がするけど、ツメとぎ中のアラシどの。

20141217_arashi_01.png

20141217_arashi_02.png

20141217_arashi_03.png

目を細めてるアラシどの、可愛らしい表情です。

こっちを向いてくれた瞬間の一枚。

20141217_arashi_04.png

アクリルの獣舎では柵抜きに気を遣わなくてよい代わりに、反射で白っぽくなることがよくあります。
特に、黒いジャガーさん達は映り込みが激しいので難易度があがります…。
この写真もコントラストをガンガンにあげてこんな感じ。

そんな労苦を示した写真が撮れてました。
自分のアラシどのフォルダでもかなり上位に食い込むお気に入りの一枚です。
(ランキングつけてるわけではないからなんとなくですが^^;)

20141217_arashi_05.png

それにしてもハンサムは横から眺めてもハンサムであります。

7月にお会いして以来日本平には行ってないけど、アラシどのは元気にしているかなぁ…。
キコさんがいないジャガー舎を自分の目で確かめない限りはキコさんはまだ存命なんじゃないかと
思うというか思いたいというか…。

それでアラシどのに会うタイミングが先延ばしになるのは本末転倒なのだけども。

(2014/12/17撮影)

しずか様に会ってきました

昨日今日と都合よく月をまたいで連休シフトになっていたので、
昨日(10/31)、大牟田市動物園に行ってしずかさんに会ってきました。
いつもの開園前到着をキメこむための夜行バスも、近場のお宿も空いてなかったので日帰り。

我ながらようやるわ~、と呆れなくもないですが、もちろん行ってよかったと思っています。
といっても深い意味はありません。元々、毎週でもどこかのジャガーさん達に会いに行きたいので(*-ε-*)

ということで今回は昨日のしずかさんをアップします。

20151031_shizuka_07.png

8月のお誕生日イベントの続きはまた今度。

交通費節約も半分以上ですが、早起きができないので夜行バスをよく利用するわたくし。
今回は当日朝出発以外になかったのですが、始発で出ても10時半到着予定。
予想通り寝坊するもなんとか12時には大牟田市動物園に到着できました。

個体紹介掲示が新しくなってました!

20151031_shizuka_01.png

ご覧ください、このもりっとしたアタマのフォルム、むっちりした胴周り、やや短めのおみあし…。
ジャガーの魅力はその頑丈そうなフォルムもひとつであると常々考えているので、嬉しくなります♪

ジャガーだけでなく他の動物もシルエットでできた看板に変わってまして、
可愛らしいだけでなく、それぞれの動物の特徴がよく出ていてとっても手が込んでました(*・ω・*)

しずかさん、いつものようにアクリル板の前でまったり。

20151031_shizuka_02.png

公式、常連さん達からのSNS経由の様子ではお元気そうでしたが、その通りでした。

いつもよりお美しくみえた気もしたのですが、しずかさん自身のお加減はいかがでしょうか。
…なんて会話ができたら苦労はないわいな。

おなかは確かにとても膨らんでいました。

20151031_shizuka_03.png

正面や真後ろからみた時に横にも膨らんでいるのがわかりました。
でも食欲もあるし、足取りもなんら変わらないし、おなか周りの変化を除けば
これまでと変わらないようにみえるしずかさん。高いところに設置したゴハンも獲っているそうです。

ハズバンダリートレーニングも続けています。
担当さんが誘導した方向に動いておニクを貰うしずかさん。

20151031_shizuka_04.png

現在は目標を採血ではなく、体重測定にしているとのことでした。
高齢でさらには繊細な個性を持ったしずかさんが彼女なりのペースで成果をあげているのは
しずかさんも、担当さんはじめ職員さん達も見上げるしかできない、素晴らしいことだと思います。

大牟田ではとてもめずらしく柵が抜けた一枚。

20151031_shizuka_05.png

昨年の熊本訪問でも当社比かなり割増で柵が抜けたけど、秋だ…。
今時分に訪問するべきだったんだ…。前日に大牟田にも行ってるのに気づくのが遅いですが。

う~ん…。元々12月に九州ツアーを予定してたけど、やっぱり決行しよう。

しずかさんのおたから?ショット。

20151031_shizuka_06.png

スプレーしたっぽいけど余所見してて観逃したようです…、残念!
でもふりふりと動くシッポがとっても可愛らしかった!

美女なしずかさん。

20151031_shizuka_08.png

名残惜しいですが、そろそろ閉園の時間が近づいてまいりました…。

退出の際にようやく気づきましたが、"ジャガー舎はこちら→"の看板も新しくなってました。

20151031_shizuka_09.png

以前の、ダジャレっぽい看板も好きだったけど、手描き動物イラストのこちらも素敵です♪

しずかさんに会いに、次回はこの看板にしたがって
階段ではなく坂道をあがってジャガー舎へ行こう、などと考えながら帰路につきました。

また来るの?そのつもりです。
職員の皆様、お忙しい中お話してくださって、ありがとうございました!
常連の皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

しずかさん、またお会いできるのを楽しみにしています。

(2015/10/31撮影)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。