グラントシマウマのランさんの訃報

わんぱーくこうちにお住まいの国内最高齢グラントシマウマ
ランさんが15日に老衰で亡くなったそうです。32歳。

公式HPより、「国内最高齢のグラントシマウマ「ラン」が死亡しました。」

とりたててシマウマが大好きというわけではないのですが(みればわかる)、
ランさんはわんぱーくにお出かけする度にお会いするのを楽しみにしていました。

20130507_grantshimauma_01.jpg

(2013/05/07撮影)

一般に警戒心が強いとされるシマウマらしからぬ、
穏やか、温和なおシマウマ柄(模様ではない)だったと聞き及びます。

幸いこれまでの高知への遠征ではお天気に恵まれたことが多く、
自分にとっては温暖な南国高知の街のイメージと重なるのがランさんなのでした。

20140221_grantshimauma_01.jpg

(2014/02/21撮影)

複数の動物園へ足を運んだりなぞしてると、"国内最高齢"という個体に出会うことが度々あります。
その動物園のスターとして街の人達や、ひいては(界隈では)全国レベルで有名だったりもして。

とはいえ自分が直接お会いしたことのあるご長寿個体はそう多くないのですが、
そんな中で自分にとって、とびっきりのご長寿といえばランさん!でありました。

自分でもなぜなんでしょう。…わんぱーくこうちを初めて訪問した時、
ランさんの紹介とともに国内のシマウマ各種の最高齢個体を紹介した掲示がありまして、
なんて素敵な掲示だろうととても感銘をうけたこともあるかもしれません。

だけどランさんのきわめて温和だとの性質に憧れてしまっているのが一番な気がします。

(以下2014/09/08撮影)

20140908_grantshimauma_01.jpg

わんぱーくこうちの職員さんや高知の街の人達にも人気者だった(と思います)ランさん。
次にわんぱーくこうちへ出かけた時には会えないのはさみしいです。

20140908_grantshimauma_02.jpg

19日にたんとお花もお供え物ももらってください。
時折訪問するのみではありましたが、楽しい時間をありがとうございました。
スポンサーサイト

姫ZOOにて姫子さんと皆さん

動物園もジャガーさんも関係ありまへんが…、
昨日は友人達と3人で、今大人気の"日本のマチュピチュ"、竹田城へ出かけてまいりましたー!

(比較的それっぽい証拠写真)

20131013_takedajo_00.jpg

スケジュール上、城下一面に広がる…とまではいきませんでしたが、
今時分に見やすいという雲海も観られて(上の写真の奥の方)、大変楽しかったです(*゚∀゚)=3
誘ってくれた、お城巡りが趣味の友人に感謝です。どうもありがとう(*´∀`*)

がっ、しかし…。張りきってカメラも持ってって写真も沢山撮ったのですが、
ごく最近気づいたカメラのゴミが、風景写真では間抜けかつ致命的な映り込みをしてまして。
ああ、とっても自分らしいオチだけど、クヤチィ。

それと、雲海チャンスの時期の3連休の真ん中ということもあり、
もんの凄い混雑でして。その混雑具合はたとえるなら、GW中の多摩動物公園にて、
開園前のエントランスゲートであるとかライオンバスに150分並ぶような感触でしたσ(^∀^;)

なので次は比較的閑散期に、出かける直前にはカメラ清掃もして、再訪問したいと思います。
(とはいえ来年の大河ドラマ推しらしく、当分はいつ行っても大盛況の予感^^;)

さて、竹田城からの帰りに姫路で途中下車して、姫路城と博物館を見学しました。
友人達が博物館へ行ってる間、わたくしは別行動で姫路市立動物園へ。

王子動物園から先月帰宅されたアジアゾウの姫子さん♀、どうしてるかなぁと思いまして。

20131013_asiazou_01.jpg

ゾウ舎(姫子さんの家)へ行ったらちょうど、トレーニングとごはんの前でした。

帰宅前の時期にはストレスから擦り傷だらけだったのですが、だいぶよくなってる印象です。

20131013_asiazou_02.jpg

うう~ん、よかった。

飼育担当さんと。

20131013_asiazou_03.jpg

表情ものびのびしてるようにみえます…。

トレーニングが済んで、ごはんタイム。

20131013_asiazou_04.jpg

みえにくいけど、鼻でつまもうとしてるのはリンゴ。なんだか楽しそう。
白菜は長らく残ってたけどあんまり好きではないのかしら?

姫子さん♀のお元気そうな姿にお会いできて、大変よかったです。

続いて姫ZOOの皆さん。

グラントシマウマのアケビママとチェス君♂。

20131013_grantshimauma_01.jpg

並んで穏やかな表情。

…と思ってたら、

20131013_grantshimauma_02.jpg

チェス君♂がフレ~メ~ン。

巣箱から出てきたところを撮ったペンギンさん。

20131013_magellanpenguin_01.jpg

姫ZOOのペンギンはマゼランペンギンなのですね。
日本の動物園で最もよくみかけるフンボルトペンギンより濃い色合い。
あと、フンボルトやケープより黒いラインが多い模様(二重の意味で通じる)。

20131013_magellanpenguin_02.jpg

かなり大きくなってる様子のヒナがもたれてるのは親ペンギンでしょうか。

ホッキョクグマのユキさん♀。

20131013_hokkyokuguma.jpg

その名の通り、真っ白なフワクマになっておられました。
夫のホクトさん♂はそこそこミドリでした(歩いてたので自分の腕では撮影できず^^;)。

以上、おひさしぶりの姫路市立動物園でしたが、楽しい時間を過ごしました。

熊本の親仔ともぐもぐタイム_草食編

タイトルのまんまです。
5/22に訪問した熊本市動植物園より(また3ヶ月前…^^;)。
これまでで一番時間をとって滞在できたおかげで、いろんな皆さんを観られました♪

シフゾウのメイママとチョッパー君♂。3月生まれ。

20130522_shifuzou_01.jpg

放飼場に出る時間が限られているせいかメイママは換毛が遅れておりました。

「チョッパー」というお名前は、かの有名漫画のキャラクターからですね。
トナカイ人間?でしたっけ。ですね(Wiki)。

ヒョウもジャガーも「チーター」と呼ばれてる時と同じひっかかりを感じるお名前ですが…、
「シカでもウマでもロバでもウシでもない(諸説あるようですが園内掲示に沿って)」シフゾウなので、
「トナカイでもヒトでもないキャラクター」にちなむのもあながち外れてはいない気もします。

…まわりくどいけど!とても!

ごはん(またはおやつ)をもらっています。

20130522_shifuzou_02.jpg

独特のいかつさと愛らしさがあるお顔だちですねぇ(*´д`*)

パパシフゾウはアップするには残念な写真の出来栄えだったのでまた今度撮れたらいいなと。
形だけみると抜群とゆうわけでもないけど、お顔だちにマッチした立派で美しいツノをお持ちです。
(あくまで自分内基準^^;)

ひきつづいてマサイキリンのランチタイムより。

多分、ランさん♀かと。

20130522_masaikirin_01.jpg

乗っかった葉っぱがおシャレ(*^ε^*)
この後豪快に、右に見切れてる葉っぱの束にアタマつっこんでもしゃってました。

リキ君♂。多分。

20130522_masaikirin_02.jpg

なんかしぇくし~ショットだな…。

続いてアフリカゾウお二人のランチタイム。

エリさん♀のもっしゃもっしゃ。

20130522_africazou_01.jpg

前肢で器用に押さえて枝を立ててますね。

マリーさん♀。

20130522_africazou_02.jpg

なんかこちらもしぇくし~ショット。そしてゴキゲンそうです。
キバの先端が近づきすぎて輪っかのようになってますが、器用にハナを出し入れしてました。

マリーさん♀の足元にはまだ枝が残っていて、エリさん♀がやってきました。

20130522_africazou_03.jpg

仲のいいお二方です。

カバのモモコさん♀。
午後になって活発な姿を観られました。

20130522_kaba.jpg

切り株にかぶりついたり、水から上がって歩き回ったりと
アクティブな彼女が観られて嬉しいです。

グラントシマウマの親仔。

20130522_grantshimauma_01.jpg

2月生まれのヒトミちゃん♀とミヤコママ。

可愛いヒトミちゃん♀!そして慈愛に満ちたミヤコママの眼差し…。

20130522_grantshimauma_02.jpg

この2枚がこの日のベストショットとなりました。
…まあ、たまたま撮れただけなんですけど!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。