昨夏のレオンさんとすこしだけ近況

昨年7月30日に訪問した群馬サファリパークより、レオンさんです。

20160730_leon_03.png

1枚目からこの日一番よく撮れた一枚。
レオンさんは美形だよねぇ。

本当は6月にも訪問したのだけどその時は体調管理のためお会いできなくて、
翌月もっかい行ってきたのでした。無事にお会いできてよかった。

朝イチ、というよりこの日最初のレオンさん。
公共交通機関ででかける自分がレオンさんに会えるのは大体10時半前です。

20160730_leon_01.png

置いてある小岩?ブロックの位置がたまたまなのだけど、覗きこまれてるみたい(*-∀-*)

レオンさん前に到着するのが既にまったりし始めてる時間帯なので、
午前中のレオンさんは概ねゴロン、時折活動します。

カキカキ。

20160730_leon_02.png

お元気そうで何よりです(*^_^*)

向きを変えておやすみしてます。

20160730_leon_04.png

日陰で涼しく。

20160730_leon_05.png

なんともキュンとさせる体勢と目線…。

柵のそばでゴロンしていた最中に斑紋を撮らせてもらいました。

20160730_leon_06.png

バレンさんの斑紋はところどころ墨を垂らしたようなアンバランスさがあってそこが好きだったけど、
レオンさんは絵に描いたようにバランスのいい梅花紋な気がして、やっぱりそれもいい。

大体14時くらいになると歩きまわることが多くなります。

20160730_leon_07.png

ということでヒキの一枚。

そしてこの日最後の一枚。

20160730_leon_08.png

レオンさんも帰る準備万端みたいです。
またね~、とこころの中で声をかけつつ名残惜しい…。

遠征先では毎回、次も元気な姿に会えるといいな…、と思ってジャガー舎を後にします。

今年も早いうちにレオンさんに会いに、でも冬場はお部屋で過ごされている様子のため
暖かくなってからにしようと、先週別の用事と合わせてでかけてまいりました。

残念ながら先週も体調管理のためお外には出てなかったのですが、
幸いにして職員さん達に詳しい様子を教えていただけました。
ありがとうございます!

高齢でもあるし、ジャガーさん達にとって厳しい冬という季節でもあり、
一昨年までと較べると弱ってきている面もあるようですが、
今のところは食欲もありお部屋でもよく動いているとのお話でした。

やっぱり先週行っておいてよかったです。
レオンさん、どうぞこれからもお元気で過ごしてくださいね。

(2016/07/30撮影)

ひたすらおたおめレオンさん

2日遅れではありますが、11月9日に群馬サファリパークへ、
レオンさんのお誕生日祝いにでかけてきました。18歳になりました。

レオンさん、おめでとうございます~!

20151109_leon_01.png

相変わらずハンサムですねっ(≧▽≦)

この日は天気予報では終日雨でしたが、ウォーキングサファリゾーンを離れるまで持ちこたえてくれました。
柵も抜きやすいしかえってよかった気がしますし、あまり寒くなかったのも助かりました。
ということで帰宅して写真チェックしたらいつもよりピックアップ写真が多くなった気がします。

すこし右向き。

20151109_leon_02.png

おねむ。

20151109_leon_03.png

敷き詰められた落ち葉の上でおやすみされてたのですが、
ジャガーの斑紋はカモフラージュのためにあるというのがよくわかりました。

ゴローン。

20151109_leon_04.png

あくび。

20151109_leon_05.png

抜けきらない柵がニクいけど、ネコのような仕草のレオンさんが可愛らしいです。

ニヨイつけ。

20151109_leon_06.png

すこし左向き。

20151109_leon_07.png

(2枚目の斑点…反転ではない)

またニヨイつけ。

20151109_leon_08.png

ピント甘いけど可愛らしいのでチョイス。

ぐねりん。

20151109_leon_09.png

たまりませんなぁ(正直な感想)

考え事をしているかのようなレオンさん。

20151109_leon_10.png

単なる可愛らしさとは異なる魅力があります。

お誕生日もいうまでもなく喜ばしいけれど、レオンさんのお元気そうな姿を確かめることができてなによりでした。
これからまたジャガーさん達にとってつらい季節ですが、お部屋でぬくぬくと乗りきってほしいです。

ところでこの日はサファリバスの最終便を乗り逃がしてしまい、迎えのバスを回していただくハメになりまして。
いつかやるんじゃないかと思ってたけど…、すみませんでした。お世話になり、ありがとうございました。

最近の訪問でよくあたる運転手さんだったのですが、
毎回詳しいガイドをしていただいて、群馬サファリ訪問の楽しみのひとつになっています。
ここをご覧になっていることはないでしょうけども、ありがとうございます。

次の訪問は未定ですが、またレオンさんや職員の皆様にお会いできることを楽しみにしています。

(全て2015/11/09撮影)

群馬のレオンさん

今回はこのブログできちんと紹介するのは初めてのジャガーさんです。
7月に群馬サファリパークでお会いしてきた、レオンさん♂。

20150714_leon_01.png

1997年11月7日、群馬サファリパーク生まれ。

平川動物公園の前代ジャガーさん、故カレンさんと一緒に生まれた兄弟です。
今年3月に亡くなったバレンさんの息子でもあります。ハンサムですね!

レオンさんに放飼場でお会いするのはこの訪問が初めてです。
以前は週末に開催されるネコ科獣舎見学ツアーで会うことができました。

こちらはバックヤードにあるレオンさんの性格紹介。

20131110_leon_00.png

食いしん坊だそうです(*^ω^*)

レオンさん、バレンさんにも似ているけど、お母様の故ジャムさん似なのだと思います。
(ジャムさんのお姿はネットで検索した画像でしか存じませんが…)

20150714_leon_03.png

お外でのレオンさん、かねてよりとってもお会いしてみたかった…!
ということで写真のアップを続けます(ここは自分がジャガーさん達のお姿を観返すためのスペース)。

お手入れ中。

20150714_leon_04.png

なんだかなまめかしい(*'ω'*)

右の頬を拝んだからには左の頬も拝むのである。

20150714_leon_06.png

真夏でしたから長い時間を日陰でまったりされていたレオンさんです。

でもツメとぎ姿も観られました。

20150714_leon_02.png

右前肢を欠損しています。
それで以前は普段寝室で過ごし、休園日にお外で過ごされていたようです。

でもうまいこと右前肢は地につけずに放飼場中央の岩場に駆け上がったりもします。

20150714_leon_05.png

見返りレオンさん。と左にゃんたま。

まったり。

20150714_leon_07.png

この時はカメラをいやがることもなくお写真撮らせてもらえたけど、次回はどうかなぁ(^∀^;)ゞ
遠征の時は二度目の訪問でウザがられることがよくある気がするのですハハハ

「キリッ」

20150714_leon_08.png

(まるい)

できれば年内にもう一度会いに行こうと考えてます。

(全て2015/07/14撮影)

バレンさんもご長寿ジャガー様

あと2~3日早く更新するつもりが少々日が空いてしまいましたが、
敬老の日にちなんでもうお一方アップしたかったジャガーさんがこちら。

3月15日にお会いした群馬サファリパークのバレンさんです。

20140315_valen_01.jpg

まどろみ中。
バレンさんのこのような表情を観ていると、
バックヤードにある"日向ぼっこが好き"という紹介文がよく理解できる気がします(*^∀^*)

横から。

20140315_valen_02.jpg

現在の国内最高齢は熊本のチャペさん(1991年11月8日生まれ)ではありますが、
その次のご長寿が1991年12月27日生まれのバレンさんなのです。
その差は日数にして50日もありません。

---2015/04/28追記---

その後、熊本のチャペさんの生年月日が1991年1月8日と判明。
実際は1年近くお歳が離れていたお二方でした。

バレンさんは2015年3月14日に亡くなられたので、本当に残念です。
チャペさんにも、バレンさんにも、グランデさんの最高齢記録を塗り替えるくらいに
末永くお元気で過ごしてほしいと思っていましたし、今もバレンさんにそう思っています。

------

どちらもこの冬をお元気に乗りきっていただきたいです(*^∀^*)♪
もちろん、バレンさんとチャペさんだけではなく、各園のジャガーさん皆様に向けて。

それにしてもバレンさんの寝相…、

20140315_valen_03.jpg

20140315_valen_04.jpg

たまりませんねぇ(*^m^*)

しかしながら起きている時は、それは凛々しいバレンさんです。

20140315_valen_05.jpg

この時は前回訪問より痩せ気味だったので、少々気にはなっていたのですが、
群馬サファリへ訪問予定のフォロワーさん達におのがウザ感もかえりみず様子見をお願いしたおかげで、
時折お元気なお姿も確認できております。よかった。お心当たりの皆様どうもありがとうございますm(_ _)m

グランデさんもそうでしたけど、とべのルモ君、そして群馬のバレンさんと、
冬場にしもやけシッポになってしまった(グランデさんは前年より悪化感があった)
ジャガーさんが複数いたので、今年はそうならないといいなぁと切に思います。

それではバレンさん、年内に会いに行きますからね(*゚∀゚*)!

おひさしバレンさんキャワシブ

あんまりなタイトルですがそのまんま。

11/9にいそいそと夜行バスに乗り込み、10~13日にかけて関東方面へでかけてまいりましたが、
その初日に訪れましたのが、群馬サファリ。バレンさん♂に会ってきました。

20131110_valen_05.jpg

お元気そうでそして凛々しいお姿にもう一度お会いできて嬉しい限りです。

この日はいろんなバレンさん♂のお姿を観られてホクホクでした(*´∀`*)♪

のび~ん。

20131110_valen_02.jpg

クロスした後ろ肢がチャーミング♪

ニヨイつけ。

20131110_valen_04.jpg

ちょっとおっきいネコですね…(*´∀`*)
ツメとぎもされてました。

柵々写真ばかりだけども、バレンさん♂のきゃわシブな表情をアップ。

20131110_valen_01.jpg

バレンさん♂、今月の27日で22歳になるのだそうです。
ちょっと早いけど、お誕生日おめでとうございます!

バ:「うむ、くるしゅうない」

20131110_valen_06.jpg

むおっ(*~д~*)
…おじいちゃんらしい愛くるしさもほのかにただよってますねぇ。

なんていいつつバレンさん♂実は、

20131110_valen_00.jpg

"クールな性格"、だそうです。

土日に行われるネコ科長屋獣舎のバックヤード見学会で撮りました。
それぞれの寝室の前には、個体名だけでなく性格も書いてありました。
これは嬉しい(*´∀`*)

泰然と構えるこの感じ。

20131110_valen_07.jpg

まさにクール。渋い!

"日向ぼっこが好き"、これは判ります♪

この日はあいにく曇ってて時々小雨だったけれど、
3月にお会いした時に、お日様の下でまどろまれるバレンさん♂の
な~んとも気持ちよさそうな表情、それはつよく印象に残っております。

20131110_valen_08.jpg

むわっ(*~Д~*)
目をつむった表情がたまりません。

…とまあ、ひたすらにキャーキャーゆうてる間に、滞在リミットがきましたが(^∀^;)ゞ

今回の最後は、やはり渋いバレンさん♂で締めくくりたいと思います。

20131110_valen_03.jpg

いかにもオスっぽい、男らしいお顔だちに鋭い眼差し。
墨を落としてかすかに滲んだような、これまた渋みのあるジャガー模様。

3月の訪問時には、群馬サファリに来るのはこれが最初で最後かも…、
な~んて思って、大いにせつない気分でバレンさん♂を眺めておりましたが、
そう思ってた原因は単に自分の知識不足で解決したので、今後も行きます絶対(*^o^*)♪
(毎度のことながら情報提供くださったフォロワーさんに感謝です)

次の機会には是非、晴れ空の下、ひなたぼっこでまどろむバレンさん♂にお会いしたいものです。

ジャガーさん達にとってはツラい季節がやってきておりますが、
バレンさん♂もどうかこの冬もお元気で乗りきってほしいと思います。

群馬サファリのシンリンオオカミ

3/14に訪問した群馬サファリより。
群馬サファリには、"オオカミの森"というシンリンオオカミの繁殖センターがあります。

20130314_shinrinookami_01.jpg

自然の地形を利用しているのでしょうか、放飼場は大変広く、植栽も沢山です。

20130314_shinrinookami_02.jpg

この放飼場のおかげで、のびやかな気持ちで観覧できました。
さらに地形のせいか、遠吠えがよく響き渡るのです。大変、グッときました。

オオカミって、なんて美しくカッコイイのだ!

…と、すこぶる単純かつミーハーな感想を抱いて帰ってきたのでした。

写真自体は残念クオリティですが、今までで一番オオカミ写真を撮った気がするのでアップします。
といっても個体識別などは全くできておりません(判ってるよ)、あしからず…。

遠吠え姿も撮ったけど、檻(網)抜きで接写したら今イチだったので割愛。
そういえば、寝っころがりながら遠吠えするものなのですね。"生活感"とでもいえばいいのか。
ビジュアルはカッコよくないけど(余計なお世話)、シビれるように美しい啼き声でした。

くつろぎ中。

20130314_shinrinookami_03.jpg

可愛らしくもありますね…。

時間をおいて再度観に行ったら、皆してくつろぎ最中だったのですが、
他にギャラリーがいなかったせいなのか、やけに警戒されました。

20130314_shinrinookami_06.jpg

「………」(ぢーっ…)

それでもしばらくすると、おしくらまんじゅうっぽく遊んだり(多分)。

20130314_shinrinookami_07.jpg

こんな姿を目にすると、わんことどう違うのか判りません…。

ウソです、別にそうでなくても容姿の似たわんことは多分判別できません。
や、でもこの写真ならイヌでなくオオカミって判るか…。

20130314_shinrinookami_04.jpg

そういえば、飼育面積をさらに増やしてもう一つ群れを作る予定だそうですね。

絶滅危機のシンリンオオカミ 「新居」で子づくり支援 (東京新聞)

3月の訪問時には、ちょうど寝室用の獣舎が整備されてる最中でした。
ジャガー以外は、国内の飼育状況に疎いのですが(判るよ)、
この試みがよき結果に繋がるよう願っています。

べろぉ。

20130314_shinrinookami_05.jpg

長いマズルが映えます。

群馬サファリのオオカミの森、是非また訪問したいです。次はもっと時間をとって。
勿論群馬サファリといえば、バレンさん♂にお会いしたいのが一番ですけども…(^∀^;)ゞ

ただ、ワイルドキャッツワールドもオオカミの森も、ウォーキングサファリゾーンにあるのですが、
このゾーンはサファリコースの途中にあるため、クルマでしか行くことができません。

サファリバスツア-ですとウォーキングサファリゾーンの滞在時間は30分程度なので、
マイカーなりレンタカーなり自分でクルマ乗っていかない限り、じっくりと観覧は大変難しいです。
徒歩で行き来できる通路とか造ってもらえないものでしょうかね…(それこそ難しい)。

群馬サファリのワイルドキャッツワールド

群馬サファリのウォーキングサファリゾーンには、ネコ科動物がいっぱいいました(3/14訪問)。
写真は微妙な出来栄えが多いですが、ご紹介がてら上げていきたく思います(*^v^*)

アジアゴールデンキャットのモカさん♂。

20130314_asiagoldencat.jpg

彼、写真撮られるの好きじゃないそうです。
写真というか光りモノを向けられるのが好きではないそうで。
知らずに撮ってしまってごめんなさい(しかし撮ってしまったものは載せる)。

とゆうことはじろじろ視られるのも好きではないわけで(そんなの好きな動物いないだろ)、
彼の展示場は植栽多めで人目からも隠れやすくしているようです。
(なのでおのずと撮ってた枚数も2~3枚…ゆるして)

紹介パネルの写真が大変キュートでしたので、そちらも要チェックですね。

ピューマのピピさん♀。

20130314_puma.jpg

彼女もシャイな性格らしいです。
なのでイヤなら隠れられるようにと、寝室へのシュートが開いております。

こちらの皆さんがお住まいの獣舎、ハード的には正直オールドスタイル…な設備ですが、
それでも個体の性格に合わせてケアされていて、好感度大でございます(何様)。

シベリアオオヤマネコのルンルンさん♀。

20130314_shiberiaooyamaneko.jpg

麗しい…。おいくつなのかしら。
そういえば、王子の群馬さん♀はここ出身なのでしょうか。

以上のネコ科さん、動物種と個体紹介を兼ねた丁寧な掲示があって嬉しいのですが、
個体についてはお名前と性別だけなので、誕生日が載ってたらもっと嬉しいのですが。
誰よりバレンさん♂とか…、20歳越えとしか判らなかったものでして。

チーターベビ。
といっても昨年の11月生まれなので、赤ちゃんではなく子ども、でしょうか。
ブレたり柵抜きできなかったりで、上げるのはこの一枚のみ(´-ω-`)

20130314_cheetah.jpg

邪魔にならないようにのつもりでそろそろ~と近づいたら、
逆にママチーターに大変警戒されました。すみません。

チーター達の遊びは、じゃれ合うよりは追っかけっこがより多そうな印象を受けました。

ライオンのアリスさん♀のおなかを下から。

20130314_lion_01.jpg

なんともムラムラくるおなかですね。
つむじのようになっているのはひょっとしておヘソでしょうか。むらむら。

ライオン同様、ホワイトタイガーも下から覗ける仕掛けになってます。
なお、群馬サファリにはたくさんのホワイトタイガーがいるそうで、

そのうちの一頭、ソソノちゃん♀。姉妹のユファちゃん♀と一緒におりました。

20130314_whitetiger.jpg

個体紹介パネルによれば、ソソノちゃん♀はユファちゃん♀に何かと押され気味らしいですが、
じゃれ合ってる最中も確かにユファちゃん♀にやられておりました。
ユファちゃん♀は写真の出来の関係上、アップは控えております(´-ω-`)

ところで、群馬サファリへ行くのであれば、お会いしたいなーと思ってたお二方がいました。

まず、浜松市動物園出身のクロヒョウ、リリちゃん♀。
ナイさん♀とサリーさん♂のお嬢さんですね。残念ながらこの日は体調管理によりお会いできず…。
残念、しかしながら体調不良ではないことは伺えましたのでひと安心です。

それと、ユキヒョウのマイさん♀。今は東山のミュウちゃん…さん♀の姉妹。

20130314_yukihyou_01.jpg

わぁ~、おカオだちがそっくりですね!
ミュウさん♀の琥珀の瞳色とは違い、オーソドックスなユキヒョウのそれですが。
自分のいつものWB:日陰で紛らわしいですが(^∀^;)ゞ

なんとなく、マイさん♀の方がしぇくし~系に感じます。

マイさん♀のおなか。

20130314_yukihyou_04.jpg

モッファ~~。

20130314_yukihyou_02.jpg

ファーーーーー(*゚д゚*)

ヨシダさん♂。
動物園通い暦も浅く、ユキヒョウにも詳しくない自分ですが、お会いできて光栄です。

20130314_yukihyou_03.jpg

20歳を越えてらっしゃいますが、ななななんとゆうセクシーさ…!
どうぞこれからもお健やかに過ごしてほしいと思います。

以上、群馬サファリのウォーキングサファリより、ワイルドキャッツワールドでした。

群馬のバレンさん

3/13~14にかけての関東ジャガーツアー、3/14に群馬サファリに詣でてきました。

国内で飼育されているすべてのジャガーさんに会いたい!と思いたってちょうど一年、
年が明けてしまいましたが、群馬サファリが最後の園館になります(少なくともJAZA加入園館では)。

かねてよりお会いしたかった、バレンさん♂です。

20130314_valen_01.jpg

まるくてジャガー的イケメンです。

詳細までは判らずでしたが、二十歳以上とのこと。

20130314_valen_10.jpg

年齢を全く感じさせない、スリムで若々しいお姿です。

小柄ではありますが、眼光鋭い表情は貫禄たっぷりです。

20130314_valen_06.jpg

グランデさん♂にちょっぴり似てるよーな?彼のような強烈なまるまるさはないですが。
…ってどっちもほめてないようにきこえるけど、そんなことはありません(-∀-;)

気温の下がった日でしたが、午前中は日当たりもよく、ウトリ…。

20130314_valen_03.jpg

スヤァ…。よこから。

20130314_valen_05.jpg

お会いできてとても嬉しいです。

いつものように、通りがかった職員さんにお声かけしてお話伺いました。

バレンさん♂は、鹿児島の平川動物公園で昨年9月に亡くなったカレンさん♀のパパジャガーだそうです。
カレンさん♀が群馬サファリ出身なのは存じてましたが、お父様だったのですか!
お嬢さんに会えず仕舞いだったことも含めて、あらためてバレンさん♂にお会いできて嬉しいです。

バレンさん♂ご自身の出身園館やはっきりとした年齢は判らなかったのですが、
群馬サファリのバレンさん♂以外の個体のことやその血縁関係を知れて、大変よかったです。
他園のことも詳しかった職員さん、お忙しい中どうもありがとうございました。

展示場内に日陰が増えてくると、手前の日なたに避難するバレンさん♂。

20130314_valen_07.jpg

にゃんこ座り。

柵にゴリスリ。

20130314_valen_08.jpg

それでもカッコイイ。

うろうろ中。

20130314_valen_09.jpg

渋い、表情。

渋いといえば、バレンさん♂はジャガー柄も滋味豊かであります。

20130314_valen_04.jpg

帰りの新幹線で食べた、高崎だるま弁当(初めて食べたけど美味しかった…!)のように。

また、お会いできれば嬉しいです。

20130314_valen_02.jpg

(と思いつつ、他園ほど度々は行けないかと思うので、…網膜に焼きつけてきました)