ぞうの国でのこんにちは

市原ぞうの国では、いろんな動物が飼育されています。
もちろん草食さんもいるし、ジャガ丸さん♂はじめ、トラやライオンなど猛獣もお住まいです。

でもカバさんもいるとは思わなかったのです、おお…。こんにちは!

20130213_kaba.jpg

ゾウとふれあい動物など一部を除いて個体名掲示はありませんので、お名前と性別は判らず…。

ゴマフアザラシさんも。お名前と性別は上に同じ。

20130213_gomafuazarashi.jpg

個人的にはゾウさん以外も個体名掲示があれば嬉しいのですが、
ゾウさん達の来歴は、クローズした園館やサーカスから引き取られたりなどさまざまで、
良心を感じました。他の皆さんも同様なんだろうと思っています。

勉強不足なだけで、公立の動物園でもそういった個体は多いものなのでしょうか。
掲示がないだけできっと皆大事にされてるんだろうなぁ…、と園内を歩きながら思いました。

ヤギベビー!

20130213_yagi_01.jpg

ママと。

20130213_yagi_02.jpg

おおきく育つんだよ~。

さて、13~15日にかけて予期せぬ3連休シフトがでましたので、遠出してきます!
先だつものは来月と再来月辺りの自分から前借りですが、来月は連休申請してないのでできるうちに。

ぞうの国のゾウさんショー

2/13に訪問した市原ぞうの国より、ゾウさん達のショーです。
市原ぞうの国といえばゾウ!ゾウだぞう!

ぞうの国への到着時刻がお昼を回ってましたので、午後のショーを観覧しました。
この時のショーではゆめ花ちゃん♀を含め、5頭のゾウさんが演技を披露してくれました。

自分の陣取った観覧席からはみえなかったけど、ショーの前にゾウさん達が
一列に並んで獣舎からステージに移動してくる姿はさぞ観応えがあるだろうと思います。

ゆめ花ちゃん♀。

20130213_ajiazou_01.jpg

5歳ともなるもさすがに身体も立派です。
前足をクロスさせて高い声をだすご挨拶が大変キュートでした~。

それにしても…、いちごのワンポイントがついたリボンの耳飾りが可愛い。
園内にある彼女の写真には、ひとつとして同じ耳飾りがなくて、衣装持ちのお嬢様みたいです。
そんなとこばっかみてて申し訳ないけど、どれもこれも可愛いおリボンなんですよ。

そしてこの耳飾りはどうやって着けてるんでしょう…。

大人の皆さん。

20130213_ajiazou_02.jpg

(個体識別はごめんなさい)

早速、ショーの開始です。

20130213_ajiazou_03.jpg

ところで市原ぞうの国は今年で25周年だそうです。
個人経営でこれだけの期間継続するのは並大抵ではないだろうなと思います。

いろんな芸をみせてくれます。

ハナで子どもを持ちあげる。

20130213_ajiazou_04.jpg

ゾウさん達が楽しそうな表情で芸をこなしてる姿が印象的です。
観てる時は感心してばかりでしたけど、今見返すとチビッコうらやましーですね!

ヒトまたぎあるき。

20130213_ajiazou_05.jpg

やけに間をとったりして小ワザがきいておるのです…。

ダンシングエレファンツ。

20130213_ajiazou_06.jpg

写真では判りませんが、動作もなかなかリズミカルです。
楽器を演奏したり(タンバリンとか打楽器系)、観てて楽しいです。

台座に上がります。トレーナーさんも立ちあがる。

20130213_ajiazou_07.jpg

お座り。

20130213_ajiazou_08.jpg

台座に立った後お座りってなかなか高度なことをしてるのでは…?
(全くの素人感想)

ゆめ花ちゃん♀のフラフープ回し。

20130213_ajiazou_09.jpg

5つ回せます!(写真は4つ)

エンディング。

20130213_ajiazou_10.jpg

他にも載せてない芸もあり、皆さん本当にいろいろな技をみせてくれるのでした。
そしてゆめ花ちゃん♀はじめ、ゾウさん達が楽しそうに芸を披露してたのが、何より印象深かったです。

ショーが終わった後は、引き続きゾウさんの背中に乗るイベントをしてました(有料/予約制)。
売店にはゾウのオブジェがあったり、ゾウモチーフの雑貨も販売されていて、眺めるだけでも楽しいです。

とゆうわけで市原ぞうの国といえばやっぱり、ぞうなんだゾウ!

市原のジャガ丸さんにお別れ

2/13に市原ぞうの国へ行ってきましたので再掲します。

市原ぞうの国公式ブログ 「ジャガーの『ジャガ丸』亡くなりました。」


2013年2月9日 老衰にて亡くなる(推定23歳)

ブログ記事のお写真、ジャガー的なまるいお顔だち、表情も確かに愛嬌があります。
とても長生きだったのですね~。どちらからいらしたのでしょう…。

存命の間に会いに行かずに何がメモリアルだろうか、とは思ってます。

でも、たまたま横浜行くぞぬっふーん!って思ってた時期に、お知らせが届いたのですもの。
再訪の機会があるズーラシアへ行くより、ぞうの国でお花供えたいって思ったのだもの。
残り香くらいは間に合うんじゃないかと思って。

ジャガ丸さん♂のおうちです。

20130213_jagamaru_01.jpg

行ってみて判ったことですが、ぞうの国では、
ゾウ(とふれあいのイヌなど一部)以外は、個体紹介は出してないんですね。

ジャガ丸さん♂のところは、種名掲示もはや外されておりました。
訃報掲示もなかったので献花するという雰囲気ではなく…、

20130213_jagamaru_02.jpg

でもどうせ自己満足のための訪問であるし、おいてきた(ドヤァ)
園的には迷惑だっただろうな~、と思いますが。

でもこれは、よしあしではなく、ぞうの国のスタンスなのだろうと(勝手に)思ってます。
「ゾウは個、他は種」として展示をしてると感じましたが、それゆえの措置だと。

残り香。

20130213_jagamaru_03.jpg

ジャガ丸さん♂、長い間おつかれさまでした。どうぞ安らかに。

…ウワアアーーーン、ものぐさして会いに行かなくてごめんなさぁあああい。゚(゚´Д`゚)゚。