到津の森のおサルさん達

ちぼちぼと更新を重ねております8/23の到津の森公園、今回はおサル編です。

ところで到津での写真を見返すと、どの動物もまんべんなく撮ってました。
多分、種ごとの設備の落差が少なかったということだと思われます。
素晴らしい(*-∀-*)

特におサルさん達は、狭い獣舎の動物園が多い(と思ってる)ので、
それがゆったりとしてる施設は嬉しいです(*^o^*)

到津ではキツネザルの仲間も充実してましたが、
今回はこちら、クロキツネザルのお二方をアップします。

20130823_kurokitsunezaru_00.jpg

クロキツネザルはそれぞれ、メスが褐色、オスが真っ黒の体毛だそうです。

ニーニャさん♀と、

20130823_kurokitsunezaru_03.jpg

(プリティー!)

ジジさん♂。

20130823_kurokitsunezaru_02.jpg

(なんかおっちゃんくさいカット)

お二人ともお洒落なお名前だけど、出身はどちらなのかしら。

仲もよさそう(*-∀-*)

20130823_kurokitsunezaru_01.jpg

黒いお顔に柿色?の瞳がひときわ目をひきます。
またお会いしたいな~。

続いて、ニホンザルの皆さん。

20130823_nihonzaru_01.jpg

ボスザルのブーさん♂が亡くなったばかりで、献花台が設置してありました。
それによる群れの変化…といったことは観察力不足の自分では判りませんでしたが、

毛づくろいちう。

20130823_nihonzaru_02.jpg

ごはん中。

20130823_nihonzaru_03.jpg

…とこのように、皆さん活発でした。
そしてなかなかに麗しくもあり。

ニホンザルのサル山にキューン!とくる動物園に外れなし!
という個人的で勝手な思い込みがありますσ(^_^;)
(しかしながら、そもそもニホンザルを展示してる施設がそう多くありません)

お食事で続きまして、チンパンジーの皆さん。

20130823_chimpanzee_01.jpg

なんちゃってすりガラスのぼんやり写真(わたし悪くないみたいな言い方)ですが、
なんだかとっても絵になる位置でオレンジを食べてました。

20130823_chimpanzee_02.jpg

皮もしゃむしゃむ。

こちらは既にお食事が済んでるようです。

20130823_chimpamzee_03.jpg

この、穏やかで満ち足りた表情。

個人的には↑の一枚で、到津の森公園がいかに素敵な動物園か判ると思ってるのです。
まーもちろん満腹補正はかかってますが(*-∀-*)
スポンサーサイト

ズーラシアのとっておき

9/7のよこはま動物園ズーラシアより。綺麗なニホンザルの皆さんです。

毛づくろい中。

20120907_nihonzaru_01.jpg

プリチー。

20120907_nihonzaru_02.jpg

(な表情)

ビューティホー。

20120907_nihonzaru_03.jpg

(な毛並み)

どのコも毛がふわふわで綺麗だったのに感心とときめきでした。
心なしかお顔だちも美形にみえるのですが…、いかがでしょうか。

360度観覧可能なサル山ではなくて、対面式だったのも新鮮でした。そしてそこがよかったです。
どこからでも観れる、ではなくこちらからは観れない場所があるというのも際立つ一因かもしれません。

遠征だと余計、その施設でしか観られない種に重点をおいて周りがちですが、
比較的身近な動物を目にしてまた新たに感想をもてる、というのは重要なポイントだと思います。
そういった意味で、ズーラシアのイチオシ(あくまで個人的)はニホンザルだったのでした。

あと、一番の思い出といったら、飼育じゃないヘビに遭いました。

20120907_shimahebi.jpg

ゾーン移動中に、つったかつったか歩いてたら遭遇しました。
一瞬ビビりましたが(^∀^;)、ズーラシアは敷地は広いし、ロケーションも山がちだし、
いるかヘビくらい…、と思いました。

帰宅してから検索してみたところ、シマヘビという、割とよくいる種類のようです。
眼が赤いのと、縞模様が綺麗ですね。でも咬まれたら消毒要、だそうです。

ズーラシア、いろいろと楽しかったなぁ(*^∀^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。