バスと徒歩でサファリワールド

前回に続いて、11/16に訪問したアドベンチャーワールドより、サファリワールドです。
スペシャルバスとウォーキングサファリでのべ2時間弱、とても楽しみましたが、
記事は相変わらず覚え書きレベルで写真も絞り込んでるので、読む楽しさは殆どありません…。

先にスペシャルバスに乗り、その後昼食をとってから、ウォーキングサファリを周りました。

20121116_specialbus.jpg

スペシャルバスは肉食獣のバックヤード見学をしたくて申し込みました。左側のパンダ型バスです。

写真は先にウォーキングサファリから載せてまいります。

まずはチーター

20121116_cheetah.jpg

目線いただけました。夕方の収容時、チーターの場合は、
車で追い込まなくても職員さんが直接手を叩いて誘導できるんだとか。

ゴールデンターキン

20121116_goldentakin.jpg

関西でも会えて嬉しい!毛色が本当にゴールデンですね(*´∀`*)

ちょうどフィーディングタイムだったので、ミナミシロサイにおやつを食べてもらいました。

20121116_shirosai.jpg

開いたクチが四角くて妙に感心しました。そしてそれが可愛い…。
中から覗いたベロが緑色でした。草に染まってるのかしら、元々は何色なんでしょう。

ウォーキングサファリは、メインの道路が広々としていて、歩くこと自体も楽しかったです。
出来が今ひとつなのもありアップはしてませんが、かなりテンション高く写真もたくさん撮りました。

前後しまして、スペシャルバスから撮った写真です。

最初は草食獣ゾーンで、ふれあいもできる…とのことで、キリンテラスで途中下車。
アミメキリンにおやつを無料であげられます。

20121116_amimrkirin.jpg

運転手兼ガイドさんにペレットを受け取って、手のひらに直接乗せて食べてもらいます。
とゆうことで手も直接舐められます…、なんともラッキー感がありました。

バスの中からライオンをばしゃり。

20121116_lion_01.jpg

暖かったこの日、牡ライオンの殆どはスヤァスヤァしていました…。

牝の皆さん(*´v`*)

20121116_lion_02.jpg

オスとメスは、弱い電流を流した電線でエリアを仕切られています。
ライオンは繁殖力が強いので、一緒にしてるとあっとゆう間に増えてしまうんだそうです。

ヨーロッパヒグマ。やっぱりヒグマが一番好きですねぇ…(*´v`*)

20121116_europehiguma_01.jpg

何となくカーリィな毛並がヨーロッパっぽいです(アタマの悪い感想)。

ここからは再び途中下車してバックヤードのワイルドアニマルロッヂ見学です。

20121116_europehiguma_02.jpg

ヨーロッパヒグマの女の子(だったと思う^^;)。まだ若いのか小さめで可愛らしかったです。

さらに奥の建物に進み、ライオンの獣舎です。たくさんいてましてですね…。
仲のいい同士でグループに分かれていて、仲の悪いライオン達を同時に出すと闘争してしまうとのこと。
放飼場に出てるグループと獣舎で控えてるグループとで、出勤日と休日のようなものですかね。

寝室がずらーっと並んでいて各個室はさほど広くはないのですが、2頭でルームシェアしてるのも。
たくさんいるのでライオンの匂いがかぐわしかった(*^~^*)

寝てる個体が多かったのですが、起きてた若獅子君をばしゃり。

20121116_lion_03.jpg

「意外とこの子達は檻、好きです。」というガイドさんの一言が印象的でした。
生まれた時に檻の中なので、落ち着く環境なのかもしれませんねぇ…。

バックヤードを後にして、さらにコースを進みますと、アムールトラゾーン。

20121116_amurtora.jpg

この方は国内でもかなりのご長寿だったかと。こちらも目線いただけました。

再び草食獣ゾーンになり、バスは終了です。
生ガイドも聴けるし、平日で空いてたおかげで座席反対側の動物もよく観れましたv(^∀^)v
オプション料金分の元は十分取れたような気がする…(いやらしー)。

とゆうことで、サファリワールドも堪能してきました(*^∀^*)
スポンサーサイト

タマでツノツノわっしょい

9/6の多摩動物公園より、イカすツノをお持ちの皆様です。
初めてお会いする種も多く、遅まきながら「ツノでひづめ」に開眼した気がいたします。

撮った順です。

スイギュウ(家畜)のアカギさん♂。

20120906_suigyu_01.jpg

ブクブク…。
湯船浸かったら幼少時には誰しもがするであろう、
そして行儀が悪いからよしなさいと叱られる、ブクブク…。

楽しいからしてるわけじゃないだろうけど、どことなくうらやましい。

20120906_suigyu_02.jpg

いかにもきもちんよかそう。

ゴールデンターキン

20120906_goldentakin_01.jpg

輪郭が独特なのかと思っていたけど、鼻筋が独特なのかな?
変わった顔だな~、と思ってはいましたが、ナマでみるとグッとくるお顔だちですね…!

20120906_goldentakin_02.jpg

このお顔だちにこのツノのフォルム。これが調和とゆうものでしょうか。

多摩で会いましたベストオブカワイコちゃんは、シャモアのモンブラン君♂でした。

20120906_chamois_01.jpg

広い多摩の敷地の奥の奥にいらっしゃいます。今はもう彼お一人のようです。
おさびしいのでしょうか、この写真を撮った後、手前に降りてきました。

そしてゴハンをかっむしゃる。
見てる間に葉っぱがへっております。

20120906_chamois_02.jpg

垂直に伸びて、釣り針のように後ろに反ったツノは、
素人目には使い勝手が悪そうにみえるんですが、綺麗なカーブで印象的です。

カモシカの仲間で、ヨーロッパやトルコ辺りまで生息しているそうです。
個人的に、生息地を聞いただけでもテンションがあがります。

…とまあ、まずは11時過ぎまでアフリカ園でライオンやチーターを堪能した後、
アジア園へ向かって最奥まで行き着き、またアフリカ園のレストランに戻ってきたのが13時過ぎ。

戻ってくる最中はハラがへってハラがへって…。予習はしてたつもりですが多摩、広すぎる…。
(とゆうか東京が広い!新宿も広い!山手沿線には梅田みたいな街がザラにある!)

そんな中、アフリカ園の草食ゾーンで撮ったシロオリックスさん達。

20120906_whiteorix.jpg

長い。この時は空腹で傍まで寄る余力はなかったけど、次は近くで観覧したいと思います。
とべ動物園にもいますしね。って次にいつ四国ツアーするか判りませんけど…。

たどり着いたレストランでは、ひれかつカレーをいただきました、美味しかった…!

20120906_lunch_tama.jpg

それと地ビール、"多摩の恵"♪♪
地ビールもあるの(*゚∀゚*)? 勿論飲む(*゚∀゚*)! ということで勿論注文しています。

しかし前夜の夜行バスと、前々夜に宿やらバスやら予約して連続して寝不足だったのを忘れており、
後で多少休憩をする羽目になりました。赤っ恥もあるのだからいい加減に気をつけなくては…(´Д`;)

で休憩後、ライオンバスにもっぺん乗り、メンバーの代わったチーターの皆さんにお会いして、
今度はシャトルバスで再びアジア園の奥まで行き、再度アムールトラやユキヒョウの皆様にお会いして、
帰り道すがら、一度目の巡回では撮れなかったツノの皆さんを正面からばしゃりしました。

ムフロン

20120906_mufuron_01.jpg

シャレでなくムフー(*゚∀゚)=3 て鼻息が荒くなる立派なツノ。

正面。

20120906_mufuron_02.jpg

顔も素敵。

ヒマラヤタール

20120906_himarayataru.jpg

ツノ自体は可愛らしい感じかな?と思ってたら、冬毛が大変素晴らしいみたいなので、
機会があったら是非またその時期に伺いたいと思います。さわってみたい…。

2巡目の帰りは既に16時半前後で、既に収容済みで撮れなかった皆さんがまだいらっしゃいますし。
結構頑張って周ったつもりですが、やっぱり一日での満喫は難しいですね(*´∀`*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。