20120527_ユキヒョウ舎

隔週ユキヒョウ日記。
結論からゆうと、この日(5/27)のユキヒョウのお二人はずーっとおねむでした。
11時半~15時半という滞在時間帯が悪い気もしますが。

が、距離が近い!

20120527_yukihyou_01.jpg

二頭の間の空気に違和感も、ない。うん、ない。ようにみえる。

20120527_yukihyou_02.jpg

ちょっとは距離が縮まったのかしら?!

…と思ったのもつかの間、その後はいつもの端と端にわかれて、それぞれでまったり。
(上ユッコちゃん♀、下ティアンどの♂)

20120527_yukihyou_03.jpg

20120527_yukihyou_04.jpg

(しかしポーズはシンメトリー)

ユッコちゃん♀は自分が帰る時までずっとこの位置でした。

20120527_yukihyou_05.jpg

でも以前と違って、気が張った感じはしません。

20120527_yukihyou_06.jpg

一方、ティアンどの♂は、たまに階下へ移動して休まれたりしているのをみると、
仲よし予感より、尻に敷かれ予感の方が早くやってきてます(^_^;)

20120527_yukihyou_07.jpg

でも、ティアンどの♂の表情が明るいので何よりだと思います。

とべのプリメーラさん

とべ動物園にお住まいのプリメーラさん♀です。
京都市動物園のグランデさん♂の娘さん。1995年11月29日生まれ。

20120523_primera_02.jpg

"プリメーラ"はスペイン語で"first"という意味(覚え書き)。

お顔だちは、ママジャガーのペケーナさん♀似な気がします。なので唯一無二なグランデ顔ではありません。
ペケーナさん♀は2010年10月に亡くなられてるので、直にお会いしたことはなく写真画像で存じるのみですが…。

でもこのまんまるな目はグランデさん♂譲りだと思います。 →公式HP動物図鑑

ペケーナさん♀は極端な短足で界隈の方には有名というか人気だったようですが、
プリメーラさん♀はジャガーとしては標準的な足の長さで、一般的な意味でご両親のいいとこどりな彼女。
勿論、グランデさん♂の弩チャーミングなお顔も、ペケーナさん♀の短すぎる足も、それは「魅力」!であります。

とゆうわけでペケーナさん♀似と思っておりましたが、撮った写真を帰宅後に確認したところ…、

20120523_primera_01.jpg

20120523_primera_03.jpg

20120523_primera_04.jpg

こ、この多彩とゆうか、正直にいえば"愉快"に該当する表情は、…パパジャガー譲りですね。

横顔はグランデさん♂にそっくりです。

20120523_primera_06.jpg

ひいた写真も載せとこう。

20120523_primera_08.jpg

牝ジャガーの体型は、他のネコ科にはない独特のフォルムでなんともたまりません(*´Д`)=3

プリメーラさん♀、お会いできて嬉しかったです!

とべのぞうさんと親子の食事風景

とべ動物園は展示種類も多いし、広々していて立派な動物園でした。
近くの動物園があんな風に大きかったら地元の方は楽しかろうなぁ、と思いました。

アジアゾウとアフリカゾウが並んで展示されてたので、なるほど違いがよく判りました。
京阪神はアジアゾウのみですし、先月の九州ツアーでは熊本市、大牟田ともにアフリカゾウでしたから、
お会いしたことのあるゾウさん達を思い出しながら、2種を比較したパネルを眺めました。

アジアゾウの太郎さん♂。

20120523_asiazou_02.jpg

…やっぱ鼻重たいんだ…。

20120523_asiazou_01.jpg

「前へならえ!」(ビシッ)

太郎さん♂は日本にいるオスのアジアゾウでは最も大きいのだとか。
王子のマックさん♂もかなり大きい方だと思うけど、太郎さん♂の方がやっぱりおっきそうですね。

お隣のアフリカゾウ一家のごはん直前。
右からママのリカさん♀、媛ちゃん♀、砥夢君♂、右奥にパパのアフさん♂(ぼんやり)。

20120523_africazou_01.jpg

アフリカゾウも芸とかするんだな~、とアホくさく感心しました。

媛♀「あーっ、砥夢あたしの取ったー!」
砥夢♂「取ってないもん、僕のだも~ん!」

20120523_africazou_02.jpg

リカママ♀「これっ!仲よう食べなさいっ!」

20120523_africazou_03.jpg

媛♀、砥夢♂「はぁ~い。」(モグモグ)

アテレコじゃなくて本当にこんな感じだったので、観ててとても楽しかったです。
なんとなく古きよき昭和の食事風景、とゆうイメージ。

アフリカゾウの大きな耳って、やっぱり何か特別というかゾウならではの魅力で、
一方、アジアゾウは個人的に横からみた時の安定感のあるシルエットが好きだな~、と思いました。
並んでるとかえってその種のチャームポイントが判りやすい、というのは素敵ですね。

親子の食事風景といえば、カバも可愛かったです。
ママのミミさん♀とユイちゃん♀。

20120523_kaba_01.jpg

仔カバ、かっわぇえな~!

20120523_kaba_02.jpg

といいつつミミさん♀の食べっぷりに感心してました。みてる間にごはんがなくなってゆく…。

とべ動物園、見どころがいっぱいです。

ローラちゃんはかわいい、いかつくとも

現在の勤め先がシフト制でして、土日祝は希望を出さない限りはめったに休みにあたらないのですが、
本日(5/27)はたまたま休みシフトだったので、日曜だったらローラちゃん♀のおやつに牛骨出るんじゃね?!
と思い、かねてより王子動物園へ行こうと思ってました。で、行ってきました。

結論からゆうと、牛骨は出なかったんですが。着いたのが11時半過ぎではありましたが、気配もなかった。
お隣のユキヒョウ、ユッコちゃん♀が気にするからかしら…?とか勝手に思ったりしてますが。
ジャガー以外の放飼場内は、牛骨吊り下げられそうな擬木はないので、皆に出すのは難しいのかなぁ。

まあー、元々告知されているイベントではないので、なくても別段おかしくもないのですが。

でも、いつも通り楽しんでローラちゃん♀とお会いしてきました。

2階の日陰でお休みの最中、ちょっと起き。

20120527_laura_01.jpg

ローラちゃん♀の白目でてる表情、カワイイよなーっていつも思います。

寝てたのに、清掃員の方達が二人連れで、カート?リヤカー?押して移動しているのを見て、
突如起き出して、2階からそろりと降り、そろりと近づくローラさん♀。

20120527_laura_02.jpg

飼育員さんへのじゃれ感ではなく、かといってエサ感なのかはっきりせず…。
しかしこの真剣すぎる眼差しだけはよく判るのです。

爪とぎの終わりかけ。

20120527_laura_003.jpg

ローラちゃん♀の、目を真ん丸にさせた時の表情って、まだまだ幼さを感じさせて可愛いと思うのです。

なんかおもしろい瞬間。

20120527_laura_04.jpg

でも、いつも爪とぎ真っ最中の瞬間を逃します。

なんとまあ美しい丸いあたまでしょう。

20120527_laura_05.jpg

身体の曲線も美しい…。

(でもフォルムはやけにボリューミィ。デブってわけじゃないのに)

四肢がやけに逞しいにゃんこ。

20120527_laura_06.jpg

日曜でお客さんが多かったせいか、滞在中に3回は"クマ"って聞こえました。
クロヒョウって聞こえると訂正したくなるのですが(声かける勇気がないのでしてませんが)、
クマだと逆に、ジャガーのあのむっちりテイストを感じ取った結果であろうと思い、ほくそえみます。

以上、本日のローラちゃん♀でした。

とべのルモ君

ところで、ジャガーさんに目覚めた割と早い段階でとべ動物園には行きたいと思っていました。
京都市動物園のグランデさん♂の娘さんであるプリメーラさん♀にお会いしたかったのです。

ほどなくして、わんぱーくこうちにいらしたルモ君♂がブリーディングローンでとべにお引越ししたと知り、
これはかならず行かねば…!と思い、ようやく今月、四国ツアーの運びとなったのでした。
(先月の九州ツアーは元々は予定しておらず、たまたま連休貰えたので急遽でかけた次第)

とゆうわけで、プリメーラさん♀とルモ君♂にお会いしてきました!

今回はルモ君♂の紹介です。
2007年9月2日ドイツのヘラブルン動物園生まれ。
2009年6月5日にわんぱーくこうちへ来園、2011年12月1日にとべ動物園にBLでお婿入り。

20120523_lumo_06.jpg

ハンサム!ハンサムです!
ネットで観ててハンサムそうだな~と思ってたけど、思った以上です、わおー三(*゚Д゚)=33

ジャガー書籍の表紙写真のような、ジャガー的お顔だちそして美形。
明るい体色、あっさりめのジャガー柄といい、これまでお会いしたことのある牡ジャガーさん達とは
またすこし雰囲気が違っていて、思わず色めきたちました、お恥ずかしい(´Д`;)

綺麗なお顔だちなんですが、決してメス顔ではないところが大変素敵です。
放飼場前の個体紹介パネルには「神経質でちょっと気が小さいですが、男前です!」とあります。

20120523_lumo_01.jpg

…確かにこの表情、ちょっと気が小さそう(^∀^;)

あと、結構身体も大きいと思います(この写真じゃ判りませんね^^;)。

20120523_lumo_04.jpg

わんぱーくこうちのHPによると、「えさの好き嫌いはなく、出されたものは残さず食べます。」
とあるので、よく食べてるので大きいのでしょうか。

ハンサムはあくび中の変顔もハンサムであります。

20120523_lumo_02.jpg

ルモ君♂、次にお会いするのが楽しみです!

とべzooのピューマっ仔

5/23~24にかけて、ジャガーツアー四国編をしてまいりました。
5/23は愛媛県立とべ動物園に行きました。

ジャガーツアーではありますが、とべ動物園といえば、
2/18に誕生したピューマの3つ仔ちゃん!達にお会いできるのも楽しみの一つでした。

20120523_puma_01.jpg

鼻からビームがでているかのような写りこみですが(´∀`;)
かっわぇえ~~~(*´∀`*)

一瞬落ち着いたところを撮るので判りにくいですが、皆とても活発で動きを追えません。

20120523_puma_02.jpg

入れ替わり立ち代わり団子になったり離れたり。
観ててちっとも飽きません(*^_^*)

かろうじて3頭。

20120523_puma_03.jpg

訪問した日で95日齢とのことだったので、もう結構大きくなってました。
もっと早くとべにお出かけしてれば、ころころしてた頃にお会いできたかなぁ。

個体識別、かろうじて一番身体が大きいという次男プルート君♂は判ったものの、
長男インティー君♂とラフちゃん♀は結局判らないままでした。勿論後から写真見返して判るはずもなく。
園内散歩の時にお会いしたのは一体誰だったのか…(´∀`;)

とゆうわけで園内散歩のあのコ。

20120523_puma_04.jpg

この日、肝心のジャガーさん達がグースカ寝てらして殆ど写真を撮っていなかったので、
午後からの園内散歩イベントは諦めてアメリカストリートのジャガー舎前で張り込んでおったのですが、
散歩先が異なるのか一頭は散歩中のお姿にお会いできたのでした。ラッキィ!

20120523_puma_05.jpg

やっぱり前足でか~。すらりとしたピューマの成体を思わせる雰囲気が既にうっすらでています。
普段ジャガーさんを見慣れているせいか、3月齢なのにこの小顔さはなんだか新鮮です。

時間がおしてきたのか、飼育員さんが抱えておうちへ帰ります。

20120523_puma_06.jpg

抱っこされてる姿がまたかわいーんだ!

帰宅後も3頭そろってお部屋ではしゃぎまわっておりました。
とべにもまた行きたいけど、次はもうだいぶおっきくなってそうだな~。

20120514_ローラちゃん

5/14のローラちゃん♀。
前回訪問時より気候的に過ごしやすかったせいか活発に遊んでました。

20120514_laura_01.jpg

草の束を運んだりしてました。おもしろーい。勿論可愛かったです。瞬間は撮れず残念。

20120514_laura_02.jpg

顔が草まみれです(*^∀^)

20120514_laura_03.jpg

ベロにも草が(*^∀^)

水飲みポジションが変わってます。この日だけでしょうか?

20120514_laura_04.jpg

いつものポジションだと腹ばいになってアタマだけ下げてるので、
身を乗り出して飲むこの日のポジションの方が、ちょっと大人っぽくみえます。

クチが空いてるとやっぱり、当ジャガー比20%アップでイカつい(´∀`;)

20120514_laura_05.jpg

ローラちゃん♀はジャガーらしからぬ小顔さんではありますが、
身体つきはしっかりしてるので、かえってモリモリと逞しい感じが目立つという。

でも、ローラちゃん♀はそこが可愛い(*´v`*)

遠足客が帰った後は園内も空いてきて、さっきよりちょっぴり退屈そうだな~という雰囲気だったので、
近づいてみたらすこし追いかけっこできて嬉しかったです。もっと楽しく遊んでくれるよう鍛錬が必要だ~。

以前(去年末頃)にちょっと遊んでもらった時より、走ってくる勢いが速く強くなってる気がして、
やっぱり日々育ってらっしゃるのだなぁと思いました。野生ならママジャガーから既に巣立ってる時期ですもんね。

20120514_laura_06.jpg

この太長いしっぽも可愛いですなぁ。

サンディエゴ動物園で双子のジャガー誕生

5/17のニュースということで恐縮ですが、
アメリカ、サンディエゴ動物園で4/26に誕生したオスとメスの双子のジャガーの赤ちゃんが公開されました。
誕生おめでとうございますー!!!!



当ったり前だけど、KAWAEEEEEEE 三(*゚Д゚)==333

↓ニュースページも貼っておきます(FNNニュース)。上と同じ動画です。

米・サンディエゴの動物園で双子のジャガーの赤ちゃん公開

この動物園でジャガーの赤ちゃん誕生は30年ぶりなのだとか。ジャガーって繁殖が難しいのだそうです。
国内では頭数が増えた時期もあったものの、産児制限したら一気に頭数が減ったというのはそうゆうことですよね。

サンディエゴ動物園のジャガーちゃんとジャガー君、元気に育ってほしいですね(*´∀`*)

20120514_ユキヒョウ舎

5/14の円形猛獣舎、ティアンどの♂とユッコちゃん♀です。
最近はなんとなく隔週ユキヒョウ日記みたいになっている気がします。
でも行く度に状況が変わってるからやっぱり気になるんですよねぇ。

この日は13時半前頃に到着しました。

20120514_yukihyou_01.jpg

前回訪問時と同じく、放飼場のすみっこに鎮座ましますユッコちゃん♀。

距離感、ティアンどの♂の表情ともに前回と同じ雰囲気(左ユッコちゃん♀、右ティアンどの♂)。

20120514_yukihyou_02.jpg

(無理やり一枚に収めてみた)

お互いポジションは変えつつ同じ距離感で長らく過ごしていたのですが…、15時半前頃。

ティアンどの♂が近づいて、ユッコちゃん♀に話しかけます。

20120514_yukihyou_03.jpg

ユッコちゃん♀怒る。
「近寄んないでよ、オッサン!」とかゆってんのかねぇ…(・ω・;)(自分が失礼)

しかし落ち着いてるティアンどの♂は、

20120514_yukihyou_04.jpg

ゴロンしてユッコちゃん♀に語りかけます。

20120514_yukihyou_05.jpg

ユッコちゃん♀は警戒を解く気配がないので、ティアンどの♂はしつこくはせずにひきますが…。

これを収容前までに、時間をおきながら何度かしていました。

前回、4月末に訪問した時は、ユッコちゃん♀のことはどうでもよさそうにみえたティアンどの♂ですが、
同居相手として気にかけてあげてるのが伝わります。やはり、根が優しげで穏やかな気質の印象な彼です。

まあー、前回訪問時のユッコちゃん♀の気の張りっぷりをみてると、
ユッコ♀→ティアン♂への第一印象は悪そうですから、そうすぐには慣れないかもしれませんが、
相性が悪そうにはみえないので、仲よくなる時期が早いか遅いかの違いという気がします。

この日、飼育員さんにお話伺ったところでは、
日中は離れてるけど、朝イチはティアンどの♂がユッコちゃん♀を迎えに行くらしいです。
わお、ティアンどの♂ってばジェントルメン!

先日、ユッコちゃん♀にやられてティアンどの♂が前肢をちょっぴり怪我しちゃったそうですが、
それでも日をおかずに同居再開できているので、そうゆうことなんでしょう(どうゆう)。

よかったなーと思うのは、ティアンどの♂からかなしげでさびしそうな雰囲気がきえたこと。

20120514_yukihyou_06.jpg

単独生活をする動物ではあるけど、動物園という環境だと一頭だと退屈なものなのかなぁ、
などとティアンどの♂をみてると思えます。

ユッコちゃん♀も早く、ティアンどの♂と一緒でものびのび過ごせるようになってくれたらいいですね。

20120514_yukihyou_07.jpg

次回はいつ行こうかなぁ。

ところで、ジャガーの場合はなるべく黄色っぽく、黒個体も紺ではなく茶色っぽく撮りたいWBのまま、
ユキヒョウも撮っちゃってるので、日当たりいい時のユキヒョウさん達が干しすぎた布団感でイカンですね。

チャペさんの昔話

新しい話題では全然ない、というか相当古いのですが、
チャペさん♂の若かりし頃の貴重な文献をみつけたのでクリッピング。

『野毛山Zooっといい話(ジャガー)』 (横浜市従業員労働組合HPより)

親と子の間柄というのは、ジャガーもヒトも実はあんま変わらんのやなという気がしました。
人間の場合は決闘こそしませんが、父親と息子ってこういう部分あると思います。オスの宿命というか。
母と娘も同じく…。仲良し母娘、結構いてそうな現代日本。…なんか妙な感想になってますが…。

自分の感想より、初出時期が気になります。
"市従新聞で連載されたコラム"とあるので、90年代前半と思いますが。
日付も判ればなお嬉しいんですが…(そこまで調べる気力は所詮ない^^;)。

そして注目すべきは産児制限の記載。
以前、京都市動物園で担当の飼育員さんに伺ったお話のウラがとれて、すこしすっきりしました。
…昔はもっとたくさんの動物園にジャガーさんがいたのですよね~、ハァ~(*´д`*)

とゆうわけで先日撮りましたチャペさん♂をアップ。

20120417_chape_05.jpg

ベロが豪快にハナほじポジションです。

一方、ハンドサムなチャペさん♂(*´∀`*)

20120417_chape_06.jpg

今回の記事を読んで、チャペさん♂とオジャガさん♀のお母様、ダイアナさん♀でググってたら、
ちょっと涙がでそうになってしまいました。チャペさん♂、オジャガさん♀、これからも長生きしてほしいです。