大ネコ天ほぼメス特にライオン

9/27の天王寺動物園より大型ネコ科の皆さんです。
珍しくヒョウ舎(ピューマ、ジャガー、ヒョウ)のメンバーのお写真が撮れました(*^ε^*)

ピューマのピコさん♀。

20120927_puma.jpg

ジャガーさんはじめ、天王寺のヒョウ舎はくっきりした写真は撮れないので、
ピコさん♀もいつも撮っては消去の繰り返しなんですが、あくび顔が可愛らしいので保存で!

ヒョウのヒョンさん♀。

20120927_hyou.jpg

御年22歳。そして宝塚ファミリーランド出身だそうです。
小学生時分、よく遊びに行きました。立体動物園はとても好きでした~。

いつも眼光鋭い表情で撮れるんですが、この日は可愛らしい感じで撮れたので保存で!

続いて、アムールトラのアヤコさん♀。

20120927_amurtora.jpg

のゴロン。アヤコさん♀はいつもお綺麗です。

でもってこの日一番印象に残ったのが、ライオンの父娘です。

ママライオンのネルさん♀が7月に亡くなってから2ヶ月経ちましたが、
残されたパパライオンのレオさん♂と娘ライオンのチーさん♀の関係が変わってきました。

7~8月の訪問時はまだ二頭とも元気がないというか、どちらも就寝姿ばかりをみかけた印象ですが、

この日の訪問では、レオさん♂がめっきり大人しくなってて(みたことないやわらかさ)、

20120927_lion_01.jpg

代わりに、チーさん♀が強くなってました。

20120927_lion_02.jpg

これもまた今までにはみたことなかったライオン女子的な表情です。

追いやられた上、やりかえすこともないレオさん♂の姿をみると複雑な気分なのですが、
このような獰猛さとセクシーさを兼ね備えたライオン女子の佇まいにはグッとくるのです…。

そしてこの表情。しかも黄昏時。

20120927_lion_03.jpg

アワワワ(*´д`*)

天王寺動物園『なきごえ』より、ネルさん♀の追悼記事を読んでいると、
なるべくしてなってる今の父娘関係なのかなぁ、という気もします。

「ネルお疲れさん(ライオン・ネルの思い出)」

そしてネルさん♀、優秀な妻であり母であり…、
であるがゆえに優しくて…、とても素敵な牝ライオンだったのですね。
あらためて、どうぞやすらかに。

ルースちゃんお誕生日おめでとう

9/29はルースちゃん♀の4歳のお誕生日でございます~(*´∀`*)
当日に休み希望をコロッと出し忘れていたので、9/27に訪問してきました。

この日は地元の友人と行ってきました。
天王寺動物園で午前中過ごした後、通天閣と串カツ屋へ行き、午後にまた戻ってきました。

午前中に会ったルースちゃん♀です。

20120927_ruth_01.jpg

スヤァ。

…なんかヒゲ短くなってるよーな気が…。

起きた。

20120927_ruth_02.jpg

カッコE!

このあとおおあくびしてました。

20120927_ruth_03.jpg

ルースちゃん♀、お誕生日おめでとうございます♪
これからの一年もどうぞ健やかにお過ごしくださいませ~。

9/24の円形猛獣舎より

9/24の円形猛獣舎の皆さんを撮った順で載せてみます。
ヤマちゃん♀がいませんが、この時はずっと動いてらしたため撮れなかったのです。
いつもの閉園間近出勤ゆえに…。到着は15時半でした。

着いた早々(とはいえないか)、ライオン夫妻がいちゃこらしてました。

20120924_lion_01.jpg

それを撮ってましたら、ラオさん♂に凝視されました。お邪魔しました(-∀-;)

ユッコちゃん♀が見切れてますが、ユキヒョウ夫妻。

20120924_yukihyou_00.jpg

到着前は判らないとはいえ、なかなか仲がよさそうな距離感にみえます。

ポンちゃん♀。

20120924_amurhyou.jpg

ダッシュ君♂に会ってから、以前よりポンちゃん♀のことも気になっております。
可愛いなぁポンちゃん♀…(*´∀`*) という意味で(今更?)。

サクラさん♀。

20120924_lion_02.jpg

相変わらずお美しいですねぇ…。
しかもライオン女子的なマッチョ感(矛盾な文章ですがイメージで^^;)を兼ね備えてるのが素敵です!

プチファイト終了後のティアンどの♂。

20120924_yukihyou_16.jpg

よく判らないけど、この彼を眺めてるとユッコちゃん♀はええナオンなんだろうなって気がします。

やっぱりローラちゃんかわゆう

9/24撮影。
いつもと全く変わり映えのないローラちゃん♀のようにみえますが、

20120924_laura_01.jpg

やはり、お顔だちには女の子感が増していると思われます。

20120924_laura_02.jpg

ここ最近、「カオこぇえ~」とか「ブチャイク」とか聞こえてこなくなってるので、
自分だけの思い込みではないと思われます。この日は久しぶりに「カオこえぇ」聞いたけど…。

ローラちゃん♀、基本的に男の人が好きなような印象です。しかもおいちゃん。
若いカップル連れの彼氏さんと走り回って遊んでた時もあったけど、大体おっちゃん反応度が高い気が…。
特に釣ろうとしてるわけでもないのに、突如反応して家族連れのお父さんを追っかけまわすローラちゃん♀。

だから何だと言われれば、単なる覚え書きです。
いや、追っかけまわしてもらえるお父さんうらやましいとか思ってますけど(゚∀゚;)

ユキヒョウプチファイト

9/24、ローラちゃん♀に会いに少しだけ円形猛獣舎へ行ってきました。
とはいえ、ローラちゃん♀より他の皆さんを撮ることの方が実は多かったりします。
何故なら大抵歩き回っていて撮るのが難しいから(-∀-;)

16時頃になって追いかけっこを始めたユキヒョウのお二人を撮りましたが、
帰宅して観返したらなかなか面白かったので、長いですが載せます。写り込み御免。

二階の左端から右端へかけっこして→、一階へ飛び降り↓、
一階の右端から左端へかけっこして←、また二階へ飛び移って↑、スタート位置へ戻ってました。
(しかしその時のスピーディな写真はありません^^;)

以下は戻ってきた後のお二人です。

ティアンどの♂がユッコちゃん♀を、

20120924_yukihyou_01.jpg

(ぎゃぷり)

20120924_yukihyou_02.jpg

ユッコちゃん♀「ギャー!」
(がぷー!)

20120924_yukihyou_03.jpg

ユッコちゃん♀反撃が速い(*゚O゚)=3

20120924_yukihyou_04.jpg

首をひねって振り払うティアンどの♂。

20120924_yukihyou_05.jpg

ティアンどの♂「イテテテ…」
ユッコちゃん♀の表情には闘志がみなぎってます。

20120924_yukihyou_06.jpg

ティアンどの♂が左パンチを繰り出す!
(びしぃっ)

20120924_yukihyou_07.jpg

間髪を入れずユッコちゃん♀の払い除け。
カ、カッコE…(;゚д゚)=3

20120924_yukihyou_08.jpg

「やんのかコラァー!」
「テメーこそやんのかゴルァアア!」

ティアンどの♂「シャーーーーー」

20120924_yukihyou_10.jpg

ユッコちゃん♀「シャアーーーーーーーッ」

20120924_yukihyou_11.jpg

ユッコちゃん♀「(シャー)ーーーッ・・・・・・」
ティアンどの♂「・・・」

20120924_yukihyou_12.jpg

「・・・・・・」

20120924_yukihyou_13.jpg

ティアンどの♂「きょ、今日はこのくらいにしといてやる」

20120924_yukihyou_14.jpg

(ティアンどの♂後退してますけど…)

20120924_yukihyou_15.jpg

最後はお二人そろってお空を見上げてございました。

二頭の表情をみると心なしか勝敗が推し量られるようで何とも言えませんね(^∀^;)

インドライオンのガイドタイム

よこはま動物園ズーラシアでは飼育担当さんによるガイドが充実していました。
広い敷地内で同時に2か所、3か所とガイドをしているので全部聴くことは難しいのですが、
9/7の訪問では、アムールヒョウともうひとつ、インドライオンのガイドを聴いてきました。

飼育されているのは全部で7頭だそうですが、普段展示場にでているのは4姉妹のようです。

20120907_indolion_01.jpg

多分、手前がガウリーさん♀で、後ろの2頭はサティさん♀とパールバティさん♀。
サティさん♀とパールバティさん♀は、どっちがどっちかは不明。

4姉妹の中でもリーダー格のアンカーシュさん♀。

20120907_indolion_02.jpg

ガイドタイムが始まると、おやつが貰えるのではと思って手前に陣取ってこられました。
(この日のガイドではおやつなし)

2番手らしきガウリーさん♀はちょっと出てきたけど、後のお二人はそのままの場所だったので
位置からも上下関係が垣間見えます。群れで暮らす動物はやっぱり序列きびしいですね。

4姉妹の皆さんはインド神話の女神の名前がついてるんだそうです。
サティとかパールバティは漫画で聞いたことあります(*'∀'*)

20120907_indolion_03.jpg

ガイドが始まって、ちょっと前に出てきたガウリーさん♀(多分)。

インドライオンはアフリカのライオンより少しサイズが小ぶりで、体色が淡い気がします。
勿論アフリカライオンも好きだけど、インドライオンいいなぁ…。

そしてインドライオンのおなかには、たるんだ皮のようなスジがあります。

20120907_indolion_04.jpg

太ってるんじゃなくて、元々そうゆう身体つきらしいです。
何のためにあるんでしょうか、興味深いです。

ガイドではパネル写真も使って解説を聴けました。上の内容は殆ど解説からです。

で、今回のガイドではおやつなしの代わりに、

20120907_indolion_05.jpg

ライオンの鬣を触らせてもらえました~!おやつよりラッキーかも~(*゚∀゚*)
(写真はあせって撮ったら前ピンでしたけど^^;)

ちなみに感触は、(勝手に期待するイメージと較べて)"中途半端"、でした。
意外とゴワゴワしてない、かといって決してフワフワというわけでもなく…。
飼育担当さんの「いかがですか?」の問いにとっさに返答ができず(^∀^;)

でも、そのゴワゴワでもフワフワでもないのがライオンの鬣だってことは判りました。

そしてツメも。

20120907_indolion_06.jpg

爪は層になっていて、上のがとれたら下からでてくるという構造のようです。
えっと、とんがりコーンを指に重ねてかぶせて上から食べてくようなイメージですかね…。

爪も興味深いながら、ライオン型のケース気になる…(・ω・;)
爪は持って帰ったら犯罪になるけど、ライオン型ケースは買えたりするのかしら。
解説後の質問タイムでいろいろ聴いてるうちにケースのこと訊くの忘れてた。

そう、質問タイムでオスはいないんですか?と訊いたら
(牝ライオン好きな自分でも、ライオンといえばやっぱり鬣さんは観たいわけで)、
ラージャー君♂という4歳の牡ライオンがいるのだそうです。4姉妹の弟です。
お名前はインドの言葉で"王様"という意味だそうです。

展示場にいない理由も訊いたら、よくモートに落っこっちゃうからだとか(゚∀゚;)

モート前には静電気程度の電流の流れる電線が張ってあるのに、それを乗り越えて落っこちるらしい。
理由も、モンシロチョウを追いかけて、とかそうゆうので、これまでに3度も落ちてるんだそうです。
アタマの弱い(担当さんの原文ママ。愛情いっぱいでおっしゃってました)コなんだそうで。

昔は飼育員さん達が引き揚げることもできたそうですが、今はさすがに身体が大きいので、
落っこちたら麻酔打たなきゃならないそうで、それで展示場には出せないのだとか。
バックヤードにも放飼場はあるらしいのでそこで過ごしているそうです。

公式HPのブログにも過去ログたどると載ってました。

あと、インドにはベンガルトラも生息してますが、競合?しないのかとも
(しないとは思いますけど)質問したら、やはり棲んでるところが少し違うんだそうです。
インドライオンはまばらに木々のある場所で、トラはもっと木々の深い場所に棲んでるようです。

それと、規模は小さいながらもアフリカのライオンと同様、群れで暮らすらしいです。

いろいろ聴けてとても楽しかったです!

おまけ。走ってる最中に足を滑らせてしまい、ゴロンゴロンしてごまかすガウリーさん♀。

20120907_indolion_07.jpg

ネコ科の、失敗しちゃった時のごまかし仕草、あれって周りに誰もいなくてもやるんでしょうか。
(しかしそれを確認する手立てはない)

ズーラシアは充実した設備もさることながら、飼育担当さんによるガイドが
とても興味深くそして面白く、また是非行きたい!と思っています。
タイムオーバーで堪能しきれなかった動物もいましたしね(^∀^;)ゞ

覚え書きの追記!

展示場内にカラスが入り込んで、度胸試しでいかにライオンに近づけるかを競い合ったり、
しっぽ毛をむしったりするらしいのと、ハト(お客さんにエサをもらってふくふくとした)が
展示場内に降りてしまって、ライオン達にないない(ムシャー)されてしまうこともあるらしい。

ガイドで一番記憶に残ってるハナシだったのに書き忘れてたとは…(-∀-;)

サーティミニッツのげやま

9/6~7の関東動物園ツアーにて当初、9/7は終日ズーラシアで過ごすつもりだったのですが、
「横浜に来てオジャガさん♀に会わないなんて、ない…!」と思い、開園から30分だけ野毛山動物園へ。

結論から申しますとオジャガさん♀にはお会いできず。

寝室へのシュートが開いており、行き来が自由になっておりましたのですが、寝室にいらっしゃいました。
30分待っておいでにならなければ潔く諦めて、ズーラシアへ移動するつもりで30分だけ滞在しました。
まっ結局おいでにならずでしたが(´∀`;)

でも楽しかったです(^∀^;)
朝イチの野毛山動物園は日差しがやわらかく風も通って、大変気持ちがよかったです。

ジャガー舎の前で待ってばかりも勿体ないので、園内を軽く一周しました。

といえばまずはツガルさん♀ということで。

20120907_futakoburakuda.jpg

身体を起こしてらっしゃったラッキー♪
(起きてるのか寝てるのか今ひとつ判らない表情でしたが…)

シロクジャクのお二人。
♂どのの尾羽が抜け落ちてて一瞬どちらも牝にみえましたが、右が♂どのです。

20120907_indokujaku.jpg

お二人で仲よくごはんをついばんでらっしゃいました。
尾羽がない時の方が仲がよろしいような…。
むやみやたらなアピールはウザいってことなんでしょうか、やっぱり。

アミメキリン、テビチさん♂の朝ごはん姿。

20120907_amimekirin.jpg

結構豪快でした。

ところで今回野毛山へ寄ったのは勿論、オジャガさん♀に一目会うのが一番の目的でしたが、
もうひとつあって、コティベーカリーのシベリアを買いたかったのでした。前々から気になってたので。

開園前に寄った時点ではシベリアはおいておらず、先に動物メロンパンだけ買い、
訊いてみると10時には入荷OKとのことだったので、帰りにもう一度寄って買いました。

帰宅してからお土産を撮影。
上段左から、シベリア、(ジャイアント)パンダメロンパン、
下段左から、コアラメロンパン、レッサーパンダメロン?パン。

20120907_miyage_cotybekary.jpg

右上にあるのは、多摩動物公園で購入したガラスコップです。
各アルファベットに動物イラストがついた柄で、"J"がジャガーなので買いました。

シベリアは今回初めて食べましたが、
思ってた以上にもの凄く美味しかったです…!次も絶対買う(*゚∀゚*)

最後に、今回の教訓としては、京阪神はともかく、
遠出してジャガーさんに会うのに片手間はやめよう、ということでした(-∀-;)

平川のカレンさんにお別れ

10日も前のニュースで恐縮ですが、
去る9/9、鹿児島の平川動物公園にいる牝ジャガー、カレンさん♀が亡くなりました。

お知らせ・ニュース(平川動物公園HP)
唯一のジャガー「カレン」死ぬ 鹿児島・平川動物公園(西日本新聞)

お会いすることができなかったのが、とても残念です。

とっても美人だなーと思ってましたが、性格もよかったんですね~…。
病気が判明した後も亡くなる少し前までは普段通りの生活をしていたとのことで、
きっと気丈なジャガーさんだったのだと思います。

心から、心からご冥福をお祈りいたします。

20120921_karen_04.jpg

1997年11月7日 群馬サファリパーク生まれ
2000年6月8日 平川動物公園来園
2012年9月9日 全身性の腫瘍により亡くなる(14歳)

(平川動物公園にあった掲示パネルを撮りました)


ここからは差し替えの記事です。

わたし、カレンさん♀が亡くなったことを知らずに、
9/19~21にかけて九州ジャガーツアーにでかけてしまいまして。
9/19の夜に熊本のホテルで電車の時間等を調べてた時に、ようやく知ったのでした。

今回に限らず、前々からも含めた自分の情報収集能力のまずさが残念でなりませんが、
かろうじて訪問前に知ることはできたので、献花とご挨拶にはうかがえました。

9/21に平川動物公園を訪問しました。

改装されたジャガー舎。

20120921_jaguarsha.jpg

お知らせ。

20120921_karen_01.jpg

いくつか献花もされてました。

20120921_karenflower.jpg

(ので自分のも置いたけど、添えたメッセージカードは
 キモかったので後から回収したとゆういたたまれぬオチつき--;)

生前のお写真もありました。

20120921_karen_02.jpg

(可愛い…(;д;))

カレンさん♀、おつかれさまでした。どうぞやすらかに。

タマでツノツノわっしょい

9/6の多摩動物公園より、イカすツノをお持ちの皆様です。
初めてお会いする種も多く、遅まきながら「ツノでひづめ」に開眼した気がいたします。

撮った順です。

スイギュウ(家畜)のアカギさん♂。

20120906_suigyu_01.jpg

ブクブク…。
湯船浸かったら幼少時には誰しもがするであろう、
そして行儀が悪いからよしなさいと叱られる、ブクブク…。

楽しいからしてるわけじゃないだろうけど、どことなくうらやましい。

20120906_suigyu_02.jpg

いかにもきもちんよかそう。

ゴールデンターキン

20120906_goldentakin_01.jpg

輪郭が独特なのかと思っていたけど、鼻筋が独特なのかな?
変わった顔だな~、と思ってはいましたが、ナマでみるとグッとくるお顔だちですね…!

20120906_goldentakin_02.jpg

このお顔だちにこのツノのフォルム。これが調和とゆうものでしょうか。

多摩で会いましたベストオブカワイコちゃんは、シャモアのモンブラン君♂でした。

20120906_chamois_01.jpg

広い多摩の敷地の奥の奥にいらっしゃいます。今はもう彼お一人のようです。
おさびしいのでしょうか、この写真を撮った後、手前に降りてきました。

そしてゴハンをかっむしゃる。
見てる間に葉っぱがへっております。

20120906_chamois_02.jpg

垂直に伸びて、釣り針のように後ろに反ったツノは、
素人目には使い勝手が悪そうにみえるんですが、綺麗なカーブで印象的です。

カモシカの仲間で、ヨーロッパやトルコ辺りまで生息しているそうです。
個人的に、生息地を聞いただけでもテンションがあがります。

…とまあ、まずは11時過ぎまでアフリカ園でライオンやチーターを堪能した後、
アジア園へ向かって最奥まで行き着き、またアフリカ園のレストランに戻ってきたのが13時過ぎ。

戻ってくる最中はハラがへってハラがへって…。予習はしてたつもりですが多摩、広すぎる…。
(とゆうか東京が広い!新宿も広い!山手沿線には梅田みたいな街がザラにある!)

そんな中、アフリカ園の草食ゾーンで撮ったシロオリックスさん達。

20120906_whiteorix.jpg

長い。この時は空腹で傍まで寄る余力はなかったけど、次は近くで観覧したいと思います。
とべ動物園にもいますしね。って次にいつ四国ツアーするか判りませんけど…。

たどり着いたレストランでは、ひれかつカレーをいただきました、美味しかった…!

20120906_lunch_tama.jpg

それと地ビール、"多摩の恵"♪♪
地ビールもあるの(*゚∀゚*)? 勿論飲む(*゚∀゚*)! ということで勿論注文しています。

しかし前夜の夜行バスと、前々夜に宿やらバスやら予約して連続して寝不足だったのを忘れており、
後で多少休憩をする羽目になりました。赤っ恥もあるのだからいい加減に気をつけなくては…(´Д`;)

で休憩後、ライオンバスにもっぺん乗り、メンバーの代わったチーターの皆さんにお会いして、
今度はシャトルバスで再びアジア園の奥まで行き、再度アムールトラやユキヒョウの皆様にお会いして、
帰り道すがら、一度目の巡回では撮れなかったツノの皆さんを正面からばしゃりしました。

ムフロン

20120906_mufuron_01.jpg

シャレでなくムフー(*゚∀゚)=3 て鼻息が荒くなる立派なツノ。

正面。

20120906_mufuron_02.jpg

顔も素敵。

ヒマラヤタール

20120906_himarayataru.jpg

ツノ自体は可愛らしい感じかな?と思ってたら、冬毛が大変素晴らしいみたいなので、
機会があったら是非またその時期に伺いたいと思います。さわってみたい…。

2巡目の帰りは既に16時半前後で、既に収容済みで撮れなかった皆さんがまだいらっしゃいますし。
結構頑張って周ったつもりですが、やっぱり一日での満喫は難しいですね(*´∀`*)

ポンちゃんアワー

王子動物園アムールヒョウ、ポンちゃん♀を並べました。6月以降に撮ったものです。
アップの写真がないのは、ピントがボケていたのばっかりだったからです(-∀-;)ゞ

ポンちゃん♀は定位置、定ポーズ(とても可愛い)があるので、違う時に写真を撮ります。

6月。

20120601_amurhyou.jpg

カメラ目線いただきました~(´∀`*)ノシ
(たまたまです)

20120611_amurhyou.jpg

面白くて綺麗なシルエットですね。

キメ。

20120617_amurhyou.jpg

りりしい。

こないだ飼育担当さんが、ポンちゃん♀は来園時から変わらず可愛いとおっしゃってました。
ポンちゃん♀はお客さんにも職員さんにも人気者ですなぁ。わかります。

7月。

20120707_amurhyou.jpg

ポンちゃん♀の長い尻尾は印象に残ります。

ごろりん。

20120724_amurhyou.jpg

今年に入ってなのか、季節的なものかは判りませんが、
円形猛獣舎の中で一番吼え声が聞こえるのがポンちゃん♀だと思います。
愛らしいお顔だちでもヒョウなので野太い声です。

単独生活をする種ではありますが、こころなしかさみしそうにみえたりもして…。
ポンちゃん♀にもまたお婿さん来たらいいのですけど、難しいだろうなぁ…(´・ω・`)

9月。

20120903_amurhyou.jpg

やっぱり樹上のヒョウって映えますね(*^∀^*)

次に行った時はアップのお写真も撮りたいと思います。
そういえば正面からのアップは未だに撮れてないんじゃ…∑(゚д゚;)
それと担当さんのお時間あったらポンちゃん♀の好物を訊いてみたいと思います。