熊本の親仔ともぐもぐタイム_草食編

タイトルのまんまです。
5/22に訪問した熊本市動植物園より(また3ヶ月前…^^;)。
これまでで一番時間をとって滞在できたおかげで、いろんな皆さんを観られました♪

シフゾウのメイママとチョッパー君♂。3月生まれ。

20130522_shifuzou_01.jpg

放飼場に出る時間が限られているせいかメイママは換毛が遅れておりました。

「チョッパー」というお名前は、かの有名漫画のキャラクターからですね。
トナカイ人間?でしたっけ。ですね(Wiki)。

ヒョウもジャガーも「チーター」と呼ばれてる時と同じひっかかりを感じるお名前ですが…、
「シカでもウマでもロバでもウシでもない(諸説あるようですが園内掲示に沿って)」シフゾウなので、
「トナカイでもヒトでもないキャラクター」にちなむのもあながち外れてはいない気もします。

…まわりくどいけど!とても!

ごはん(またはおやつ)をもらっています。

20130522_shifuzou_02.jpg

独特のいかつさと愛らしさがあるお顔だちですねぇ(*´д`*)

パパシフゾウはアップするには残念な写真の出来栄えだったのでまた今度撮れたらいいなと。
形だけみると抜群とゆうわけでもないけど、お顔だちにマッチした立派で美しいツノをお持ちです。
(あくまで自分内基準^^;)

ひきつづいてマサイキリンのランチタイムより。

多分、ランさん♀かと。

20130522_masaikirin_01.jpg

乗っかった葉っぱがおシャレ(*^ε^*)
この後豪快に、右に見切れてる葉っぱの束にアタマつっこんでもしゃってました。

リキ君♂。多分。

20130522_masaikirin_02.jpg

なんかしぇくし~ショットだな…。

続いてアフリカゾウお二人のランチタイム。

エリさん♀のもっしゃもっしゃ。

20130522_africazou_01.jpg

前肢で器用に押さえて枝を立ててますね。

マリーさん♀。

20130522_africazou_02.jpg

なんかこちらもしぇくし~ショット。そしてゴキゲンそうです。
キバの先端が近づきすぎて輪っかのようになってますが、器用にハナを出し入れしてました。

マリーさん♀の足元にはまだ枝が残っていて、エリさん♀がやってきました。

20130522_africazou_03.jpg

仲のいいお二方です。

カバのモモコさん♀。
午後になって活発な姿を観られました。

20130522_kaba.jpg

切り株にかぶりついたり、水から上がって歩き回ったりと
アクティブな彼女が観られて嬉しいです。

グラントシマウマの親仔。

20130522_grantshimauma_01.jpg

2月生まれのヒトミちゃん♀とミヤコママ。

可愛いヒトミちゃん♀!そして慈愛に満ちたミヤコママの眼差し…。

20130522_grantshimauma_02.jpg

この2枚がこの日のベストショットとなりました。
…まあ、たまたま撮れただけなんですけど!

王子のサポーターズデイ2013_バックヤードツアー+α

2/17の王子動物園サポーターズデイより。
(円形猛獣舎しかまだレポートしておりませんでした^^;)
かなりざっくりです、死滅した脳細胞は戻ってこないのよ…。

前半は、王子動物園の一年の出来事を振り返った講話。
今回は春夏秋冬にわけて、出来事や、動物たちの誕生・来園・訃報について説明がありました。

季節ごとにわけた構成は判りやすくかつ楽しかったのと、
特に訃報については取りこぼしなく(多分)伺えたことはありがたく思いました。

講話の後のバックヤードツアー、自分の班は、
キリン舎→ホッキョクグマ舎→小ザル舎→円形猛獣舎、でした。
サポーターズデイとは別の日に撮った写真も交えて軽く覚え書きたいと思います。

キリン舎ではマサイキリンのミライさん♀にカシの葉っぱを食べてもらいました。

20130217_masaikirin_01.jpg

この時はツアー参加者がカシの小枝を差し出す順番待ち、という感じで全体的な解説はなく、
個々人で職員さんに質問をしていたと思います。自分も直接いろいろ訊きはしましたが、
せっかくのバックヤードツアーなのでそこだけちょっぴり残念でした(正直もの)。

サポーターズデイの1ヶ月前(1/18)、雪のチラつく平日にお客さんが少なかったおかげで、
通りがかったキリン舎でカシの葉あげができたので、その時の写真も合わせて載せます。

左がミライさん♀、右がシゲジロウさん♂。

20130118_masaikirin_01.jpg

この時はシゲジロウさん♂がいらっしゃったのです。亡くなる1週間ほど前でした。
シゲジロウさん♂は元々小柄だったけど、来園時に較べれば身体がすこし大きくなってきてるから
繁殖も期待したい、というお話を伺ったばかりだったのですが…。どうか安らかに。

いろんな飼育種が今後、国内で観覧できなくなる可能性が高い日本の動物園。
一般の訪問客でも何かできることがあればいいのですが。

同じく1/18より。
カシの葉をいくらか直接あげた後、キリンテラスにカシの枝を吊り下げます。

20130118_masaikirin_02.jpg

よい食べっぷりでした。

順番は前後しますが、小ザル舎の記事を先に。

フサオマキザルさん。

20130217_fusaomakizaru.jpg

フサオマキザルの全頭検診をしたところ、
オスだと思われていた多くの仔ザルちゃんがメスだと判明したのだとか。
人工哺育で1頭だけ別の展示場だったアロちゃん♀!も。

おかげで家系図もつくられて、展示場前に掲示されております。(別の日に撮影)

20130309_fusaomakizaru.jpg

あと個人的に印象に残ったのは、写真が今イチで載せてはいませんが、
お隣同士のブラッザグエノンとワオキツネザルは仲がよくないんだそうです。
解説中、ちょっとだけこぜりあってました。

それと、小ザル舎は今後改修予定があるそうです。嬉しい~(*^∀^*)
王子動物園は、敷地は大きくなくても縦に空間を使ったりコスパのよい改修をしてくれる
イメージがあるので、おサルさん達の新しいおうちを楽しみにしています(*゚∀゚*)

去年のサポーターズデイの話題ででていた、ゾウシャワーとホッキョクグマの降雪機も、
今年の講話で完成後のズゼさん♀やアイスさん♂の様子が写真や動画つきでがあったので、
来年は小ザル舎の報告が楽しみです!って1年じゃ終わらないかなアハハ…(´∀`;)

最後にホッキョクグマ舎の紹介。

バックヤードに入ってアイスさん♂のお食事姿を観覧しました。

20130217_hokkyokuguma_01.jpg

メニューは肉、魚、野菜、果物…と、さまざまです。

20130217_hokkyokuguma_02.jpg

それにしても一重の鉄柵のみを挟んで間近にみるホッキョクグマの大きいこと…!
そしてクマ舎の寝室でかぐ独特の香り、これはホッキョクグマも同じでした。
こういった感想を持てるのは、バックヤードツアーのありがたみです。

ところで、アイスさん♂、漢方薬飲んでるんだそうです。

20130217_hokkyokuguma_03.jpg

食事にまぶして与えます。

実はアイスさん♂は2年ほど前に体調を崩したことがあったとかで
(今はお元気ですが、伺った当時の症状は本当に心配になるものでした)、
漢方薬を飲むようになって回復して、それからずっと飲み続けてるそうです。

「私も飲んでます!(シロクマ・男・22歳)」
とゆう雑誌広告の愛飲者の声が浮かんでしまいました…。

ちなみにみゆきさん♀は飲んでません。

ホッキョクグマ舎のバックヤード内も撮ってみました。

20130217_hokkyokuguma_04.jpg

手前の檻がアイスさん♂の寝室で、奥にみゆきさん♀の寝室です。
アイスさん♂寝室の水飲み台には水道がついてないのだそうで、
斜めにぶらさげたチューブから飲み水がでております…。

写真では判りにくいかもしれませんが、みゆきさん♀の寝室の奥は産室となってます。
そこも入らせていただけました。真っ暗なので写真はありませんが。
入ってみるとコの字型になってます。

最後に、先日撮りましたアイスさん♂とみゆきさん♀のツーショット。

20130318_hokkyokuguma.jpg

季節柄いつもより仲よしみたいです。

…以上、遅くなったけどやっと記事にできました。
来年のサポーターズデイも楽しみです♪
(抽選当たりますように)

(ごく一部を)かけめぐる日本平

2/14に訪問した日本平動物園では、
9時半~16時まで滞在して、8割5分くらいはジャガー舎前にいました。

ジャガー遠征(日帰りはしてたけど)は久しぶりで
もんのすっっごく、ジャガーさん眺めてたかったので後悔はしてません。

それでも会えた皆さんはいい感じのお姿を観れたように思ったり…。
とゆうことで日本平の皆さんです。

マサイキリンのナナスケ君♂。

20130214_masaikirin.jpg

通りがかる度に視線をくれて可愛らしい&嬉しかったですが、おさみしいのでしょうかね…。

徘徊する猛獣館299より。

アムールトラのナナさん♀。

20130214_amurtora_01.jpg

お美しい…。

ベロ。

20130214_amurtora_02.jpg

耳の方向が非対称なのと同じくらい、いやそれ以上にベロ顔が好きです(*´v`*)

ライオンのお二人。

20130214_lion_01.jpg

ヘコってたりしてたけど、マッチさん♀は少々うっとおしそうな印象も受けました。
あと、キングさん♂、ちょっと足指の辺りをケガしたのか血痕が地面と岩についてました。
お大事に…。

マッチさん♀。

20130214_lion_02.jpg

カワ美人すぎますよな、彼女…。

ピューマのエリザベスさん♀。

20130214_puma_01.jpg

視線いただけた。

同じくリンカーンさん♂。

20130214_puma_02.jpg

こちらも。

エサやりイベントでは、ピューマのお肉食べ姿は全然観てないのです、
職員さんからしたらかなり気ィ悪いよなと思いつつも…。

イベント直後のキコさん♀とアラシどの♂の動きが気になりましたもので…。
おかげで滞在時間中に唯一、座って毛づくろいしてるアラシどの♂を観れましたゆえ、
これでよかったのです。

それでもこの日は、ピューマ夫妻の擬岩ジャンプ姿を
何回か観れたのでなかなかラッキーだったと思います。

写真を載せるのは初めてですが、日本平ではフライングメガドーム(バードケージ)が好きです。
特にペリカンの皆さんがチャバババーと泳いだり飛んだりしてる姿にテンションがあがります。

ブロンズトキさん。

20130214_bronzetoki.jpg

いいポーズ。日光浴でしょうか?好きな色合いです。ナベコウさんを思い出します。

次の訪問ではもう少し、まんべんなく周りたいと思います。
(といいつつ、ジャガー舎に張りつきな気もしますが)

熊本のこんぬつは&お蔵だし

9/20に訪問した熊本市動植物園でお会いした皆さんの記事。
…といいつつ、あまりお写真は撮れていません。園内滞在時間も短かったので…(3時間)。
4月に訪問した時に記事にしないままだった写真がいくつかあるので合わせて載せてしまいます(^∀^;)ゞ

ユキヒョウのスピカさん♀。2005年5月多摩動物公園生まれ。

20120920_yukihyou_01.jpg

東山に移動したミュウちゃん♀(年齢的には"さん"づけなのだけど語呂がよくないので)も、
王子にきてくれたユッコちゃん♀も、(タイプは違うけど)超々可愛いor美人さんだと思うのですが、
わたくしは今までお会いしたことある牝ユキヒョウさんでは、スピカさん♀が一番好みであります…。

と、ゆうようなことを4月訪問の際に思ったけど、先月もやっぱりそう思いました。
スピカさん♀のことは中々お部屋に帰らないらしい…、くらいしか存じないのですが。

スヤァ中。

20120920_yukihyou_02.jpg

↓は4月に撮ったスピカさん♀です。

20120417_yukihyou.jpg

(好きな理由として単にお顔だちが好みとゆう辺りが申し訳ない感^^;)

引き続き、4月に撮りましたマサイキリンのお二人。

20120417_masaikirin_01.jpg

20120417_masaikirin_02.jpg

20120417_masaikirin_03.jpg

20120417_masaikirin_04.jpg

シンクロナイズドキリン。

ところで、熊本にはウォークインバードケージはありませんが、美しい鳥さんが揃ってます。

ムネアカカンムリバト。オウギバトと違ってアタマの羽の先には房?はついてません。

20120920_muneakakanmuribato.jpg

あ、房じゃなくてあの一枚一枚が扇に該当するようですね。アタマ全体で扇かと思ってた(^∀^;)ゞ
ムネアカカンムリバトはオウギバトに較べると一見地味目ですが、扇がない代わりに
ほわほわと広がった冠羽も一味違って素敵です。ちなみにオウギバトも同居しています。

キンミノバト。ロン毛の下に輝く羽毛。

20120920_kinminobato.jpg

アタマの辺りは抑えられた色味で、でも長い点で形状には特徴があって、
しかも下から派手派手しいのが覗いてる…、キンミノバトも達人コーディネート感です。

最後にカバのモモコさん♀。1997年6月とべ動物園生まれ。4月に撮影。

20120417_kaba.jpg

この写真、これまで自分で撮った中では一番のお気に入りです。
(ジャガーじゃないのかよってゆう)

先月も撮ったのだけど、全く同じポーズで、しかもくもりだったせいか、
4月ほど綺麗には撮れなかったので、こっちを載せます。

熊本のカバ舎は水に浸かってる姿が観覧しやすいです。
モモコさん♀のこの姿、いつお会いしてもとても気持ちよさそうにみえて
(実際は判らないけど)、彼女もとりわけぐっとくるカバさんだったりします…。

熊本市動植物園ではカバの多頭飼育計画があるんでしたっけ。

カバを群れで飼育・展示、熊本市動植物園が計画 (YOMIURI ONLINE)

そらぁー観たい!(*゚∀゚)=3

(しかしそれと同様、いや以上に猛獣舎の改修があるのかどうかも大変気になっており…)
(そういえばウマグマのコジロウ君♂が体調管理のためお会いできなかったけど、お元気でしょうか)

次の訪問はもうちょっとゆっくり滞在したいですね(´∀`;)