熊本のこんぬつは&お蔵だし

9/20に訪問した熊本市動植物園でお会いした皆さんの記事。
…といいつつ、あまりお写真は撮れていません。園内滞在時間も短かったので…(3時間)。
4月に訪問した時に記事にしないままだった写真がいくつかあるので合わせて載せてしまいます(^∀^;)ゞ

ユキヒョウのスピカさん♀。2005年5月多摩動物公園生まれ。

20120920_yukihyou_01.jpg

東山に移動したミュウちゃん♀(年齢的には"さん"づけなのだけど語呂がよくないので)も、
王子にきてくれたユッコちゃん♀も、(タイプは違うけど)超々可愛いor美人さんだと思うのですが、
わたくしは今までお会いしたことある牝ユキヒョウさんでは、スピカさん♀が一番好みであります…。

と、ゆうようなことを4月訪問の際に思ったけど、先月もやっぱりそう思いました。
スピカさん♀のことは中々お部屋に帰らないらしい…、くらいしか存じないのですが。

スヤァ中。

20120920_yukihyou_02.jpg

↓は4月に撮ったスピカさん♀です。

20120417_yukihyou.jpg

(好きな理由として単にお顔だちが好みとゆう辺りが申し訳ない感^^;)

引き続き、4月に撮りましたマサイキリンのお二人。

20120417_masaikirin_01.jpg

20120417_masaikirin_02.jpg

20120417_masaikirin_03.jpg

20120417_masaikirin_04.jpg

シンクロナイズドキリン。

ところで、熊本にはウォークインバードケージはありませんが、美しい鳥さんが揃ってます。

ムネアカカンムリバト。オウギバトと違ってアタマの羽の先には房?はついてません。

20120920_muneakakanmuribato.jpg

あ、房じゃなくてあの一枚一枚が扇に該当するようですね。アタマ全体で扇かと思ってた(^∀^;)ゞ
ムネアカカンムリバトはオウギバトに較べると一見地味目ですが、扇がない代わりに
ほわほわと広がった冠羽も一味違って素敵です。ちなみにオウギバトも同居しています。

キンミノバト。ロン毛の下に輝く羽毛。

20120920_kinminobato.jpg

アタマの辺りは抑えられた色味で、でも長い点で形状には特徴があって、
しかも下から派手派手しいのが覗いてる…、キンミノバトも達人コーディネート感です。

最後にカバのモモコさん♀。1997年6月とべ動物園生まれ。4月に撮影。

20120417_kaba.jpg

この写真、これまで自分で撮った中では一番のお気に入りです。
(ジャガーじゃないのかよってゆう)

先月も撮ったのだけど、全く同じポーズで、しかもくもりだったせいか、
4月ほど綺麗には撮れなかったので、こっちを載せます。

熊本のカバ舎は水に浸かってる姿が観覧しやすいです。
モモコさん♀のこの姿、いつお会いしてもとても気持ちよさそうにみえて
(実際は判らないけど)、彼女もとりわけぐっとくるカバさんだったりします…。

熊本市動植物園ではカバの多頭飼育計画があるんでしたっけ。

カバを群れで飼育・展示、熊本市動植物園が計画 (YOMIURI ONLINE)

そらぁー観たい!(*゚∀゚)=3

(しかしそれと同様、いや以上に猛獣舎の改修があるのかどうかも大変気になっており…)
(そういえばウマグマのコジロウ君♂が体調管理のためお会いできなかったけど、お元気でしょうか)

次の訪問はもうちょっとゆっくり滞在したいですね(´∀`;)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。