7/24のユキヒョウワイド

※今回は殆どの写真がボケブレ画像ですすみません。

7/24の円形猛獣舎より、ユキヒョウのお…一人。

20120724_yukihyou_01.jpg

手持ち無沙汰そうなティアンどの♂。
ユッコちゃん♀の気配があまりにもないんだけども…。

ちらりん。

20120724_yukihyou_02.jpg

いてた。

20120724_yukihyou_03.jpg

(発情周期は過ぎたようです)

15:55。そろそろ帰ろかな~。とばかりにユッコちゃん♀が降りてきます。

20120724_yukihyou_04.jpg

ティアンどの♂はユッコちゃん♀に駆けよって、スリスリ~…。

20120724_yukihyou_05.jpg

さっきのは"チラリ"じゃなくて全力待機してたんですね。

しかし拒絶。

20120724_yukihyou_06.jpg

めげずにスキを窺ってユッコちゃん♀に近づき、毛づくろいしてあげるティアンどの♂。

20120724_yukihyou_07.jpg

ユッコちゃん♀も全くの拒否とゆうわけではない様子。

早くも上下関係が垣間見えるような構図です…。

20120724_yukihyou_08.jpg
スポンサーサイト

日本平のキコさん

6/13に訪問した日本平動物園より、キコさん♀の紹介です。

20120613_kiko_04.jpg

2001年7月12日アメリカ・ヘンリードーリー動物園生まれ。2003年日本平動物園来園。

彼女は超絶美ジャガーです。

20120613_kiko_08.jpg

大きくてぱっちりした瞳、すっきりした口吻(で合ってる?)、鮮やかでくっきりした毛並み…。
絵に描いたような、メイクばっちりみたいなおカオです。

大体どのジャガーさんにお会いしても、わお~美形(*゚∀゚*) などと言ってる自分ですが、
キコさん♀は、世界にいるジャガーさんの中でも有数の美女ではなかろうかと思います。

旅行や動物園のガイドブックなどをみてますと、日本平動物園の紹介ページでは
大抵キコさん♀の写真が載ってるので、やっぱり相当見栄えのするお方なのだと思う。
トラやライオンは珍しくないけど、ジャガーの写真が載ってるのは殆どみたことありません。

それを本人も知っているのか…、

20120613_kiko_05.jpg

カメラを向けるとカメラ目線に。

20120613_kiko_06.jpg

かと思えば、飄々とした印象もあります。

何をみてるんだろう…。

20120613_kiko_02.jpg

20120613_kiko_03.jpg

(美形なだけじゃなくて、ひょっとして魔性の牝ジャガーなのではと思ってる)

ちょっとお客さんにじゃれたりもしてました。

20120613_kiko_10.jpg

割とよくたれじゃがーなキコさん♀。

20120613_kiko_09.jpg

彼女の美しさは毛並みのよさにもよるところが大きい気がします。

20120613_kiko_07.jpg

黄色部分が明るくて、描いたかのような特徴的な模様。

20120613_kiko_01.jpg

なんで日本平への訪問を延ばしていたのか、自分で判りませんね!

【絵本】『ジャガーには なぜもようがあるの?』

ネットの海を徘徊してたらみつけた絵本です。
Amazonさんにもあったのでぽちりました。

『ジャガーには なぜもようがあるの?』
(アンナ・マリア・マチャード再話/ジアン・カルビ絵/福井恵樹訳/ほるぷ出版/1983年)

20120601_howthejaguargothis.jpg

ブラジルのインディオに語り継がれている民話だそうです。
登場人物は、一部例外もありますが全て擬人化された動物です。

あらすじとしては以下です。

土地持ちのジャガーが、畑を耕してくれる動物を雇いますが、誰の働きっぷりも気に召しません。
期待せずに雇ったうさぎがそれなりに働きましたので、ジャガーは報酬としてうさぎに雄牛を与えました。
うさぎは雄牛を屠って食べようとしたところ、ジャガーが現れて脅し、雄牛を全部たいらげてしまいます。
(雄牛だけは動物のまま、家畜として登場してます。うさぎも肉食になってる…^^;)
腹を立てたうさぎは一計を案じて、ジャガーを柵に閉じ込めて放置します。
ジャガーは、傍を通りがかったこれまで雇った動物達に助けを乞うも、皆知らん顔。
たまりかねたジャガーは柵に突進して無理やり壊してやっと外にでます。
その時に柵で身体じゅう傷がつき、それがジャガー模様になった…、とゆうもの。

おお。予想外(゚∀゚;) ジャガーさん悪役でした。しかもちょっとおどろおどろしい。
中米古代文明の崇拝対象とゆうイメージが強かったので、おまぬけな悪役とは…、新鮮です。
とはいえブラジルは場所も違えば、民話ってそこまで昔ではないものもあるだろうし、時代も違う?

うろ覚えで恐縮ですが、学生時分に図書館でアフリカの民話集を借りて読んだ時、
ライオンが、ぱっと見は立派で他の動物からも動物の王として一応敬われてるけど、
実はそこまで優秀でもなくて若干おまぬけ、…な役回りで描かれてたのを思い出しました。

このおはなし、インディオの人々にとってのジャガーの存在が、よくも悪くも垣間見える気がします。
家畜を荒らす憎い動物でもあるのでしょうが、憎めなくておまぬけな感じがただよってて、
それだけ身近な動物なのだろうな~、などと思います。…日本だとカラスに近いイメージかも。

それと、このおはなしで一番印象に残るのは、柵に閉じ込めるのが懲罰、とゆうくだり。
娯楽として動物園通いをしているだけの身にとっては、重く響く箇所ではあります。
文章がまとまらずいつまでも記事が上げられないので、これ以上書かないけど…。

でも、オチとして模様は傷跡だったというのは、痛そうだけど豪快だな~と思います(*^v^*)
トラがバターになるのと同じとまでは言わずとも、それに近い愉快爽快感がありますね。

最後に、動物達の挿絵がとってもかわいいです!

ローラちゃんは美形なのです

本日のローラちゃん♀です。

20120724_laura_01.jpg

20120724_laura_03.jpg

いつもと変わらず、お元気です。
全体的に暇そうな様子でした。かといってお客さんと遊んだりもせず。
わたくしも、わずかに遊んでもらえかけたものの、至らず。

職員さん用ドアのノブをちょっとガジガジしてました。

20120724_laura_00.jpg

擬木の木材固定用フックや針金をガジガジしている姿はみかけたことがありますが、
ドアノブは初めてみました(゚∀゚;) …ううん、ストレスが溜まっているのでしょうか?
…ドアノブは一緒に回ってしまうので、かえってイライラしそうですが(^∀^;)

ちっさめの丸太などはあるので、方針なのかもしれないですが、
ブイなどのおもちゃを置く予定はないのでしょうか~。

ところで。
ローラちゃん♀は牝ジャガーの中でもとりわけ美女!
…では、ないと思っているのですが、彼女は至近距離だととても美形にみえます。

今日、比較的それっぽいのが撮れました♪

20120724_laura_02.jpg

お顔だちは整ってらっしゃるんですよね~。女の子ガオじゃないってだけで。

ぅあついっっジャガオさん

7/17のジャガオさん♂。
11:45にやっとこお部屋に帰ったルースちゃん♀に代わって登場!

20120718_jagao_01.jpg

ルースちゃん♀部屋の入口のニヨイを嗅いで、ごっついフレ~メ~ン。

その後は場所を変え、場所を変えては、うお~っうおっうおっうおっ…と吼えます。

20120718_jagao_02.jpg

「あぢぃいーっ」と文句言ってるみたいな…(´д`;)

20120718_jagao_03.jpg

一日で最も日陰の少ない時間帯で、ルースちゃん♀より大きいから身体が日陰に収まりきらない(´д`;)

何とか日陰に収まってみるも…、

20120718_jagao_04.jpg

ホンット、暑そう…(´д`;)

20120718_jagao_05.jpg

(気の毒ながらも、わおっしぇくし~ショット(*゚∀゚)=3 などと思ってしまう)

とりあえず、日陰に収まって毛づくろい。

20120718_jagao_06.jpg

「おま~たひろげて ワンツー♪ ワンツー♪」
…すごいポーズです。直角三角形。

よそも回って14時頃にジャガー舎へ戻ると、増えた日陰でスヤァされてました。

20120718_jagao_07.jpg

………。

20120718_jagao_08.jpg

ジャガオさん♂の寝姿が可愛らしいのは、
普段のお昼寝場所が丸い岩の台座で猫鍋状態だから、では断じてないと思う。

日本平のアラシどの

6/13に訪問した静岡市にある日本平動物園より、アラシどの♂の紹介です。

2001年7月31日アメリカのモンゴメリー動物園生まれ。2003年日本平動物園来園。

20120613_arashi_05.jpg

黒個体です。そしてハンサムです。

奥さんのキコさん♀(ノーマルカラー)も絶世の美ジャガーなので、
日本平動物園のジャガーさん達は大変な美形夫婦なのです。

初めて日本平動物園を訪問した去年の12月、平日と悪天候でお客さんが少なかったので、
担当飼育員さんに沢山お話伺えたのですが、「手前味噌だけど、この子達は見た目もいいです^^」
ときっぱりおっしゃってたのが、…すがすがしかったです(*´∀`*)

だって2頭とも本っっ当に美形なんだもの。

やっぱり牡のクロジャガーって迫力があってカッコイイ!

20120613_arashi_01.jpg

…といいつつ、この日のアラシどの♂は終日常同行動で、この写真もその真っ最中(´∀`;)
それでも正面写真が撮れるのは、日本平のジャガー舎が観覧しやすい構造になっているからでした。

前日浜松のコタロウさん♂も彼以上に常同だったので、さしずめ「常同の東海ツアー」でした。
5月は「眠りの四国ツアー」だったし。それもまた楽しからずや、ですが(*´~`*)

ほとんど1階でウロウロウロウロしてましたが、
ごくたま~に2階に上がって、すぐ下りたりもしてました。2階の外縁部をウロリ。

20120613_arashi_02.jpg

アラシどの♂は、牡にしては肢が短いです。この写真でも牝っぽいバランスと思います。
カオも胴体も結構立派な部類だと思いますが、肢が短いから小柄にみえるかもしれません。

キコさん♀も標準的な牝ジャガー体型(他の大型ネコ科に較べてとても短足)なので、
2頭揃うと余計目立つのか「足、みじかっ!」とゆう声がよく聞こえてきます。
その手の感想は日本平に限らず、どこのジャガー舎でも同様ですが!

整ってて、造りもしっかりしてて、本当に美男子だなぁ…。

20120613_arashi_03.jpg

水を飲んでてもハンサムさが判るとゆう…。

20120613_arashi_06.jpg

収容時刻近くになってくると、2階中央の網部分で休憩。

20120613_arashi_04.jpg

さすがにあれだけ歩き回ってたからか、アクビや毛づくろいでゆっくりされてました。

網々でほとんどみえないけど、可愛らしい寝顔です(*´v`*)

20120613_arashi_00.jpg

次は、もっと違ったアラシどの♂にもお会いしたいなぁ(*^o^*)

けだるいルースちゃん

7月に入ってからジャガーさん達にさほどお会いしていない気がする…、
アカンアカン!と思い、天王寺動物園へ行ってきました。

ルースちゃん♀にお会いするのは、ややひさしぶりです。

「………」

20120718_ruth_01.jpg

「………」

20120718_ruth_02.jpg

「………」

20120718_ruth_03.jpg

両隣のヒョンさん♀(ヒョウ)やピコさん♀(ピューマ)は狭い日陰でスヤァしてましたが、
ルースちゃん♀は起きてはいるものの、何をしてても終始だるそうなおカオでした。

でも"バテてる"とゆうより、"けだるそう"な雰囲気なのはお年頃のせいなのかしら~。
なんてね…。

天王寺のジャガー舎にも、プールあったらいいのになぁ。
とゆうかせめて王子の円形猛獣舎みたいに、日よけ網かぶせれたらいいのになぁ(´・ω・`)
ジャガー舎だけじゃなくてネコ科長屋全体に…。ゆうだけなら簡単だけど…。

ジャガー舎の背景画と擬木、擬岩は好きなんですが~(*´∀`*)

20120718_jaguarsha.jpg

ジャガーさんが崇拝対象であったとゆう、中南米古代文明の遺跡をイメージ♪

覚え書き:本日の収容
シュートが開いたのが11:35。
ミニボール(ミニブイ?)とルースじゃらし(モップではなく専用のが作られてました^^;)で誘惑するも、
「その手にはのらないもん…」とばかりに微動だにしないルースちゃん♀。

しばらく(あえて)ほっとかれて11:45、バックヤードから何か音を鳴らしてました。
それをきっかけにご帰宅。釣られたとゆうより、自分から粘るのをよした様子でした。

彼女、以前よりだいぶオトナっぽいと思いますが、
アブを追っかけてる姿はやっぱりルースちゃん♀らしい落ち着きのなさでした。

20120718_ruth_00.jpg

…またくるね~(*´o`*)ノシ

20120714_京都市動物園

7/14の京都市動物園より。

カバの継美さん♀。

20120714_kaba.jpg

わぁ~(*´∀`*)
正面からお顔を拝見できてラッキー!

インドオオコウモリの皆さん。ぼやけてますが…(´∀`;)

20120714_indoookoumori.jpg

夏場は屋外展示になってるんですね。

20120714_indoookoumori_02.jpg

つぶらな瞳がカワイイ(*´∀`*)

ニシゴリラのゲンタロウ君♂。

20120714_nishigorilla_01.jpg

思ってたより小さいのね…(*´∀`*)

20120714_nishigorilla_02.jpg

それはもう可愛かったんですが、写真を撮るのは難しかった~(しかしそれは想定内^^;)。
また…、機会があれば!と思います。これから夏休みシーズンなので平日も混んでるかもしれないけど。

やっぱり入園直後からゆっくり滞在した方が楽しめるよね~、とたまに早起きできた時は実感します。
するんですけどね…、やっぱりなかなか起きれません…(´Д`;) 京都はそれなりに遠いしなぁ。

この時期は暑さで目が覚めるから、それを利用するのがよさそうです。

ロッシー・ザ・しろくま!

6/12~13の東海ジャガーツアーの続きです。
6/13は、静岡市にある日本平動物園へ行ってきました(*^O^*)

日本平動物園といえば、夫婦そろって美形のしかも色違いのジャガー夫妻がいるとゆう、
非っ常~にジャガー充できる動物園なので、カメラ買った後も勿体なくて行ってなかったとゆう(-∀-;)ゞ
…行かない方がよっぽど勿体ないです、我ながらアタマが悪かった…(-д-;)

ジャガー夫妻はまた今度にして、今回はホッキョクグマさん達のお写真です。
日本平動物園は猛獣館299という施設に人気の猛獣(ではないのもお住まいですが)が揃っていて、
その3~4階にあるジャガー舎に着く前にホッキョクグマ舎も通ります。

この日、朝寝坊してしまい、前日から静岡入りしていた意味の全くない11時前に入場したのですが…、
猛獣館に着いた途端、ロッシー君♂とバニラちゃん♀が盛大にじゃれて遊んでいてテンションがあがりました。

20120613_hokkyokuguma_01.jpg

勿論ギャラリーも多くて、あまり写真は撮れませんでしたが、迫力ありました~。

ざぶ~ん。

20120613_hokkyokuguma_02.jpg

(これはどっちだろう…)

この後すぐにお二人で遊ぶのはやめて、それぞれでまったりし始めたので自分もジャガー舎へ。

ジャガーさん達にもお会いして、園内も一巡りして再び猛獣館へ戻ってくると、
ロッシー君♂がお昼寝をしていました。

(スヤァ姿も撮っておくか…)

20120613_hokkyokuguma_03.jpg

(パシャリ)

「んあ?」

20120613_hokkyokuguma_04.jpg

(あっ起きた!)

「ふわぁ~あ。」

20120613_hokkyokuguma_05.jpg

「…。」

20120613_hokkyokuguma_06.jpg

「ウィイ~。」

20120613_hokkyokuguma_07.jpg

「ヒック。」

20120613_hokkyokuguma_08.jpg

「ネェちゃん、こんなもんでええか?」

20120613_hokkyokuguma_09.jpg

(はいもういえもう充分です~っ)

日本平動物園は、娯楽も大いに追求することで、知育の場としての動物園を目指してるのかな?とゆうか、
個々の改修設備にはそうゆう印象があって、ひそかに武闘派(と書いて"イケイケ"と読む)動物園と呼んでますが、
同様にお住まいの動物の皆さん(特に猛獣館)も、自分が人気者って知ってるのかも…と思えて、感心しました。

ロッシー君、とっても楽しかったです、ありがとうございました!
…それとガラのよくない関西弁おっちゃんのアテレコしちゃってごめんなさい(´∀`;)ゞ

(※追記)
ロッシー君♂に違いないと思って(とゆうかその方が収まりがよい)、そのまま記事アップしてますが、
間違ってたらすみません!個体識別ができないのって情けな恥ずかしいですね~…(;´д`)-3

すこしなれてきましたか?グランデさん

本日(もう昨日)、京都市動物園へ行ってきました。
グランデさん♂のご機嫌伺いです。

奇跡の目覚めで、9時半には入園できました。
到着直後のグランデさん♂。

20120714_grande_01.jpg

…これは初めてみるグランデさん♂かも(*´∀`*)

10時を回って日中はスヤァタイムでしたが、寝相が以前より緩んできたような気がします。

20120714_grande_02.jpg

これとか↓ ギャラリーのほほえみを誘ってました。

20120714_grande_03.jpg

後ろから。

20120714_grande_04.jpg

なんとなく、夏らしいポーズだと思います。

14時を回ってお目覚めになりましたが、結構活発に感じました。

草はみしたり、

20120714_grande_05.jpg

王子のヤマちゃん♀の草はみをみた時は、まるでネコのようでおとなしい感じがしましたが、
グランデさん♂はかじる度にいちいち変顔になるので、やっぱりグランデさん♂だ…と妙に感心しました。
それにしても彼の御歳で綺麗に保たれた4本のキバは、何度目にしてもほれぼれします。

爪とぎしたり、ニヨイつけしたり、

20120714_grande_07.jpg

ようやく新居に落ち着いてきたとゆうことでしょうか?そうだといいなぁと思います。
とゆうのも今、改修に合わせてニホンツキノワグマのサクラさん♀と時間交代で放飼場共有してるんですね。
そのため、縄張りの印をいっぱいつけてるのかな?とも思います。

グランデさん♂は15時に収容されてゴハンとなった後、放飼場を覗くとサクラさん♀がいました。
以前のツキノワグマ舎でおみかけしていた時より、お元気で活発な印象でしたが、
黒い個体は写真を撮るのが難しいので今日は眺めるだけにしました。

寝室での様子は、やっぱりリラックスしてはいないようでしたが、ゴハン姿には安心しました。
6月の訪問時には、お肉を口にする度に一呼吸おいてごっくんと嚥下してて、気になっていました。
今回は、口にしたものはぺろりと飲み込んで次のお肉に移ってたので、体調は問題なさそうです(*^∀^)-3

表情も、険しさが薄らいできたと思います。

20120714_grande_06.jpg

近い距離でこのようなグランデさん♂のお顔を観られるのはやはり嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。