旭山の大型ネコ科の皆様

先日、王子動物園でアトス&ローラの発情期間の最終日を観た後、
神戸空港から一路北海道へ飛び、雪の旭山動物園にでかけてまいりました。
勤め先で申請してた3連休に通常休みがくっついて4連休という奇跡シフトになってたもので…。

画像検索でみた、雪の中のライラ様に会うなら今しかないのではないか?! と思い立ちまして。
結果的には2日費やして雪の中のライラ様には会うこと叶わず、ご縁がなかったということでしょうか(↑▽↑)
それでも一瞬はお姿拝見できましたし、何より雪の旭山はめちゃくちゃ感動的だったので満足しています。

先日のレポもしたいと思いつつ、まずは昨年6月に訪問した折の写真より、大型ネコ科の皆様を。
超絶美形ライオンのライラ様だけではなく、素敵な大ネコさんばかりなのです(*^o^*)♪

ライラ様の奥方、レイラさん。

20140624_lion_11.jpg

奥様も美形!

レイラさんは獣舎や光線の加減かまたはやはり個体差なのか
瞳の色が淡くみえ、目元も涼しげなのでエキゾチックな印象があります。

20140624_lion_12.jpg

そりゃあこんな美形夫妻なら子ども達も美形ですわねぇ…シミジミ

続いて、アムールヒョウの午前担当、アテネどの♂。

20140624_amurhyou_01.jpg

旭山にはアムールヒョウはアテネ&キンのご兄弟が暮らしています。
2004年生まれというのがとてもよく判るお名前です(*^_^*)

こちらは午後担当のキンどの♂。

20140624_amurhyou_02.jpg

…どっちも美形だな〜(*・ω・*)

旭山のアムールヒョウは王子動物園とも縁が深いそうですし、親近感がわきます。
さらには、新たにアムールヒョウが来園するとのお話もありますし、ますます気になります。

こちらはクロヒョウのパックさん♂。

20140624_kurohyou_01.jpg

20140624_kurohyou_02.jpg

おなかが貫禄でたゆんとされてますが、クロヒョウらしいキリリとしたお顔だちです(*^ε^*)
この時も先日も2階?部分のヘリを歩いたりお元気に過ごされてました。

アムールトラののん。ちゃんさん♀。

20140624_amurtora_01.jpg

現在国内最高齢アムールトラで、天王寺のアヤコさんのお姉さんらしいです。
お会いした時はアヤコさんと姉妹とは存ぜず、後から知って勿体ない気持ちになりました^^;

のんちゃんさんは人工哺育であるためかひとなつっこい個性をお持ちで、
開園ダッシュでもうじゅう館へ一番乗りしましたところ、ゴリスリと鼻鳴らしのお返事を戴けました♪
主に、この日おつきあいいただいた地元のお友達のKさんに(*^∀^*)

この時は近すぎるか遠いかであまりお写真撮れなかったのが心残りでしたが、
先日の訪問ではどアップ写真が撮れたり雪の中のお姿も存分に観ることができたので、
やっぱり行ってよかったな~と。(お財布事情にはフタをする)

ユキヒョウのヤマト君♂。

20140624_yukihyou_01.jpg

20140624_yukihyou_02.jpg

王子のユッコちゃんと一緒に生まれた兄弟です。
ユッコちゃんとよく似てる~!でもやっぱりオス顔なので、ハンサムユキヒョウ男子でした。
自分がお会いした限りでは、おっとりした個性の持ち主という印象をうけました。

以上、6月にお会いできた皆さんでした。
ユキヒョウのジーマちゃん♀には会えませんでしたが、こちらは先日訪問分でご紹介予定です(*^_^*)

最後の一枚はライラ様のフレーメンで。

20140624_lion_00.jpg

またライラ様や皆さんにお会いできたらば大変に嬉しく思います。
スポンサーサイト

シュバルツちゃんとテンちゃん

3/5に訪問しました浜松市動物園より、ジャガー舎近辺の若々しいお二人です。

クロヒョウのシュバルツちゃん♀。

20130305_kurohyou_01.jpg

彼女の逆白毫は、元・傷だらけのローラちゃん♀と違って、ずっと健在ですなぁ。

浜松にも大いに慣れたような印象がありました。

20130305_kurohyou_02.jpg

のびのびしてたというか(単によく走り回ってただけかもしれませんが)。
表情がこれまでの訪問時より、素の感じがするのです。

ところで、この日は午前も午後もシュバルツちゃん♀が展示場で、
ナイさん♀とサリーさん♂夫妻にお会いしませんでした。お元気なのでしょうか?
お元気だといいのですが~。

去年12月に会った時より断然おっきくなってましたが、
今はさらにグンググーン!とおっきくなってるに違いない、アムールトラのテンちゃん♂。
そういえば前回はまだお名前も決まってなかったのでしたっけ。

20130305_amurtora_01.jpg

春休み前の平日の午前中ありがたや…。テンちゃん♂を独り占めで観覧できました(*-ω-*)
身体は大きくなってても、挙動はまだまだ可愛らしいという言葉が合ってました。

この時はまだミルク飲んでました。1日に1回、だそうです。

20130305_amurtora_00.jpg

今はもう飲んでないのかな?
全部お肉に切り替わると、みてる間に立派なオストラになるのでしょうなぁ(*´v`*)

あっとゆうまに飲み干します。

20130305_amurtora_03.jpg

デフゥ。
お顔だちもすっかりトラですね。

大人の食事と交代に放飼場のテンちゃん♂が観れるかな?と思ったものの、
ミーさん♀が帰宅拒否をされてたのでかなわず。彼女の様子も気にかかるところであります…。

一方、マイペースにお部屋で遊んでるテンちゃん♂。

20130305_amurtora_04.jpg

ゴロンゴロン。

会いたい皆さんもたくさんいるし気にかかる皆さんもいるし、
そしてなんと中猛獣舎に個体紹介掲示もでてるようなので(大変大変嬉しいです)、
次回の浜松訪問を楽しみにしたいと思います。

平川の大型ネコ科の皆さん

9/21に訪問した平川動物公園より大型ネコ科の皆さんです。
改装された猛獣舎もあり(野生のイヌネコゾーン)、大変な充実っぷりでした。

自分でみたことある最近改修された猛獣舎では、なかなかいい感じなのではないかと思いました。
種によって落差が大きいかな~と思いましたが…、全種狭いのよりいいかな~なんて…(^×^;)

牝のみ展示だったライオン
スターさん♀(と思われる)。2003年6月九州自然動物公園生まれ。

20120921_lion_01.jpg

美女でみとれるとゆうわけではないけど、視線の先が気になる、なんかグッとくる眼差しです。

襟元がふっさふさですねぇ…。

20120921_lion_02.jpg

かきき。

20120921_lion_03.jpg

やっぱり牝ライオンが好きなようです(枚数が多い)。
ライオン舎は、大型ネコ科の中でも一番狭かったのですが、ナゼ(゚∀゚;)?

ベンガルトラのベンさん♂。1994年5月生まれの18歳。大牟田市動物園出身。

20120921_bengaltora.jpg

前肢と目が悪くなってるそうですが、お元気です。大きく歩き回ってました。
若い頃はさぞや…と思われます(*~∀~*) …大牟田市(出身・在住)にはイケメンしかいないのか?!

7月に亡くなった大牟田のライオン、レオさん♂は相っ当なイケメンでしたし、
大牟田出身で今は天王寺にいらっしゃるレオさん♂もモテ系ハンサムだと思います。
ベンガルトラのトラジロウさん♂もデカいし愛想いいし男前ですし…、

"大牟田市動物園≒イケメンネコ科"という印象がますますインプットされました。
…ってすいません、平川のハナシでした。

去年生まれたホワイトタイガーの双子ちゃんも、二頭で思っきり遊んでる姿を観れました。

20120921_whitetiger_01.jpg

うーん濡れて光ったピンク色の肉球がなんとも…(・ω・;)ゴクリ
もうだいぶ大きくなっていて、愛くるしさはありませんでしたが、可愛かったです。

コユキちゃん♀。

20120921_whitetiger_02.jpg

ガク君♂。

20120921_whitetiger_03.jpg

おでこの模様で照らし合わせましたが、こうしてみると
ガク君♂の方がゴツめで、コユキちゃん♀の方がまるみを帯びた女の子フォルムでしょうか。
(ガク君♂の顔だけみてあんまり可愛くないとか思ってなんかいません^^;)

ところで、いつものWB「日陰」だと、どの写真も閉園近くに撮ったみたいです(実際は10時前後)。

ピューマさん♀。この日はオスどのは寝室でした。
名前控えるのを忘れててしかも帰ってきても判らないまま(´∀`;)

20120921_puma.jpg

ピューマは猛獣舎の改修対象には入ってなかったようで、多分以前からある、かなり狭めのおうちでした。
空いたジャガー舎にはピューマ達がお引越ししたら、ちょうどいいんじゃないかしらと思ったり。
いやジャガーさん来てくれたら嬉しくないわけがありませんけど…。

あとはボブキャットとオオカミがいます。オオカミ舎も狭めな気が…。
イヌってオオカミだけだし、"イヌネコ"でくくらずに別場所で広く敷地とってもよさそうな気が…。

などとゆうてると平川の猛獣舎にケチつけてばっかりですが、そんなことはありませんからー!
(などとゆうと婉曲的に他園の猛獣舎をけなすようなオチに…^^;)

クロヒョウのシム君♂。浜松のナイさん♀とサリーさん♂の息子さん(ですよね?)。

20120921_kurohyou_01.jpg

…といってもお約束のように下からバシャリ。1階にいてらっしゃる時は常同気味でしたので。

平川のクロヒョウ舎はすっごく立派でしたよ…!かなり高い2階建てになってて、
アーチ状に木材が渡されてて、こんな木で上まで登ってしまうなんてスゴい…!と思うような。

20120921_kurohyou_02.jpg

クマかイヌか一瞬区別のつかないクロジャガーが好きな自分でも、クロヒョウはやっぱりかっこいい。

平川はどれもこれも充実してるという印象ですが、大型ネコ科もご多分に漏れないのでした。

続・浜松の大型ネコ科②

6/12に訪問した浜松市動物園でお会いした、暑いところに生息する大型ネコさん達です。

ライオンのトム君♂。

20120612_lion_03.jpg

3か月前にお会いした時よりも貫禄つきました?
イケメンに磨きがかかったようです(*´∀`*)

同じくライオンのサナちゃん♀。

20120612_lion_04.jpg

彼女は、おでこのしわがチャームポイント(*´v`*)

ところで、トム君♂よりサナちゃん♀の方が強いみたいですね。
サナちゃん♀(手前)に羽交い絞めにされるトム君♂。

20120612_lion_01.jpg

腹毛立派なのにねぇ。

そんなだからかなんなのか、午前中、
トム君♂はちょっぴりサナちゃん♀のこと避けてました。

でも、基本仲よしなのです。

20120612_lion_02.jpg

距離が近くて、いっつもシンクロナイズドフェイスな彼等。
ライオン夫妻は毎回お会いするのが楽しみです!

しかし今回、ジャガーさんは別として、最も楽しみにしていたのは、
実はクロヒョウのシュバルツちゃん♀だったり…(*´∀`*)

あっ、前回訪問であまりにもカワユかったニホンイノシシちゃん♀も勿論ですが!

20120612_nihoninoshishi.jpg

お名前は、ノッシッシさん♀だそうです。2002年生まれ。
やっぱりひとなつっこくて可愛らしかったです。

クロヒョウさん方に話題を戻します。

午前中は、ナイさん♀とサリーさん♂夫婦がでてました。

20120612_kurohyou_01.jpg

ナイさん♀。備えつけ台に鎮座しているのは大抵彼女ですね。

クロヒョウ夫妻は発情周期でした。なんやかやでサリーさん♂のお写真は撮れず。
事後、サリーさん♂は退避もあざやかだし、ナイさん♀は高い確率でゴローリングするので、
サリーさん♂は交尾上手なんでしょうなぁ。

夫妻に代わって、午後から登場したシュバルツちゃん♀。

20120612_kurohyou_02.jpg

………やっぱり彼女は可愛いっ!
だいぶ浜松にも慣れてきてる感じがしました(*^∀^*)

この日の午前中はシュートが開いていて、夫妻は多少奥まで戻れるようになってたのですが
(サリーさん♂が事後の退避に使ったり)、ナイさん♀が戻った時に奥から吼え声が聞こえてきて、
直後にナイさん♀が放飼場に戻ってきたので、シュバルツちゃん♀は結構強いのでしょうか
(単純に気が、ではなく立場が)。

ローラちゃん♀同様、写真に収めるとなんか黒いかたまりって感じですが…。

20120612_kurohyou_03.jpg

ところで、浜松の中獣舎そのものは、格子状の柵が頑丈で広さもさほどないので、
ライオンやトラ舎を眺める時のような気楽さはないのですが、

中獣舎とライオン舎とゾウ舎に面したゾウ広場の空間が、もんのすっごい好きです。
程よい広さで、三方をゆるやかに動物達に囲まれて、居心地のよさが尋常ではないと思います。
お気に入りの散歩ルートくらいにしょっちゅう訪れたい空間です。…散歩にはエラい遠いけど(´∀`;)

なんといっても、サチさん♀もコタロウさん♂もいますしね!

浜松の大型ネコ科

浜松市動物園も神戸王子と同様、ヒョウ亜科5種が揃っています。
なんか微妙写真ばっかだけど、覚え書きブログなので載せてしまいます。

アムールトラのビクトルさん♂。お会いできるのを楽しみにしてました。

20120312_amurtora_victor.jpg

天王寺と京都市の牡トラさん達のパパであり、そしておカオだちがとっても素敵です(*^v^*)
下世話ながら、歩いてる後ろ姿をみて「さすが立派なにゃんたまだなー」と感心しました。

ミーさん♀。美形です!動きも機敏です。

20120312_amurtora_mii.jpg

終日、ビクトルさん♂がミーさん♀のことを追っかけておられました。
ですが、近づきたいビクトルさん♂に対して、ミーさん♀は常に一定距離を保ちたいようで。
ビクトルさん♂が徐々に距離をつめると、ミーさん♀は走って逃げて…、の繰り返し。

ライオンのトムさん♂。立派なたてがみです。

20120312_lion_tom_01.jpg

こんなおなかの辺りまで生えてくるもんなんですねぇ。

トムさん♂とサナさん♀。とても仲よしで、ずっと一緒に並んで過ごしてました。

20120312_lion_tomsana.jpg

浜松のライオン夫妻はどっちも美形です!それだけでなく、なんだか清潔感があります。
二頭とも若いせい??というと語弊があるんですが、なんとなく。

ジャガーさんの隣人、クロヒョウさん。半年ほど前にドイツから来園したシュバルツちゃん♀(のハズ…)。
2010年7月生まれとのことなので、まだ1歳半ちょっと。流麗な体型と大きくキリッとした目が美しいです。
お名前はドイツ語で「黒」という意味だそうで、とゆうことはクロちゃんか…。途端に身近になるような。

20120312_kurohyou.jpg

午前中はナイさん♀とサリーさん♂夫妻が放飼場にでていて、午後から彼女に代わってました。
シュバルツちゃん♀は浜松の環境に徐々に慣らしつつ、サリーさん♂とのお見合いを進めているようです。
閉園間際の収容時もすぐには動かず、様子を伺いながら間をおいて寝室に戻ってました。

放飼場に出る時ではなく、寝室へ戻るのにおそるおそるという彼女の様子をみて、
新しい環境というのは想像してる以上に負担が大きいものなんだろうなぁ、とおぼろげに感じました。

と同時に、状況が少し似てるローラちゃん♀を思い出したりもしてたわけですが、そういえば彼女って
かなり根性すわってるコなんじゃ?とアタマをよぎりました。来園直後の彼女を自分は直接知らないけど、
王子の環境そのものには早い段階で慣れてそうな様子が、動物園ブロガーの方々の記事から窺えるのです。

なんてゆうか…やっぱローラちゃん♀大物(*´∀`*)

そしてローラちゃん♀は体型も大物。デブってことじゃないですよ!
でもやっぱクロヒョウとクロジャガーを見較べた時、クロヒョウは間違いなくネコ科にみえるけど、
クロジャガーは若干クマにみえるってゆう…。しかしそこが好き(*´∀`*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。