マンドリルベビーin到津の森

到津の森公園マンドリルファミリー紹介看板。

20130823_mandrill_01.jpg

個体紹介部分拡大版。クリックしたらかろうじて文章が読めます。

20130823_mandrill_02.jpg

掲示には4頭のみですが、8/18に赤ちゃんが誕生したのですよね~!
おめでとうございます(*゚∀゚*)!女の子だそうです。

公式HPのニュースはこちら→ 「マンドリルの赤ちゃんが誕生しました!!」

公式ブログには仔マンドリちゃん(この呼び方でいいものか)の成長日記も載ってます。
すくすくと大きくなってるようで、まこと喜ばしゅうございます♪

気づけばまるっと2ヶ月後で今更感が漂いますが、
8/23、生後5日目のベビちゃんにお会いできたのでアップしますよ!

マママンドリのココさんがお食事中です。
担当さんが檻越しに直接果物を渡していきます。

20130823_mandrill_03.jpg

判りにくいですが、仔マンドリちゃんがしっかりと抱かれております…。

仔マンドリちゃんのアップ。

20130823_mandrill_08.jpg

なんと愛らしい…!

お顔、ニンゲンと同じような肌の色をしてますね。
でもマンドリルのあの頬のシワはあるんだな~。面白い。

マンドリルに限らず、おサルの仲間には生まれた時は親と全く別の色合いの種がいますが、
不思議ですねぇ。日に日に変わりゆく様子も気になります…。ほぼ毎日通えばいいのか。

20130823_mandrill_07.jpg

視界に入る全てのものに興味しんしん!という感じ(*^o^*)

続いて、ファミリーの皆さんもご紹介します。
お父ちゃんのマンタロウどの♂。

20130823_mandrill_06.jpg

ポーズ決めてくれてありがとうございます、貫禄タップリです(*^ε^*)
マンタロウどの♂はおっとりした性格だそうで、赤ちゃんと同居ができるパパマンドリです。

アンばあちゃんもドリー叔母ちゃんも仔マンドリちゃんが気になる様子。

20130823_mandrill_09.jpg

おのずと仔マンドリちゃんの周りに集まる女子達。

アタマの毛を梳いてもらってる?仔マンドリちゃん。

20130823_mandrill_05.jpg

仔マンドリちゃん、気持ちよさそうな安心してるような表情にもみえます。
ココママの顔は見切れてるものの、慈愛に満ちた佇まいであります。

なんと優しい表情を浮かべていることか。

20130823_mandrill_04.jpg

ところで、ちょうど飼育担当さん達が食事を与えている最中にマンドリル舎に着いたおかげで、
そのまま長らく担当さんにお話伺いまして、大変貴重なお時間を過ごさせていただきました。
いつもの、ここで言っても…、ではありますが、ありがとうございました!

待望のベビー誕生ということで担当さんが本当に喜ばれてて、
それがまたこちらまでハッピーな気分になりました。

仔マンドリちゃん、お名前が決まるのが楽しみです(*^o^*)

到津の森のおサルさん達

ちぼちぼと更新を重ねております8/23の到津の森公園、今回はおサル編です。

ところで到津での写真を見返すと、どの動物もまんべんなく撮ってました。
多分、種ごとの設備の落差が少なかったということだと思われます。
素晴らしい(*-∀-*)

特におサルさん達は、狭い獣舎の動物園が多い(と思ってる)ので、
それがゆったりとしてる施設は嬉しいです(*^o^*)

到津ではキツネザルの仲間も充実してましたが、
今回はこちら、クロキツネザルのお二方をアップします。

20130823_kurokitsunezaru_00.jpg

クロキツネザルはそれぞれ、メスが褐色、オスが真っ黒の体毛だそうです。

ニーニャさん♀と、

20130823_kurokitsunezaru_03.jpg

(プリティー!)

ジジさん♂。

20130823_kurokitsunezaru_02.jpg

(なんかおっちゃんくさいカット)

お二人ともお洒落なお名前だけど、出身はどちらなのかしら。

仲もよさそう(*-∀-*)

20130823_kurokitsunezaru_01.jpg

黒いお顔に柿色?の瞳がひときわ目をひきます。
またお会いしたいな~。

続いて、ニホンザルの皆さん。

20130823_nihonzaru_01.jpg

ボスザルのブーさん♂が亡くなったばかりで、献花台が設置してありました。
それによる群れの変化…といったことは観察力不足の自分では判りませんでしたが、

毛づくろいちう。

20130823_nihonzaru_02.jpg

ごはん中。

20130823_nihonzaru_03.jpg

…とこのように、皆さん活発でした。
そしてなかなかに麗しくもあり。

ニホンザルのサル山にキューン!とくる動物園に外れなし!
という個人的で勝手な思い込みがありますσ(^_^;)
(しかしながら、そもそもニホンザルを展示してる施設がそう多くありません)

お食事で続きまして、チンパンジーの皆さん。

20130823_chimpanzee_01.jpg

なんちゃってすりガラスのぼんやり写真(わたし悪くないみたいな言い方)ですが、
なんだかとっても絵になる位置でオレンジを食べてました。

20130823_chimpanzee_02.jpg

皮もしゃむしゃむ。

こちらは既にお食事が済んでるようです。

20130823_chimpamzee_03.jpg

この、穏やかで満ち足りた表情。

個人的には↑の一枚で、到津の森公園がいかに素敵な動物園か判ると思ってるのです。
まーもちろん満腹補正はかかってますが(*-∀-*)

到津の森のカラフルバード達

8/23に訪問した到津の森公園の続きです。
今回は鳥スペシャル(という程ではない)だよ!
初めてお会いした種もいくつかあって、楽しかったです。

入口にバードケージがありますが、そこで早速。

20130823_mugiwaratoki.jpg

ムギワラトキ。オーストラリアにお棲まいよ。
黒い部分はよく観ると、濃ゆいレインボーカラーです。好みだ!

他にも気になる種がありましたが写真が今イチだったので、割愛。
機会をみつけて再訪問したいです。

これまた大好き、オウギバトさん。

20130823_ougibato_01.jpg

相変わらず、色も形もたまらなくグッときます♪

ところでオウギバトは初めてではないですが…、到津の注目はこちら!

20130823_ougibato_00.jpg

かわいい!目をひく!判りやすい!
…とまあ三拍子揃った、種と個体の紹介掲示。

このような手作り感満載の紹介掲示が殆ど全ての種にあるのです。
あまりに可愛らしくて、掲示物も撮りまくってしまいました(*^∀^*)

引き続いて、ゴシキセイガイインコさん。

20130823_goshikisegaiinko_01.jpg

写真は今イチですけど…、あまりにカラフルなので。

紹介掲示はこちら。

20130823_goshikiseigaiinko_00.jpg

到津の看板群が工夫されてると思うのは、褪色や破損が目立たないデザインと仕上げ方。
ぱっとみの可愛らしさや手作りっぽさによる温かみ以上に実用的だと思います。
勝手に思ってるだけではありますが。

さらに続いて、スミレコンゴウインコのカブさん♂。

20130823_sumirekongouinko_01.jpg

なんとあざやかで濃ゆいあお色!

カイカイ。

20130823_sumirekongouinko_02.jpg

京阪神の動物園では会えないので、新鮮に感じてしまうだけかもしれませんが、
すこしだけ濃い黄色がアクセントにはいってるところも、とても好みです。

それから、この日はワライカワセミのガイドに居合わせることができました。

おやつのマウスとともに。そして体重計に乗っています。

20130823_waraikawasemi_02.jpg

おやつをあげる時に体重計へ誘導して、体重チェックもします。
こうした日々のケアの積み重ねが飼育動物達の健康の元なのですねぇ。

別のコですが、マウスを呑み込んだ瞬間。

20130823_waraikawasemi_01.jpg

瞬膜がでるのですね。

マウスは丸呑みにされますが、毛や小骨は消化せずに吐き出されるんだそうです。

20130823_waraikawasemi_00.jpg

もっと毛玉っぽいそうですが、この時は前日から朝方にかけての大雨で濡れてしまい、
泥のかたまりっぽくみえてます。手前にあるいくつかの小枝のようなのが小骨です。

この毛玉は名前があるんですけど、どうしても思い出せない、ごめんなさい。
また到津へ出かけてガイドを聴けということかもしれません(^∀^;)ゞ

看板を含めると、到津の森公園の写真は結構多かったので、またぼちぼち続きます。

(追記!)
コメントやツイッターでもリプいただきまして判明しました。
毛玉はペリット、またはペレットでした。
ご教示くださった皆様、ありがとうございます!

アレですよね、配合飼料と同じ名称。
形状が似てるからそう名づけたのかしら??

(さらに追記!)
当初、ワライカワセミがくわえているのを"ラット"と書いておりましたが、
大きさからすると、"マウス"ではないかとのことで、修正しています。

ラット:クマネズミ属。身近な種だとドブネズミとか。
マウス:ハツカネズミ属。

なお、ペレットについても、ご教示いただきました。
一般的には小さい固まりを示す、のだそうです(さしあたってのWikiさん)。
なるほど、吐き出した毛玉も配合飼料も確かに小さい固まりですね!

個人的には、"ペレット"ときくと、
わんぱーくこうちのグラントシマウマ君を思い出してしまうのですよねぇ。
ペレットが大好きだから、ペレットさん♂というお名前なのです。

えええ(^∀^;) そういう由来…好みの名づけ方ではありますけど…。
ズーラシアのダッシュ君♂が"ケイトー(鶏頭)"って名づいてるようなものでは(^∀^;)?
(そうだけど違います)

到津の森の魅惑の大型ネコ達

8/23に訪問した到津の森公園
大変、素敵な動物園でした(*^∀^*)♪

どこがどう素敵だったかはおいおい記すとして、今日は、
アムールトラのミライちゃん♀とライオンのキングさん♂をご紹介します。

まずは、ミライちゃん♀。
2011/04/04、広島の安佐動物公園生まれ。

20130823_amurtora_01.jpg

ネットで小耳に挟まってくる情報としてはとてもやんちゃだそうですが、
チャーミングなお顔だちと、そして確かに活発でお元気なお嬢さんでした。

ほどなくして、ブイ遊びを始めました。

20130823_amurtora_02.jpg

時々目線くれます。
見慣れない奴がまじまじ眺めちゃってごめんなさいね。

ブイ遊びと水浴びを同時にこなす。

20130823_amurtora_03.jpg

20130823_amurtora_04.jpg

まだまだお色気前の、あどけない顔つきがなんとも可愛らしい…。

気持ちよさそう。

20130823_amurtora_05.jpg

これからがますます楽しみな、そんなお嬢さんです(*-∀-*)

それにしても、位置が変わる度に視線貰ってたような気がします。
認識されてもらえるのは嬉しいけど、イコール歓迎されてるわけではないのがなんとも(-∀-;)

続いて、ライオンのキングさん♂。

20130823_lion_01.jpg

……イケメンだ!イケメンがいる!三三(*゚∀゚)==33

…やっぱりイケメンだ!

20130823_lion_02.jpg

…と鼻息荒くしながらシャッターを切ってました。

しかし、さもありなん。
キングさん♂は、旭山動物園のスーパーイケメン獅子、ライラさん♂の息子さんでした。

ライラさん♂、自分も画像検索で知るのみでありますが…、
ジャガーでいうとキコさん♀くらい美形だと思います。凄い美形です。

キングさん♂は2001/07/25生まれ。
同じく旭山出身で今は東山動植物園のサンさん♂と誕生日が同じなので、きっと兄弟ですよね。

そして去年のサンさん♂に引き続いて、キングさん♂もパパライオンになったそうです。
おめでとうございます!奥さんのライさん♀との間に、5月8日に息子さんが生まれました。

20130823_lion_03.jpg

つい先日、"チャチャ丸"君♂とお名前も決まりました。
元気にすくすく育ってください♪そしてさぞや美ライオン♂に育つことでしょう…(*-∀-*)

さて、キングさん♂は出会い頭に上の2枚を撮らせていただいた後は、
終始奥の方で佇まれてたのであまりお写真は撮れず…。

20130823_lion_04.jpg

「キャ~イケメンさんこっち向いて~!」と念を送ってたら、

20130823_lion_05.jpg

視線をいただけました♪(ご満悦)

到津の森公園の記事は、またのんびりアップを続けていきます。