熊本のネコ科長屋でお引越し

熊本市動植物園の大型ネコ科獣舎の一部が地震により損傷したため、
お住まいの皆さんが県外の動物園へお引越しすることになったそうです。

朝日新聞デジタルより、

「熊本のライオンやトラ、別の動物園へ 地震でおり損傷」

アムールトラのチャチャちゃんは北九州市の到津の森公園へ、
ウンピョウのジュールさんとイーナさんは福岡市動物園へ、
ライオンのサンさんは大分県の九州自然動物公園アフリカンサファリへ、
ユキヒョウのスピカさんは大牟田市動物園へ。

道路状況と動物達の体調次第ですが、
予定では22日から始めて24日頃までに完了とのことです。

チャチャちゃん。

20150809_amurtora_01.png

スピカさん。

20150809_yukihyou_01.png

ウンピョウさん達とサンさんはお会いしたことがないため写真はありませんが、
どうか、全員のお引越しがつつがなく終わりますように。

(2015/08/09撮影)

☆4/23追記!☆
本日、無事それぞれの動物園へのお引越しが済んだようです!

以下リンク先↓

朝日新聞デジタル 「熊本市動植物園のライオンやトラ、福岡と大分へ移送」

大牟田市動物園HPよりお知らせ 「熊本市動植物園からユキヒョウが緊急避難」

福岡市動物園HPよりお知らせ 「熊本市動植物園からウンピョウが到着しました」

到津の森公園HP「動物たちのおはなし公園だより」より 「無事に到着しました」

サンさんについては大分アフリカンサファリからの個別のお知らせはありませんが、
ちょうどここを更新している最中にTBS系『情報7days』という番組で取りあげられてました。
サンさんも無事に大分アフリカンサファリに到着したそうです。

仕事からの帰り道、Twitterのタイムラインを辿ってますと、
福岡県の3園からはTwitterやFacebookの各公式アカウント経由で、
大牟田→福岡→到津、の時系列で報告も届いていたようです。

どの動物園も到着して早々に報告してくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も、動物達も動物園に関わる皆様もどうか健在であってください、と願わずにいられません。
スポンサーサイト

最後に会った日のチャペさん

更新がこれまでで一番しばらくぶりになってしまいましたが…、

「国内最高齢クロジャガー死ぬ 熊本市動植物園」 (産経WEST)
「クロジャガー「チャペ」天国に 熊本市動植物園」 (熊本日日新聞)

熊本市動植物園の国内最高齢ジャガー、黒変種のチャペさんが6月27日に亡くなりました。

20150617_chape_03.png

自分が最後にチャペさんに会ったのはその10日前、6月17日です。
その時は8月にも九州行く予定だからまた会いに来よう、と思ったのですがかないませんでした。

Twitter経由で最近は午後展示らしいと伺っていたので、16日午後と17日午後に伺いました。

20150616_chape_02.png

20150616_chape_01.png

16日は終日寝室で過ごされたので、チャペさんのお顔をみることができたのは17日のみでした。
17日は今日も会えないかもしれないなぁと思いながら訪問したので、お会いできて本当によかったです。

16日も寝室との柵越しに時折ぴょこぴょこと動くチャペさんのシルエットがみえたので、お元気そうだなと。
15日は体調がすぐれなくて終日寝室、16日は午後放飼場への扉を開けるも自分で戻ったそうなのでやっぱり寝室。
だったそうです。17日はどしゃんこ降りだったけど雨自体はそんなに嫌いではないそうで、出てきてくれました!

17日のチャペさん。
水もしたたるいいチャペさんです。濡れた黒い毛並みはさらにつやっつや。

20150617_chape_02.png

よく歩いておられました。3日ぶりのお外を楽しんでらしたのかもしれません。
濡れたコンクリ床が嫌だったのかもしれないですが…。

時折、合計4回だったかな、後ろ肢がふんばりきれなくてずるりっとこけちゃう場面が観られました。
ハラハラしながらじっとり観てましたが、当のチャペさんは気にするそぶりもなくてくてく…。

何度かお水も飲んでました。

20150617_chape_01.png

要するに、いたっていつも通りなチャペさん。
確かに昨年10月にお会いした時よりさらに足腰が弱ってましたが、鋭い眼差しも健在でした。

この日はお天気にも恵まれずいつも以上に難攻不落の鉄柵で、撮れる気もせず無理して撮るつもりもなく、
でも今回の更新にあたって観返してみたら思っていたより撮影枚数がすくなくてさみしい…。
致し方ないんだけど。

後ろ肢がよろけてこけた姿をみて、自分が会いに来れるのは今回が最後かもしれない…、と思ったり、
いや足腰が少々悪くなっても他に芳しくないところでもなければこれからもお元気で過ごしてくれるはず、
と思い直したり、思考が行きつ戻りつしながらチャペさんを眺めてました。

でもこの訪問から10日後に亡くなるとは思わずというか思いたくはなかったし、
だけど、最後に会ったのが昨年10月ではなくほんの少し前であったのはよかったし、
だからといってもうお会いできないのがさみしくないわけがなく、行きつ戻りつしたままです。

この日一番お顔がよく映ってると思った一枚です。

20150617_chape_04.png

ヨダレたれてるけど…。
鋭い眼光、きりっと結ばれた口元はこれまでお会いした時と全く遜色ありません。

担当さんが毎日チャペさんに細やかなケアをされていたとありがたくも知ることができていたし、
腫瘍もなく完全な老衰だったそうで、やっぱり亡くなる直前までお元気だったのだと思うと何より喜ばしいです。
(これもまた熊本の職員さんのおかげで知ることができているわけで、本当にありがとうございます)

そしてなによりチャペさんが24年と5ヶ月半という長い間、
つやつやとした黒い毛並みと鋭い眼光を魅せてくれたことに感謝です。
チャペさん、どうもありがとうございました。おつかれさまでした。

年に2回も会えればいい方な自分には渋くてかっこいいチャペさんの印象がつよいけれど、
職員さんから伺えたエピソードや地元の来園者さんが撮影されたであろう動画などみてみますと
チャーミングさも持ちあわせておられたことがわかります。

来月上旬におそらく短時間の滞在ではありますが、手を合わせに行くつもりです。
大型ネコ科長屋、ユキヒョウのスピカさんもライオンのリボイさんもアムールトラのチャチャちゃんも
皆素敵だけど、チャペさんの姿がないあの並びはやっぱりさみしいですね…。

秋の日の撮れとれチャペさん

昨年10月の九州ジャガー遠征にて、24日は熊本市動植物園のチャペさんに会ってきたのでした。

20141024_chape_04.png

この時はジャガー舎の個体紹介掲示にはチャペさんの生年月日が1991年11月8日と記載されており、
2週間以上早いけどお誕生日祝いのつもりで九州遠征を組んだのでした。

が、チャペさんの生年月日は1991年1月8日だったらしく、現在の掲示では修正されているようです。
(その後まだ訪問できていないのでSNS経由で確認)

結果的にはかなり遅れた敬老の日祝いということになりました(^▽^;)
でも、長寿記録が一気に10ヶ月も更新されたわけで嬉しいです。

この時の訪問では担当さんはじめ職員さん達に大変よくしていただきました。
お忙しい中本当にありがとうございましたm(*^▽^*)m

ということで伺ったお話を織り交ぜつつ、続きを綴ってまいります。
おまけに季節と天候に恵まれたおかげか、チャペさん写真もいつもより撮れとれです(≧▽≦)♪

ぺろりんチャペさん。

20141024_chape_05.png

むあ~、チャーミングです!

ですが一瞬にして渋いチャペさんに戻ります。

20141024_chape_06.png

その眼光は鋭く。

ここですこし担当さんから伺ったお話を。

訪問した前週に、ツメきりをおこなったそうです。無事に済んでよかった!
麻酔を効かせた時も威嚇してきたとのことで、お会いした時も食欲もあるとのことで嬉しい限りです。
ちなみにチャペさんは牛レバーが好きなんだそうです(*^m^*)♪

そういえば先日天王寺で担当さんに、ココちゃんは絶対レバー食べないと伺いました。
すこし考えてみれば当然のことですが、やはり個体差があるんですねぇ。
そういったそれぞれの好き嫌いを知るとなんだか身近に感じられて嬉しくなります。

横を向けば、鋭い眼差しがさらにあらわに。

20141024_chape_07.png

頼もしいチャペさんではありますが、なんといっても国内最高齢ですから衰えがみられる部分もあるようです。
それでも担当さんの細やかなケアと、チャペさん自身の健やかさでもってこの冬も乗りきられました!
(例によってネット経由で確認) またすぐ暑くなってきますし、早く自分の目でもご健在を確かめたいです。

すっく。

20141024_chape_08.png

20141024_chape_09.png

20141024_chape_10.png

からのウロウロ。

チャペさんカッコいいなぁ。

カッコいいんですけど、この日はヨダレ写真も撮れてしまったのでこちらもアップします。
だって王子が誇るアトスどのは言わずもがな、日本平のアラシどののヨダレも激写してきたわたくしとしては、
そりゃあチャペさんの貫禄のヨダレをアップしないでおられずはずがありません。

どうでしょう、この存在感を強く主張する珠しずく。

20141024_chape_01.png

ゆれる。

20141024_chape_02.png

かのしなやかなる珠しずくはアクビごときでは振り落ちないのです。

20141024_chape_03.png

おふざけた内容でお写真が尽きてしまいましたが、
この時の訪問が今までで一番チャペさんのことを知ることが出来ました。
チャペさんと担当の皆さんのおかげですね…。あらためまして、ありがとうございます。

そしてお元気なチャペさんにまた会いに行けますように。

チャペさんの全国最高齢ニュース

9月10日付の朝日新聞(WEB版)のニュースをご紹介します!

『「全国最高齢」でも毛並みツヤツヤ 熊本のクロジャガー』

チャペさんがニュースに!
思わず浮かれてしまいます(*^ω^*)♪♪

写真のチャペ様がとても麗しく格好いい…(*´▽`*)♡
「黒光りする毛並みと鋭い眼光は健在で、ファンも多い。」
ファンが多いだなんて、当ったり前じゃあないですか(*^ω^*)!

夏場も食欲を落とさず、お食事はぺろりと召しあがっていたそうです。
よかった、安心しますね(*´▽`*)♪

馬肉と牛レバーが計約3kg…、と。ふむふむ。
キバと歯がすり減っているので、お肉は1.5cm程に切って与えている…、なるほど。

グランデさんが亡くなってから、チャペさんが現在存命のジャガーさん達の中で最高齢!
グランデさんの長寿記録(25歳10ヶ月)を更新してほしいと、担当さんのお言葉。

チャペさんは現在22歳10ヶ月。
まだまだこれからもお元気でいてくださることをこころから願っています。

ちょっぴり気になるのが、市民からは「敬老のお祝いを」との"声も寄せられている"、という一文。
熊本市動植物園の今年の敬老の日イベントはクロジャガーのチャペ様で決まりでしょう!
ぜひ、ぜひお祝いを!わたしも行きたい!出勤日なので行けませんが…(´Д`;)

その代わり、お誕生日ちょうどは無理でも近い時期に会いに行けたらなぁと思っております。
(いつもの行く行く詐欺にならないようにしましょう…)

それでは、4月22日にお会いした時のチャペさんです。

20140422_chape_01.jpg

いつもながら鋭い目元とへの字の口元が格好いい~!

かと思えば、

20140422_chape_03.jpg

可愛らしさもあります(*´▽`*)

前回(2013年5月)よりすこしお痩せになったようでしたが、その分足取りが軽快だったと記憶しています。
これもまた担当さん達による日々のお食事の細やかなケアの賜物なのだと思います。

…それにしてもジャガーさん記事の更新遅れはご法度、
または今後は訪問時にメモ帳を持っていくようにしようと思います。
気づくのが我ながら遅いけれども。

(追記)!
仕事の帰り道、唐突に思い出しましたが、メモとってました。

・すこし給餌量を減らしてスリムアップ、おかげで跛行が収まってる。
・最近は整腸剤もなし。
・ただし予定より痩せてしまっているので引き続き注視。

…ひとつしか覚えてませんでしたね…。

この日のベストショット。

20140422_chape_02.jpg

身体のフォルムも確認できつつ、お顔が柵の間にちゃんと収まっています!
四肢とシッポは細めなのですが、胴体がどっしりしているのがチャペさんの特徴です。
やっぱり格好いいですね、チャペさんは…。(うっとりしている)

次回お会いできることを楽しみに日々を送ります…。

熊本の猛獣舎の美女たち

5/22に訪問した熊本市動植物園より猛獣舎の美女お二人を。

ユキヒョウのスピカさん♀。

20130522_yukihyou_01.jpg

(この日撮った中で一番コワいげに写ってたショット)

5月は既に暑く、猛獣舎の皆さんもへれへれしておりました…。

20130522_yukihyou_02.jpg

(ちょっと盆踊り感あるけど…)

スピカさん♀起きました。

20130522_yukihyou_03.jpg

野性味がある彼女の表情はいつお会いしても魅力的です。

今年、日本平動物園よりお引越ししてきたアムールトラのチャチャちゃん♀。

20130522_amurtora_01.jpg

お昼過ぎまで長らくお昼寝してましたが、
その後目を覚まして美しいお顔をみせてくれました。

20130522_amurtora_02.jpg

お元気そうで嬉しいです。

20130522_amurtora_03.jpg

日本平でお会いした時よりぐっとお姉さんになってますかなぁ~(*-∀-*)

以上、心眼で鉄柵を消し去る気持ちでお送りしました。

熊本の親仔ともぐもぐタイム_草食編

タイトルのまんまです。
5/22に訪問した熊本市動植物園より(また3ヶ月前…^^;)。
これまでで一番時間をとって滞在できたおかげで、いろんな皆さんを観られました♪

シフゾウのメイママとチョッパー君♂。3月生まれ。

20130522_shifuzou_01.jpg

放飼場に出る時間が限られているせいかメイママは換毛が遅れておりました。

「チョッパー」というお名前は、かの有名漫画のキャラクターからですね。
トナカイ人間?でしたっけ。ですね(Wiki)。

ヒョウもジャガーも「チーター」と呼ばれてる時と同じひっかかりを感じるお名前ですが…、
「シカでもウマでもロバでもウシでもない(諸説あるようですが園内掲示に沿って)」シフゾウなので、
「トナカイでもヒトでもないキャラクター」にちなむのもあながち外れてはいない気もします。

…まわりくどいけど!とても!

ごはん(またはおやつ)をもらっています。

20130522_shifuzou_02.jpg

独特のいかつさと愛らしさがあるお顔だちですねぇ(*´д`*)

パパシフゾウはアップするには残念な写真の出来栄えだったのでまた今度撮れたらいいなと。
形だけみると抜群とゆうわけでもないけど、お顔だちにマッチした立派で美しいツノをお持ちです。
(あくまで自分内基準^^;)

ひきつづいてマサイキリンのランチタイムより。

多分、ランさん♀かと。

20130522_masaikirin_01.jpg

乗っかった葉っぱがおシャレ(*^ε^*)
この後豪快に、右に見切れてる葉っぱの束にアタマつっこんでもしゃってました。

リキ君♂。多分。

20130522_masaikirin_02.jpg

なんかしぇくし~ショットだな…。

続いてアフリカゾウお二人のランチタイム。

エリさん♀のもっしゃもっしゃ。

20130522_africazou_01.jpg

前肢で器用に押さえて枝を立ててますね。

マリーさん♀。

20130522_africazou_02.jpg

なんかこちらもしぇくし~ショット。そしてゴキゲンそうです。
キバの先端が近づきすぎて輪っかのようになってますが、器用にハナを出し入れしてました。

マリーさん♀の足元にはまだ枝が残っていて、エリさん♀がやってきました。

20130522_africazou_03.jpg

仲のいいお二方です。

カバのモモコさん♀。
午後になって活発な姿を観られました。

20130522_kaba.jpg

切り株にかぶりついたり、水から上がって歩き回ったりと
アクティブな彼女が観られて嬉しいです。

グラントシマウマの親仔。

20130522_grantshimauma_01.jpg

2月生まれのヒトミちゃん♀とミヤコママ。

可愛いヒトミちゃん♀!そして慈愛に満ちたミヤコママの眼差し…。

20130522_grantshimauma_02.jpg

この2枚がこの日のベストショットとなりました。
…まあ、たまたま撮れただけなんですけど!

2013年5月のチャペさんより

5/22に訪問した熊本市動植物園より、チャペさん♂です(*^ε^*)

20130522_chape_01.jpg

相変わらずりりしい表情、つややかな黒い毛並。
相変わらず、鉄壁を誇る獣舎の柵。

今回もまた、お会いできて嬉しいです。

20130522_chape_02.jpg

ところで、この時実はチャペさん♂、ツメがとても伸びており、
特に後ろ肢では肉球にささってるのもあり、終始舐めたりして気にしてる様子でした(≧д≦)

傷のみためもいかにも痛そうで、大変気がかりだったのですが、
幸い職員さんに、近いうち処置する予定があると伺えました。
寒いうちは麻酔のリスクが高いため、気温が高くなってからの実施予定だったとか。

その際は、6月中には実施予定とのことでしたが、後日職員さんと
ツイッターのフォロワーさんにも、無事ツメきり完了したとのお知らせをいただけました。
自分が訪問した翌週なので、予定よりだいぶ早く済んだということですね。よかった!

ここで書いても…ではありますが、改めてお二人にお礼を述べたいと思います。
お知らせくださって、どうもありがとうございました。

20130522_chape_03.jpg

そしてチャペさん♂、当初より早い時期に無事に処置が済んで、本当によかったです。
ああ、お元気そうに闊歩するチャペさん♂に会いたいなぁ…(*´д`*)
この夏もどうか無事に乗りきってほしいです。

ところで。
熊本市動植物園のショップには、園内の動物達のお写真が貼ってあるのですが、
ライオンのセボシさん♂など、鉄壁猛獣舎の皆さんが柵なしで拝めます。

チャペさん♂のお写真もありまして、勿!論!カメラに収めましたとも。

これ…、ポストカードにしていただけませんかねぇ…、是非…。
ぼんやりした格子模様のないチャペさん♂のお写真が欲しいのです。

あっ別にポストカードでなくても、B2のポスターでも全然ウェルカムです(*゚∀゚*)=3

熊本のこんぬつは&お蔵だし

9/20に訪問した熊本市動植物園でお会いした皆さんの記事。
…といいつつ、あまりお写真は撮れていません。園内滞在時間も短かったので…(3時間)。
4月に訪問した時に記事にしないままだった写真がいくつかあるので合わせて載せてしまいます(^∀^;)ゞ

ユキヒョウのスピカさん♀。2005年5月多摩動物公園生まれ。

20120920_yukihyou_01.jpg

東山に移動したミュウちゃん♀(年齢的には"さん"づけなのだけど語呂がよくないので)も、
王子にきてくれたユッコちゃん♀も、(タイプは違うけど)超々可愛いor美人さんだと思うのですが、
わたくしは今までお会いしたことある牝ユキヒョウさんでは、スピカさん♀が一番好みであります…。

と、ゆうようなことを4月訪問の際に思ったけど、先月もやっぱりそう思いました。
スピカさん♀のことは中々お部屋に帰らないらしい…、くらいしか存じないのですが。

スヤァ中。

20120920_yukihyou_02.jpg

↓は4月に撮ったスピカさん♀です。

20120417_yukihyou.jpg

(好きな理由として単にお顔だちが好みとゆう辺りが申し訳ない感^^;)

引き続き、4月に撮りましたマサイキリンのお二人。

20120417_masaikirin_01.jpg

20120417_masaikirin_02.jpg

20120417_masaikirin_03.jpg

20120417_masaikirin_04.jpg

シンクロナイズドキリン。

ところで、熊本にはウォークインバードケージはありませんが、美しい鳥さんが揃ってます。

ムネアカカンムリバト。オウギバトと違ってアタマの羽の先には房?はついてません。

20120920_muneakakanmuribato.jpg

あ、房じゃなくてあの一枚一枚が扇に該当するようですね。アタマ全体で扇かと思ってた(^∀^;)ゞ
ムネアカカンムリバトはオウギバトに較べると一見地味目ですが、扇がない代わりに
ほわほわと広がった冠羽も一味違って素敵です。ちなみにオウギバトも同居しています。

キンミノバト。ロン毛の下に輝く羽毛。

20120920_kinminobato.jpg

アタマの辺りは抑えられた色味で、でも長い点で形状には特徴があって、
しかも下から派手派手しいのが覗いてる…、キンミノバトも達人コーディネート感です。

最後にカバのモモコさん♀。1997年6月とべ動物園生まれ。4月に撮影。

20120417_kaba.jpg

この写真、これまで自分で撮った中では一番のお気に入りです。
(ジャガーじゃないのかよってゆう)

先月も撮ったのだけど、全く同じポーズで、しかもくもりだったせいか、
4月ほど綺麗には撮れなかったので、こっちを載せます。

熊本のカバ舎は水に浸かってる姿が観覧しやすいです。
モモコさん♀のこの姿、いつお会いしてもとても気持ちよさそうにみえて
(実際は判らないけど)、彼女もとりわけぐっとくるカバさんだったりします…。

熊本市動植物園ではカバの多頭飼育計画があるんでしたっけ。

カバを群れで飼育・展示、熊本市動植物園が計画 (YOMIURI ONLINE)

そらぁー観たい!(*゚∀゚)=3

(しかしそれと同様、いや以上に猛獣舎の改修があるのかどうかも大変気になっており…)
(そういえばウマグマのコジロウ君♂が体調管理のためお会いできなかったけど、お元気でしょうか)

次の訪問はもうちょっとゆっくり滞在したいですね(´∀`;)

チャペさん撮れたぁああ

9/19~21にかけての九州ジャガーツアーより。
9/20には熊本市動植物園を訪問して、チャペさん♂に会ってきました。

前晩に鹿児島のカレンさん♀の訃報を知り、早めに熊本発→鹿児島入りすることに変更したのと、
夜更かしによる遅起きで熊本での園内滞在時間が3時間ほどになりましたが…、チャペさん♂は撮れましたよ!

うわーい、おひさし(といっても5ヶ月)ぶりですチャペさん♂!

20120920_chape_01.jpg

いやまだ鉄柵ありますけどさ!
4月に訪問した時のなんかよく判らん黒い写真に較べたら!

後方のテラスに上がってくれると、柵が縦のみになってだいぶましになるのです。
前回訪問時は一切テラスには上がらなかったのですが、季節的なものでしょうか?

20120920_chape_02.jpg

チャペさん♂は下唇がせりだしてて口元が独特だよなーと思ったら、しゃくれ気味ってことなのか。
でも彼は黒いので、かえってそれもカッコよさのアクセントになってる気がします。

普段クロジャガー(とゆうかローラちゃん♀)はなるべく青ではなく茶色っぽく撮りたいので、
ホワイトバランスを日陰に設定してますが、チャペさん♂に関してはその必要はないかもしれない…。

もうだいぶお歳ですけど、毛並みの艶やかさは、ずっと年下のアラシどの♂やローラちゃん♀に
全然負けてないとゆうかひょっとするとチャペさんの方が綺麗?と思うくらい、美しいです。

光の反射とか施設の構造によるのかもしれませんが、
よく観ると浮かんでみえるジャガー柄がごくごく濃い茶色ではなく、白っぽく浮かんでて綺麗でした。
…と書いてて思ったけど、白髪ってことじゃないよな。

ごろりん。

20120920_chape_03.jpg

お歳なのでよくおやすみになられてます。時々身体を起こされます。

ぢろりん。

20120920_chape_04.jpg

目つきもイカつい系なのは否定はしません。

あくび~!

20120920_chape_05.jpg

キバはないのですが、おくちのなかは綺麗です。ベロの右側はどうしたんでしょうね。

きりり。

20120920_chape_07.jpg

なんとなく、4月にお会いした時よりおじいちゃんになった気がしますが…。
半年近く経っているのだからそれも当然かもしれません、…いや単に写真の腕が悪いだけでは。
来月で21歳になります。長生きしてください。
(2015/04/28追記:既にこの時は21歳9ヶ月)

最後に、この日のお気に入り写真。
チャペさん♂の"べー"。

20120920_chape_06.jpg

今回もお会いできて、とても嬉しゅうございました~!
そしてお写真撮らせてくれて、ありがとうございました!

チャペさんの昔話

新しい話題では全然ない、というか相当古いのですが、
チャペさん♂の若かりし頃の貴重な文献をみつけたのでクリッピング。

『野毛山Zooっといい話(ジャガー)』 (横浜市従業員労働組合HPより)

親と子の間柄というのは、ジャガーもヒトも実はあんま変わらんのやなという気がしました。
人間の場合は決闘こそしませんが、父親と息子ってこういう部分あると思います。オスの宿命というか。
母と娘も同じく…。仲良し母娘、結構いてそうな現代日本。…なんか妙な感想になってますが…。

自分の感想より、初出時期が気になります。
"市従新聞で連載されたコラム"とあるので、90年代前半と思いますが。
日付も判ればなお嬉しいんですが…(そこまで調べる気力は所詮ない^^;)。

そして注目すべきは産児制限の記載。
以前、京都市動物園で担当の飼育員さんに伺ったお話のウラがとれて、すこしすっきりしました。
…昔はもっとたくさんの動物園にジャガーさんがいたのですよね~、ハァ~(*´д`*)

とゆうわけで先日撮りましたチャペさん♂をアップ。

20120417_chape_05.jpg

ベロが豪快にハナほじポジションです。

一方、ハンドサムなチャペさん♂(*´∀`*)

20120417_chape_06.jpg

今回の記事を読んで、チャペさん♂とオジャガさん♀のお母様、ダイアナさん♀でググってたら、
ちょっと涙がでそうになってしまいました。チャペさん♂、オジャガさん♀、これからも長生きしてほしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。