サチさんの一周忌

浜松市動物園で2012年10月23日まで暮らしていた、サチさん♀です。
(2012/06/12撮影)

20120612_sachi_10.jpg

今日は、彼女の一周忌です。
(亡くなったことは公表されておりませんが)

去年の12月、約1ヶ月半ほど遅れて訃報を知ったため、
献花は彼女のお誕生日がある3月に伺いました。

それから7ヶ月半ほど。
だいぶ前のような、そんな前でもないような。

いつもではないけど、時々、
ああそうだった、サチさん♀にはもう会えないのだったと
思い出し、自分なりにさみしい気持ちになるのでした。

20120612_sachi_11.jpg

献花の際、大変気持ちのこもった対応をしていただきましたので、
今後は言うまい、って7か月半前は思ったんですが。

彼女が亡くなってからの一年間、浜ZOOをネットで知れる程度に眺めてますと、
チリチリチリチリ、することがままあります。なので書きます。

献花台といわず祭壇ぐらいのを設けてくれてもウェルカムな自分としては、
しかるべき時に、一枚、お知らせを出してくれてさえいれば、
未だにこう、ちょくちょくチリッと感じることは…多分あるだろうけど、
度合いはマシだったのではないかと思います。

ですから本音のところ、ことあるごとに割と、

(°Д°)三°д°)、、

くらいに思ってるとこあるけど、カンベンしてほしい。
悼み方が多分にネガティブかもしれないけど、ええじゃないか。

だって本当は、去年の今時分に、
地元の常連さんとか遠方からのマニアさんとか、
いろんな来園者に、サチさん♀は悼まれて欲しかったのだから!

20120612_sachi_12.jpg

どんな事情がある(あった)にせよ、
その機会をないがしろにしたこと、そしてそのままであることについて、
誰が悪いわけではないけど、"浜松市動物園"は悪い、と思ってる。
これが本心なのです。

でも、浜松市動物園が嫌いだとか憎いといったことでは勿論なく、
今でも自分にとっては、好きだし訪問が楽しみな動物園であります。

それはそれ、これはこれ、なのです。よくも悪くも。

最後に。

サチさん♀。
あなたのこと、忘れてません。
またお会いしたいと、いつもこころのどこかでおもっております。
スポンサーサイト

サチさんのお誕生日とともに3月を送る

20130307_sachi_01.jpg

3/5に浜松市動物園を訪問したのは、昨年の10/23に亡くなったサチさん♀に、
お誕生日祝い(ひなまつり生まれ♪)も兼ねた献花をするためでした。

今月で二十歳だったのです。あらためて、おめでとうございますサチさん♀ヽ(*´∀`*)ノ!

サチさん♀のお宝ピンナップとともに、去りゆく3月を送ることにします…。
あと1時間もありまへんが。

(翌日追記)
上の写真、浜松市動物園は園内には動物慰霊碑がなかったおかげ…という言い方もヘンですが、
園側でお供えしてくれるとのことで受付でお花預かってもらいました。それで後日届いたおハガキです。

個別での対応より、亡くなった時点できちんと園内に掲示があってほしかったと今でも思っていますが、
それでも、おハガキの手間をさいてくださったことに感謝しています。ありがとうございました。

ところで、数日間は届いてたことに気づかず、
しかも要らん紙類と一緒にあやうく捨てそうになってました。
ホントに気づいてよかったーよかったー(゚∀゚;)!

サチさん♀やっぱりかわええ(*´Д`*)ハッフゥーン!

会いたいけどかなしいコタロウさん

12/5に浜松市動物園を訪問した時のコタロウさん♂です。

20121205_kotaro_01.jpg

今までお会いしたことのある彼の雰囲気とは違いました。
以前は、お一人でいるのが退屈そうでちょっとすねたような感じだったけれど。

…すっごく、孤独な感じ。

ここからは飼育担当さんに伺った話でもありますが。
野生なら単独生活をする種とはいえ、動物園という特殊な環境で暮らしている個体にとっては、
仲間の個体がいなくなることの喪失感は、なんら人間と変わりがありません。

サチさん♀とは既に一年ほど前から別居をしてて、寝室側でもお互いの姿は
みえないようにしてたとのこと。それでも、いなくなったことは判るんだそうです。
啼いたりはしなかったそうですが、サチさん♀の部屋側に寄ったりして雰囲気が違ったとか。

サチさん♀が亡くなったことを知ってるお客さんが少ないであろうことがかなしいように、
諦めたようなさみしさを感じさせるコタロウさん♂のことも同様だと思うと、とてもかなしい(;▽;)

それでも、仔トラ君♂のお散歩タイム時は活発に動き回って凝視していたコタロウさん♂。

20121205_kotaro_00.jpg

お散歩が終わってお見送り状態。

仔トラ君♂が帰った後は、ウッドデッキに上がっておやすみ…。

20121205_kotaro_02.jpg

話題をすこしだけ変えまして。
コタロウさん♂の誕生日も訊いてきました。
1996年8月8日。…大牟田市のシズカさん♀と同じじゃないか。

浜松の公式HPには「1997年3月福岡市動物園より"来園"」と記載ではあるけど、
生まれて半年ちょっとでの来園なので、きっと福岡市動物園出身だろうと思います。
HPの記載を"生まれ"だとばかり思ってて、帰宅後に痛恨の訊き洩らしと気づきました(´Д`;)

だとするとシズカさん♀とコタロウさん♂は一緒に生まれた兄妹か姉弟とゆうことですね。
お会いしたことのあるジャガーさん達の出身地や生年月日をようやく埋めつつある段階ですが、
もっといい意味でのジャガーヲタになるべきな気もしてきました。国内の飼育史とか…。

コタロウさん♂、また来ますから~(実はこないだ1時間滞在ですすみません)。

先のことは判りませんが、サチさん♀のお誕生日の頃に行けたらいいなと思います。

サチさんの訃報

12/5~6と予期してない連休をもらえましたので、
行きたいと思いつつ延び延びになっていた浜松市動物園へやっとこさ
本日(12/5)、日帰り(往きは夜行バス)で行ってきました。

夜行バスは浜松に着くのが5時前だもんで、いつも3時間ほどネットカフェで暖をとり、
開園時刻に合わせて路線バスに乗るのですが、今回はうっかり寝過ごしてしまい、
ジャガー舎前へ着いたのは10時過ぎ。午前中からコタロウさん♂でした。

飼育担当さんが通りがかったので訊いてみましたらば、

サチさん♀、10月に亡くなったんだそうです。

20120612_sachi_09.jpg

1993年3月3日 (おそらく)天王寺動物園生まれ
1996年3月 浜松市動物園来園
2012年10月23日 老衰により亡くなる

死因は腎臓疾患も疑ってたそうですが、調べた結果は特定の原因はなく老衰、とのこと。

生年月日は、その場で飼育員さんに教えていただきました。ありがとうございました。
出身の動物園もいずれきちんと確認したいです(公式HPの記載では"生まれ"とは書いてないので)。

自分が初めてサチさん♀にお会いした一年前、彼女は既にコタロウさん♂とは別居になっていて、
言い方はよくないかもしれませんが、お会いする度「今回が最後だと思って覚悟」と園を後にしてました。
サチさん♀に限らず、遠方のジャガーさんに会う時は誰に対してもそうなのですが…。

それでも、またお会いしたかった…。

20120612_sachi_08.jpg

小柄で、女の子らしい柔らかいお顔だちで、愛らしいサチさん♀。

身体の動きは、確かに素人目にも老いを感じる部分はありました。
でも、チャーミングな表情とそれでも活発に動いてる彼女は、コタロウさん♂と一緒だった時は、
きっととても溌剌として快活な雰囲気だったのだろうなぁ、などと思ってました。

この冬を無事に乗りきってほしいな~、なんて思ってましたが残念です…。
でも、サチさん♀は特に寒がりな印象だったので、本格的に寒くなる前でよかったとも思ってます。

ただ、サチさん♀の訃報について、ジャガー舎前には掲示がないので、
彼女がいたこと、亡くなったことを気づかない、知らないお客さんも多いであろうことは、
さみしいですね…ものすごく…。園側の事情もあるでしょうし仕方ないとはいえ、正直な気持ちです。

…わし、めっちゃ知ってるから!覚えてるからねっ!
(別に望まれてねー)

サチさん♀に会えた期間は長くはなかったけど、いつも会うのが楽しみでした。

20120312_sachi_06.jpg

どうぞやすらかに…。

20120312_sachi_05.jpg

サチさんに会いに行く

月がまたがってしまいましたが、
6/12~13にかけて、浜松と静岡へ東海ジャガーツアーしてきました。楽しかったです!
これからしばらくは東海ツアーの記事がちょこちょこ続きます。

6/12は、浜松市動物園を訪問しました。
あったかくなったらまた会いに行きます!っていいましたからね(*^_^*)

浜松市といえば牝ジャガーのサチさん♀。

20120612_sachi_01.jpg

3月にお会いした時よりお元気そうです。とてもとてもよかったです(*^∀^*)

相変わらずニヨイつけに余念がありませんでしたが、ハゲていた両頬も元通りですね。

20120612_sachi_03.jpg

草はみして、中腰になっておなかをうごうごさせた後、うべっ ≡゜д゜)、、てする場面も観れたのですが、
撮った写真はブレすぎてました、みたことないような姿勢だったので勿体なか~。

木で遊んだり、

20120612_sachi_04.jpg

ごろんちょしたりと

20120612_sachi_07.jpg

活発です。

この日はあいにく天気がよくなくて結構寒かったのですが、
それでも冬場に較べたら、ジャガーさん達にとっては全然過ごしやすい季節と思います。
だからこんな風に寝っ転がったりもしてたのでしょうか?

20120612_sachi_06.jpg

ああっ、なんてチャーミングなサチさん♀(*´Д`)=3

やっぱりチャーミング(≒オモロい^^;)、サチさん♀ってば(*´Д`)=3

20120612_sachi_02.jpg

女子っぽい美形タイプではないけれど、しかし勿論ブチャイクではなく、
小柄で愛嬌のあるお顔だちで、"チャーミング"という言葉が一番似合うのが彼女かなぁ?
なんて思ったりします。

それにしても彼女はやっぱり神社のお稲荷さんに似ている…。

20120612_sachi_05.jpg

また…、また会いに行きますからね!

(キリがねー)
(だがそれでいい)

浜松のサチさん

先日の遠征で浜松に行った理由は、サチさん♀にお会いしたかったからでした。
午後からコタロウどの♂と交代で出てきてくれました。

前にきた時に午前がサチさん♀、午後がコタロウどの♂と聞いていた気がしたから、
朝イチ、コタロウさん♂出てたので、もしかして今日は会えない?と思ってたけど、よかった(*^∀^)=3
寒かったら外に出たがらないのだそうで、それでこの日は午前中にコタロウさん♂が出てたようです。

20120312_sachi_02.jpg

ものすごく仲がいいと評判のサチさん♀とコタロウどの♂ですが、
自分が初めて浜松を訪れた去年12月の時点で既に、彼等は時間交代展示になっていました。
ジャガー舎近くにあるぞう売店の職員さんに訊いたところでは、サチさん♀が足腰を悪くしていて、
同居だとコタロウさん♂がちょっかいかけてサチさん♀に負担がかかるから、ということでした。

確かに、その日のサチさん♀は殆ど動かず、たまに歩いてもよちよちとして
備えつけの台にはもう上がれない様子の彼女は痛々しく、考えたくはないけれど、
今回は直にお会いするのは難しいかもと思いながらの浜松訪問だったのでした。

大丈夫ですよ元気にしてますよ、とまた売店の職員さん(前回とは別の方)に聞けて安心しました。
この日は結構歩き回っていて、熱心に匂いつけしていました。…そのせいで両頬がはげてるのか?

20120312_sachi_03.jpg

ところでサチさん♀はキツネ系のおカオをされていると思います。
ツンとした女狐のイメージではなくて、稲荷神社にいる狛犬?のキツネさん。愛らしい(*・_・*)

20120312_sachi_04.jpg

なんか情緒ある横顔ですねぇ。とかいいつつ鉄柵がじがじしてた合間の休憩だったんですが。

サチさん♀は19歳と結構高齢で、足腰が弱くなっているのも加齢にもよるようで、
今後の同居展示は難しいかもしれない、ということでした。コタロウさん♂は一緒に過ごしたいらしいですが。

20120312_sachi_01.jpg

もうちょっと暖かくなったらまた会いに行きますね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。