グランデさんは今日も人気者

またすこし日が空いてしまいましたが…。
ブログ更新は滞りがちですが、相変わらずじゃがじゃがしています。

先週はおひさしぶりに四国ジャガーさん達に会ってきました。
そして昨日はまだ会ってないジャガーさんがいるらしいとの情報も得ました。
(ともに待て、次号!)

さて、今日は京都市動物園へグランデさん♂に会いに行きました。
気温も高かったせいか、平日にもかかわらず園内はなかなかのにぎわいでした。

なのでグランデさん♂の寝室前もひとだかり。
ちょっとはけた時にばしゃり。

20140226_grande_01.jpg

あくび~。

(きゅりっ)

20140226_grande_02.jpg

(鼻ピン…)

本日は収容直前にジャガー舎前に到着した有様だったのですが(まあ自分のいつもどおり)、
眺めてた限りでは表情豊かでしたから、体調もよかったのではないかしらと勝手な思い込み。
暖かかったですし、グランデさん♂にとって過ごしやすい気候なのは嬉しい限りです。

ごろりん。

20140226_grande_03.jpg

寝室にいる時のグランデさん♂のお顔を間近に眺めることができた時、
彼の力強く鋭い瞳は、どんなにまるい輪郭をしてたってそれはもう猛獣なのだと実感する。

だけどゴロリと転がった時、ギャラリーのキュンごころをギンギンに刺激する
にゃんこのような愛くるしさと、でもやはり猛獣の大きさと逞しさを同時に感じさせて、
なんとも…なんとも、そう、観る者を惑わせる魅力をはなつのです。

(斑点…違った反転バージョン)

20140226_grande_03_0b.jpg

(素直に変顔が好きだと言え)

今日はいつにもまして人気があったのなんとなく判る気がする。

20140226_grande_04.jpg

あと2ヶ月半もすれば26歳。
これから暑くなるまでは過ごしやすい季節だと思うので、
快適にお過ごしになって、そしてお誕生日を迎えてほしいです。
スポンサーサイト

クロジャガツインズのお外練習②

(3/7追記!)
多分と書いたものの、識別がおもきし間違ってる可能性高いので、修正してます(^▽^;)

-------

2/13の王子動物園より、クロジャガーっ仔の運動場練習の続きです。

手前に連れて来られたもののすぐにすみっこへ行ってしまう双子たち。

20140213_oji-twins_12.jpg

(ナデナデも嬉しくなさそうな感が滲んでる…)

20140213_oji-twins_13.jpg

警戒心全開ながらも、

20140213_oji-twins_14.jpg

好奇心も持ち合わせているのです。

20140213_oji-twins_15.jpg

特に右の子。

20140213_oji-twins_16.jpg

こっち向いた。
…骨太い。

左の子アップ。
※上の写真に続いて、右の子です。

20140213_oji-twins_17.jpg

こちらが女の子ちゃんですかねぇ。
現在の大きさでもちゃんと識別できるようにしたいものです。
※こちら男の子君の模様。

20140213_oji-twins_18.jpg

一応、耳もペタリではなく普通の状態になりました。

20140213_oji-twins_19.jpg

目をつぶると無防備にみえて一層愛らしいけれど、よくみると既にカオの造りも立派な気がします。

やたらユキヒョウ舎との境目に前肢をかけたがる双子たち。

20140213_oji-twins_20.jpg

…からの仔ジャガバウアー。

20140213_oji-twins_21.jpg

2ヶ月半にして既に悩殺ポーズを身につけているこちらが多分女の子ちゃんと思われます。
その後ろで視線を上に向けて佇んでる多分男の子君も可愛らしいですね。
※ここの識別は合ってると思われます。

今日はここまで。まだまだあります…。

金沢ツノヒヅユーラシア編&オカピ

しかし金沢動物園である。

昨年の11/12に訪問しました横浜の金沢動物園より、ツノツノヒヅメの後半です。

アラビアオリックスさん。お食事中。

20131112_arabiaorix_01.jpg

こちらは福岡市動物園でも飼育されてますね。
そのせいか来園者アッピール控えめにちょっぴり感じなくもないのだけど、
偶蹄類の中でも好きな種なので、お会いできるのを楽しみにしていましたよ~(*^∀^*)

カメラ目線もらえました。

20131112_arabiaorix_02.jpg

(お隣にカラス居るなぁ)

20131112_arabiaorix_03.jpg

なんか語らってるのかしら。

引き続きまして野生で最も小さいウシといわれる、ローランドアノアのサツキさん♀。

20131112_lowlandanoa_02.jpg

ただいま30歳!5月に31歳になるそうです。さらに長生きしてほしいですね。
お会いできて本当によかった。大変愛らしいお姿をされてます。

この写真ではちょうどツノが隠れてみえまへんが…。
ちゃんとツノがあります。

横から。

20131112_lowlandanoa_03.jpg

後ろから。

20131112_lowlandanoa_01.jpg

(愛らしい後ろ姿…)

彼女も日本で最後の一頭。
それだけではなく本来の生息地でも頭数が減っています。

さらに続きまして、野生で最大のウシ、ガウルのイチゴさん♀。

20131112_gaur_01.jpg

メスでも大概大きい!(比較対象もなく伝わらない写真^^;)
アタマと背中のコブがチャームポイントでしょうか。

まつげが長い~!

20131112_gaur_03.jpg

サツキさん♀もそうでしたが、西日が当たってとても美しい。

20131112_gaur_02.jpg

絵画のようです(イチゴさん♀美しいというハナシ)。

彼女も日本最後の一頭です。なので比較できないけどきっとガウル美女だと思います。
そして野生化の頭数が減っていることもローランドアノアと同じくです。

今回の最後は、オカピのキィアンガさん♂のお食事とオカピケツで。

20131112_okapi_01.jpg

ズーラシアで国内オカピの繁殖に貢献されたお父様。
今は金沢動物園でのんびりとご隠居されてます。

駆け足で周ったこともあり、キィアンガさん♂はお食事姿のみの観覧となりました。
次回の訪問ではたっぷり時間をとってお会いできたらいいなと思います。

お外の練習にて双子ちゃんに遇うの巻

タイトルの通りです。

本日の王子動物園ジャガー舎では、プールにお水がありませんでした。
(その写真撮ったつもりで撮ってないことに帰宅してから気づく)

11時を回った頃、飼育担当さん達が続々と集まり、何やら作業を始められました。

20140213_oji-twins_02.jpg

板が並んでいきます…。

20140213_oji-twins_03.jpg

(かろうじてプールに水が入ってないのが伝わるかと)

もしかしてもしかして…(((*゚Д゚*)))

20140213_oji-twins_01.jpg

(*゚∀゚)o彡°(*゚∀゚)o彡°(*゚∀゚)o彡°

この気持ちをどう文字にあらわせばいいのか判りません(*゚∀゚)o彡°

(*゚∀゚)o彡°(*゚∀゚)o彡°(*゚∀゚)o彡°

休園日の昨日から、お外に出る練習をしているとのことでした。時間は30分程。
お天気や気温によって実施は不定期とのため、今日はラッキーだったのですね~。
(めずらしく日ごろの行いでもよかったのか…)

円形猛獣舎の各放飼場は高低差が大きく、かつジャガー舎にはプールもあるため、
ある程度身体が大きくなってからでないと危ないと伺っていたので、
会えるのはまだまだ先だろうなと思ってましたが、とても嬉しいです(*^∀^*)

さて、身体の小さい双子ちゃん達を守るにあたり、

20140213_oji-twins_00.jpg

人海戦術で囲い込み。(どん)

双子ちゃん自身からはなかなか出てこないので、連れ出されました^^;
(肝心のジャガーちゃんがぼやけてますが、ニュアンスは伝わるかと思います)

20140213_oji-twins_04.jpg

(あからさまにイヤそうだわ~^^;)

ぽてり。と置かれる。

20140213_oji-twins_05.jpg

骨太な仔猫です(*゚∀゚*)
本日伺ったところでは、二頭の体重は6000グラム半ばくらいだそうです。

二頭目。

20140213_oji-twins_06.jpg

(お、キバも生えてる~)

「シャ~!」

20140213_oji-twins_07.jpg

(キバ、上下4本揃ってるしツメも立派だわ~)

まだまだまだ小さいながらも、既に猛獣の片鱗を感じます…。

二頭揃ってちょっと落ち着いたかな~。

20140213_oji-twins_08.jpg

きょろりん。

20140213_oji-twins_09.jpg

(白目と上目遣いきゃわゆ~♡)

きょろきょろ。

20140213_oji-twins_10.jpg

(まだまだキンチョーの面持ち…でもきゃわゆい)

けがれなき肉球とともにツーショット。

20140213_oji-twins_11.jpg

写真では判りにくいけど仔ジャガーの肉球、
鮮やかにピンク色でぷりぷりとしていて、たとえると食欲をそそられる感じ。

ひとまずここまで。何回かにわけてアップしていく予定です。

ザッツ魅惑のアラシどの

11/10~13の関東+α遠征の最終日は東海、静岡市立日本平動物園へ。
キコさん♀もアラシどの♂もお元気でした(*^∀^*)

この日、ぎゅんかわなアラシどの♂が撮れてましたので、ひたすらアップします。

20131113_arashi_01.jpg

20131113_arashi_02.jpg

20131113_arashi_03.jpg

アラシどの♂は美形なだけじゃなくてこう、少年っぽさというか、
愛でたいゴコロをくすぐるきゃわゆさがありますな…。

20131113_arashi_04.jpg

この彼なんてポーズ、表情、頭蓋のまるさ、非の打ちどころがありません。
奥様のキコさん♀と同じく、いっそ魔性とでも言いたくなるようなこの惹きつける感じ。
アラシどの♂は罪なオトコですよ。

ところで彼は一体何を眺めてたのかしら、担当さんの気配でもあったのかしら。

ぴろっ。

20131113_arashi_05.jpg

大体というか殆どキコさん♀に夢中でギャラリーは石ころ並なアラシどの♂であり、
下から舐めるようにカメラを向けるわたくしなんぞに全く気を留めることはありません。
なのにこの一連のキャッチーでキューティな仕草。けしからない。

しかしながら、ここ最近の訪問では以前よりかは視線をくれてる気もするのです。
ただし「またお前か」みたいな視線で。たまにしか来れないけど来たら一日おるもんな…。

フレ~メ~ン。

20131113_arashi_06.jpg

何回観ても「美形はフレーメンも美形なのだな」と思う。

またです。

20131113_arashi_07.jpg

(実は先月も会ってたりするので追々アップします)

金沢動物園でツノツノヒヅメ_アメリカ編

昨年11/10~13にかけての関東+α遠征の記事をぼちぼちとアップしてまいります。
出かける前は、関東群れオオカミとジャガーツアーのつもりだったのですが、
気づけば群れオオカミとツノツノヒヅメツアーの様相でございました。

ところで10日の群馬サファリと11日の多摩動物公園では、
友人と一緒だったのですが、多摩初訪問だった彼女の感想が、

「うし充した」というもの。

非常に的確な感想だと思い、大変ウケましたので、
別行動となった翌12日も引き続き"うし充"しに横浜の金沢動物園へ行きました。

…という理由だけではなく、元々この日はオジャガさん♀のお誕生日だったので
野毛山訪問予定だったのですが、彼女に会えるかどうかは行ってみないと判らないため、
会えない場合はかねてより行ってみたかった金沢動物園へ移動するプランだったのでした。

やや駆け足になりましたが、行ってよかった金沢動物園
遠征はどうにもジャガー優先になりがちですが、金沢はまた行きたい動物園です。

今回の記事は、アメリカ園のロッキーマウンテンよりうし充です。

施設名の通り、ロッキー山脈に棲んでるツノツノヒヅメの皆さんですね。
観覧最中は気にしてなかったけど、アメリカ大陸の大型草食獣(偶蹄類)は、
これまでの訪問園館では殆ど観たことがありませんでした。

金沢動物園のシンボルマークにもなっているオオツノヒツジさん。

20131112_otsunohitsuji_01.jpg

20131112_otsunohitsuji_02.jpg

ムフロンとどちらがツノ重いかしら…。
(巨乳は肩が凝るらしいニュアンスでどっちがより首が凝るのかとふと思う)

傾斜の険しい放飼場に、向かって左から
オオツノヒツジプロングホーンシロイワヤギ、の並びなのですが、

20131112_otsunoshiroiwa_01.jpg

オオツノさんとシロイワさん(奥にいる)のツーショット。

ところで、金沢動物園には「日本でここでしか飼育されていない動物」が
数多くいるときいていたのですが、ロッキーマウンテンでは、
シロイワヤギプロングホーンが該当しています。

シロイワヤギさんはロッキー山脈の中でも緯度の高いエリアにお棲まいです。

20131112_shiroiwayagi_01.jpg

だからかモフモフです。多分真冬はもっともっとだと思いますが。

この日はえらく寒かったんですけど、そんな中でシロイワさん観られたのは嬉しいです。

20131112_shiroiwayagi_02.jpg

断崖で暮らす野生の彼等の姿は圧巻でしょうね…。

20131112_shiroiwayagi_03.jpg

プロングホーンのブッチ君♂。国内最後の一頭。

20131112_americapronghorn_01.jpg

20131112_americapronghorn_02.jpg

シカと違ってツノの生え変わらないウシ科の動物ですが、
プロングホーンはツノのさやが生え変わるのだそうな。

乏しい知識の中ではありますが、似た感じの動物が思い当たらない独特の風貌です。

20131112_americapronghorn_03.jpg

20131112_americapronghorn_04.jpg

愛らしいお顔だちにカメラ目線までくれたのでたくさん撮ってしまいました。

皆さん自分の目でちゃんと会えて嬉しかった、そんな金沢動物園
いつものように他園の記事と順番はごっちゃで、更新をすすめてまいります。

ブラジルのジャガー個体数激減のニュース

更新が空いておりますが、AFPBBニュースよりクリッピング。

「ブラジル、大西洋岸森林でジャガーの個体数が激減」

なんとなくで想像しているより遥かに速く、大規模での生息地および個体数の減少です。

20131217_athos_00.jpg

(写真は王子動物園のアトス君♂。2013/12/17撮影)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。