群馬サファリのワイルドキャッツワールド

群馬サファリのウォーキングサファリゾーンには、ネコ科動物がいっぱいいました(3/14訪問)。
写真は微妙な出来栄えが多いですが、ご紹介がてら上げていきたく思います(*^v^*)

アジアゴールデンキャットのモカさん♂。

20130314_asiagoldencat.jpg

彼、写真撮られるの好きじゃないそうです。
写真というか光りモノを向けられるのが好きではないそうで。
知らずに撮ってしまってごめんなさい(しかし撮ってしまったものは載せる)。

とゆうことはじろじろ視られるのも好きではないわけで(そんなの好きな動物いないだろ)、
彼の展示場は植栽多めで人目からも隠れやすくしているようです。
(なのでおのずと撮ってた枚数も2~3枚…ゆるして)

紹介パネルの写真が大変キュートでしたので、そちらも要チェックですね。

ピューマのピピさん♀。

20130314_puma.jpg

彼女もシャイな性格らしいです。
なのでイヤなら隠れられるようにと、寝室へのシュートが開いております。

こちらの皆さんがお住まいの獣舎、ハード的には正直オールドスタイル…な設備ですが、
それでも個体の性格に合わせてケアされていて、好感度大でございます(何様)。

シベリアオオヤマネコのルンルンさん♀。

20130314_shiberiaooyamaneko.jpg

麗しい…。おいくつなのかしら。
そういえば、王子の群馬さん♀はここ出身なのでしょうか。

以上のネコ科さん、動物種と個体紹介を兼ねた丁寧な掲示があって嬉しいのですが、
個体についてはお名前と性別だけなので、誕生日が載ってたらもっと嬉しいのですが。
誰よりバレンさん♂とか…、20歳越えとしか判らなかったものでして。

チーターベビ。
といっても昨年の11月生まれなので、赤ちゃんではなく子ども、でしょうか。
ブレたり柵抜きできなかったりで、上げるのはこの一枚のみ(´-ω-`)

20130314_cheetah.jpg

邪魔にならないようにのつもりでそろそろ~と近づいたら、
逆にママチーターに大変警戒されました。すみません。

チーター達の遊びは、じゃれ合うよりは追っかけっこがより多そうな印象を受けました。

ライオンのアリスさん♀のおなかを下から。

20130314_lion_01.jpg

なんともムラムラくるおなかですね。
つむじのようになっているのはひょっとしておヘソでしょうか。むらむら。

ライオン同様、ホワイトタイガーも下から覗ける仕掛けになってます。
なお、群馬サファリにはたくさんのホワイトタイガーがいるそうで、

そのうちの一頭、ソソノちゃん♀。姉妹のユファちゃん♀と一緒におりました。

20130314_whitetiger.jpg

個体紹介パネルによれば、ソソノちゃん♀はユファちゃん♀に何かと押され気味らしいですが、
じゃれ合ってる最中も確かにユファちゃん♀にやられておりました。
ユファちゃん♀は写真の出来の関係上、アップは控えております(´-ω-`)

ところで、群馬サファリへ行くのであれば、お会いしたいなーと思ってたお二方がいました。

まず、浜松市動物園出身のクロヒョウ、リリちゃん♀。
ナイさん♀とサリーさん♂のお嬢さんですね。残念ながらこの日は体調管理によりお会いできず…。
残念、しかしながら体調不良ではないことは伺えましたのでひと安心です。

それと、ユキヒョウのマイさん♀。今は東山のミュウちゃん…さん♀の姉妹。

20130314_yukihyou_01.jpg

わぁ~、おカオだちがそっくりですね!
ミュウさん♀の琥珀の瞳色とは違い、オーソドックスなユキヒョウのそれですが。
自分のいつものWB:日陰で紛らわしいですが(^∀^;)ゞ

なんとなく、マイさん♀の方がしぇくし~系に感じます。

マイさん♀のおなか。

20130314_yukihyou_04.jpg

モッファ~~。

20130314_yukihyou_02.jpg

ファーーーーー(*゚д゚*)

ヨシダさん♂。
動物園通い暦も浅く、ユキヒョウにも詳しくない自分ですが、お会いできて光栄です。

20130314_yukihyou_03.jpg

20歳を越えてらっしゃいますが、ななななんとゆうセクシーさ…!
どうぞこれからもお健やかに過ごしてほしいと思います。

以上、群馬サファリのウォーキングサファリより、ワイルドキャッツワールドでした。
スポンサーサイト

バスと徒歩でサファリワールド

前回に続いて、11/16に訪問したアドベンチャーワールドより、サファリワールドです。
スペシャルバスとウォーキングサファリでのべ2時間弱、とても楽しみましたが、
記事は相変わらず覚え書きレベルで写真も絞り込んでるので、読む楽しさは殆どありません…。

先にスペシャルバスに乗り、その後昼食をとってから、ウォーキングサファリを周りました。

20121116_specialbus.jpg

スペシャルバスは肉食獣のバックヤード見学をしたくて申し込みました。左側のパンダ型バスです。

写真は先にウォーキングサファリから載せてまいります。

まずはチーター

20121116_cheetah.jpg

目線いただけました。夕方の収容時、チーターの場合は、
車で追い込まなくても職員さんが直接手を叩いて誘導できるんだとか。

ゴールデンターキン

20121116_goldentakin.jpg

関西でも会えて嬉しい!毛色が本当にゴールデンですね(*´∀`*)

ちょうどフィーディングタイムだったので、ミナミシロサイにおやつを食べてもらいました。

20121116_shirosai.jpg

開いたクチが四角くて妙に感心しました。そしてそれが可愛い…。
中から覗いたベロが緑色でした。草に染まってるのかしら、元々は何色なんでしょう。

ウォーキングサファリは、メインの道路が広々としていて、歩くこと自体も楽しかったです。
出来が今ひとつなのもありアップはしてませんが、かなりテンション高く写真もたくさん撮りました。

前後しまして、スペシャルバスから撮った写真です。

最初は草食獣ゾーンで、ふれあいもできる…とのことで、キリンテラスで途中下車。
アミメキリンにおやつを無料であげられます。

20121116_amimrkirin.jpg

運転手兼ガイドさんにペレットを受け取って、手のひらに直接乗せて食べてもらいます。
とゆうことで手も直接舐められます…、なんともラッキー感がありました。

バスの中からライオンをばしゃり。

20121116_lion_01.jpg

暖かったこの日、牡ライオンの殆どはスヤァスヤァしていました…。

牝の皆さん(*´v`*)

20121116_lion_02.jpg

オスとメスは、弱い電流を流した電線でエリアを仕切られています。
ライオンは繁殖力が強いので、一緒にしてるとあっとゆう間に増えてしまうんだそうです。

ヨーロッパヒグマ。やっぱりヒグマが一番好きですねぇ…(*´v`*)

20121116_europehiguma_01.jpg

何となくカーリィな毛並がヨーロッパっぽいです(アタマの悪い感想)。

ここからは再び途中下車してバックヤードのワイルドアニマルロッヂ見学です。

20121116_europehiguma_02.jpg

ヨーロッパヒグマの女の子(だったと思う^^;)。まだ若いのか小さめで可愛らしかったです。

さらに奥の建物に進み、ライオンの獣舎です。たくさんいてましてですね…。
仲のいい同士でグループに分かれていて、仲の悪いライオン達を同時に出すと闘争してしまうとのこと。
放飼場に出てるグループと獣舎で控えてるグループとで、出勤日と休日のようなものですかね。

寝室がずらーっと並んでいて各個室はさほど広くはないのですが、2頭でルームシェアしてるのも。
たくさんいるのでライオンの匂いがかぐわしかった(*^~^*)

寝てる個体が多かったのですが、起きてた若獅子君をばしゃり。

20121116_lion_03.jpg

「意外とこの子達は檻、好きです。」というガイドさんの一言が印象的でした。
生まれた時に檻の中なので、落ち着く環境なのかもしれませんねぇ…。

バックヤードを後にして、さらにコースを進みますと、アムールトラゾーン。

20121116_amurtora.jpg

この方は国内でもかなりのご長寿だったかと。こちらも目線いただけました。

再び草食獣ゾーンになり、バスは終了です。
生ガイドも聴けるし、平日で空いてたおかげで座席反対側の動物もよく観れましたv(^∀^)v
オプション料金分の元は十分取れたような気がする…(いやらしー)。

とゆうことで、サファリワールドも堪能してきました(*^∀^*)

ダイジェスト姫セン

11/2に、職場の同期と姫路セントラルパークへ行ってまいりました。
動物園通いのハナシをしてましたら、誰かにお誘いを受けることもでてきて嬉しいです。
しかも一人ではなかなか行かないであろうサファリパーク!まっことありがたい!

かなりダイジェストで写真をあげてまいります~。
いっぱい撮ったんですけどね…、近隣の動物園は訪問の機会も多く持てるので、
かえってブログにアップする枚数がすくなかったりします(´∀`;)ゞ
(覚え書きですからして)

ドライブサファリより、ライオン女子。

20121102_lion.jpg

ププ~。肢乗っけてる。気持ちよさそうです。足上げるのは血行にもよいものね。

第一フライングケージより、カササギサイチョウ

20121102_kasasagisaichou.jpg

フライングケージは鳥だけでなく、コモンリスザルやワオキツネザル、カピバラもいて、
えらく楽しかったのですが、鳥の中ではサイチョウが一番気になる存在でした。

第二フライングケージより、ケープペンギン

20121102_capepenguin.jpg

見慣れたフンボルトペンギンとちょっと違うということだけ判りました(低レベル)。
帰宅後にパンフ確認して(同行者が姫センに慣れてたので滞在中に開く必要がなかった^^;)、
ケープペンギンと知りました。背中がより黒くて綺麗ですね。あとアタマのモヒカン感。

ウォーキングサファリにいたチーター

20121102_cheetah.jpg

起きてたんですが、目をつぶった表情が可愛かったのでこっちをアップ。

なんとか撮れてたうろうろ中のホワイトタイガー、ハクオウさん♂。

20121102_whitetiger.jpg

次の機会があったらもっと撮りたいですね。奥さんのハルカさん♀も。

あと、お会いするのが楽しみだったのが、やっぱりホワイトライオン
鬣の皆さんは奥側にいてたのでお写真撮れずでしたが、牝ライオン達は間近で会えました。
確かに真っ白ではないけど、ごくごく淡い瞳の色も体毛も神秘的に美し~(@∀@)

たぶん、フローさん♀…?手前にいたもう1頭(多分ペイジさん♀)より立場が上な感じ。

20121102_whitelion_01.jpg

多分ペイジさん♀。

20121102_whitelion_02.jpg

エサやりタイムでおやつにありつけなくてゴロゴロしてた時。

ずっと奥にいてあっち側を向いていた多分ヤヤさん♀はお写真撮れず。
…とまあ、個体識別はできなかったんですけども、次の機会には張りついてたいですね。

最後に、お初の姫センで最も印象深かったのがトイレ看板。

20121102_himesenwc.jpg

かわおもろい(*´∀`*)

サファリバスからもがっつり眺めたし写真もたくさん撮ったし、
エサやりも100円玉たくさん注ぎこんでしまったし、終日滞在で堪能しました。
誘ってくれた同期に感謝です。

ハナのおタマツアー大型ネコ編

9/6に訪問した多摩動物公園より大型ネコ科ダイジェストです。
ライオンもそうだったんですが、多摩は殆ど有名人を観に行ったノリでした。

なぜなら多摩がホームグラウンドで素敵な写真をいっぱい撮られているブログさんが沢山あるから!
見分けはつかないながらも、ユキヒョウアムールトラチーターも、個体名は概ね知ってるみたいな。
とゆうことでそれも楽しみに詣でてきました。…しかしやっぱり見分けはつかないのでした(´∀`;)

自分が画像だけでも個体識別可能なのは、ジャガーさんだけです(^∀^;)

それでは出会った順で!

まずはチーター
この時出ていたのはキキョウママ♀の子どもさん達です。

20120906_cheetah_01.jpg

追っかけっこしたりしてて、観てて楽しかったです。
写真は予想通りピンボケでしたけど(^∀^;)

そしてわたくし、サファリパークには未だ行ったことがなく、人生初チーター
顔はネコなんだけど、首から下はどちらかというとオオカミみたいで不思議な感じもしました。
チーターのお顔だちは垂れ目なので、肉食獣とはいえ優しそうにみえますね。

木にも登ってました。

20120906_cheetah_02.jpg

絵になりますな…。
樹上が似合うといえば一番にヒョウが思い浮かびますが(ジャガーは泳ぎ姿の方がより好き)、
チーターのモデル体型は一段と映えるのですね。でもやっぱり疾駆姿が一番かしら(*´v`*)?

スミレママ♀と子どもさん達(うち一頭フレームアウトしてるんですが^^;)。

20120906_cheetah_03.jpg

左側はちょっとエグザイル感。

キングチーターのナデシコちゃん♀もいますが、「おお、これがあのキングチーター!」などと、
おそらく、普段動物園行かない人が上野動物園で初めてパンダ観た時のような気分でした。

それにしてもアタマだけ起こしたチーターは独特の可愛らしさがありますね。
薄めの身体に垂れ目のネコ顔だけでてる…ちょっと面白くてとても可愛い(*´∀`*)

チーターって、知名度の割には実際には見たことないヒトが比較的多い大型ネコ科だと思いますが
(多摩以外の公立動物園にはいないし)、実物をみたらやっぱり人気者だろうな~、と思ったのでした。

続いて、アムールトラ♀。
多摩では、シズカママ♀と娘のアイちゃん♀とマオちゃん♀の3頭が暮らしています。

20120906_amurtora_01.jpg

写真観返しても誰が誰か判らないですね…。
観てる最中は必死で(ただし極めておぼろげに)見分けようとして眺めたんですが(^∀^;)

20120906_amurtora_02.jpg

お昼間に2頭が小競り合いをしてて、片方はマオちゃん♀だと思うのですが…、
その時後ろを向いてて顔は判らなかったけど、シズカママ♀かな??…と、
とにかく眺めるだけは眺めてきたのでした(´∀`;)

それと。
9/10に浜松市動物園のアムールトラ、ビクトルさん♂が亡くなられましたね…。
ビクトルさん♂は、シズカさん♀のパパ、アイちゃん♀・マオちゃん♀のお祖父様にあたります。

自分が実際にビクトルさん♂にお会いしたのは浜松での2度のみでしたが、
関西在住の身としては、京阪神で会うオストラの全てのパパであり、とても大きな存在でした。
寒くなる前に浜松は再訪問したいので、その時にまたビクトルさん♂のこと書ければいいなと思います。
つつしんで、どうぞやすらかに。

そして、多摩のユキヒョウさん達です。
こちらはミミちゃん♀かミルチャちゃん♀のどっちかだと思うんですが~。

あ~んグッ

20120906_yukihyou_01.jpg

(びぃーん)

20120906_yukihyou_02.jpg

カワオモロい、たまらん(*´∀`*)

マユママ♀と、スカイ君♂でしょうか。

20120906_yukihyou_03.jpg

しかしながら、9/14にマユさん♀も事故で急逝されました。
つつしんで、ご冥福をお祈りします。

肉入りの氷を女子の皆さん(多分)で並んでご賞味している図。

20120906_yukihyou_04.jpg

最初はスカイ君♂(多分)が独占してて、
それをアサヒちゃん♀とエナちゃん♀(多分)も雪豹視眈々と狙ってました。

今回の訪問ではお会いできなかった、牡のユキヒョウさん達にも会えたらいいなと思いました。

…以上、さらっと流しましたが(でも書くの時間かかった^^;)、
普段はパソコンモニタからみてる皆さんを直に観ることができて興奮しました。
映画のロケ地に行ったような気分になりました。楽しかったです(*^皿^*)

あっもしよければ、個体名お判りの方、教えていただければ幸いです。
「このコは誰々だよ!」とイラっとされたらよろしければ…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。