オジャガさんの一周忌

野毛山動物園のオジャガさん。
みまかられて今日でちょうど一年になります。

20130416_ojaga_m_03.png

(2013/04/16撮影)

自分が最後にオジャガさんに会った日に撮影した中から一枚。

存命の頃に存じていた以上に、数奇な生涯を駆け抜けられていたと後に判明したオジャガさん。
そのことにかかわらず、こちらがどのような感慨を抱こうとも、彼女は彼女。

もしまた野毛山動物園のあのスペースで彼女に会えたとしても、
わたくしは相変わらずもごもごつぶやきながらじっとり眺めるだけでしょうなぁ、間違いなく。

オジャガさんさようなら

さる2月27日、野毛山動物園よりお知らせがありました。

『ジャガーの「オジャガ」が高齢のため死亡しました。』

20130416_ojaga_m_01.jpg

(2013/04/16撮影)

2月23日、職員さんに見守られる中、静かに息をひきとったとのこと。

昨年11月より動物病院に入院し治療を続けていたとありますが…、
個人的に聞き及んでいたことと合わせて綴りたいと思います。

昨年の11月12日、関東遠征中だったわたしは野毛山動物園を訪問しました。
お誕生日だからオジャガさん、ひょっとしたら放飼場に出てるかもしれない、などと期待して。
しかしその日はえらいこと寒くて、オジャガさんに会うことはできませんでした。

遠征中は、寒い日だったからお外にはいないのだろうなぁと思っておりましたが。
帰宅して数日後、野毛山を訪問されたツイッターのフォロワー様より、
後ろ肢の麻痺で動物病院に入院中と教えていただきました。
(Sさん、その際は本当にありがとうございました)

その時から、もう一度、オジャガさんの姿をこの目で確かめることはできないかもしれない。
とどこかで思ってはいました。そしてその時は、それ以上に、
身体を動かすのが難儀だろうと、できる限り快適に過ごしてほしいとも。

とはいえ食欲もあってお元気だとこの時も、それから2月初頭に野毛山を訪問された
別のフォロワー様にもオジャガさんの様子を訊いてほしいとお願いして、そう伺っておりました。
(Hさん、お忙しい中どうもありがとうございました)

なので、会えなくてもお元気ならそれでいい、と思っておりました。
ただ、突然のお別れのお知らせだけはイヤだなぁと、そう思っていました。

そんな中、2月21日に野毛山動物園のツイッターアカウントから届いたこちらのツイート。

いつもお会いしてた時と変わらない、
大きくて垂れがちの、そして力強いオジャガさんの瞳。
お元気なのだと、こころより嬉しく思いました。

ですがその6日後、届いたお別れのお知らせ。
腎機能の低下とありますので、亡くなるまでの数日間は本当に体調が悪くて、
ツイッターで近況報告があった時は、体調が一時的に上向いてたのかもしれません。

21日のツイート、オジャガさんからのお別れのご挨拶に思えます。

もう会えないかも、ってどこかで覚悟をしているようでも、
多少のこころの準備なんて全然おっつかないもんだなー、ということ。

個人的に最後に彼女に会ったのは昨年の4月16日、改修工事で非公開になる前の週。
お天気のよい、特に気温が高くて暖かい日を選んで会いに行ったのでした。

閉園直前、退出間際に撮ったオジャガさん。

20130416_ojaga_m_02.jpg

よく吼えてました。

これが最後かもしれないよ、って自分に言い聞かせながら。
といいつつ、この時の自分は全っ然、もっぺん会う気満々でしたわ。

会えないことがさみしくないわけがない。

のですが、お知らせが届いたその日、SNSでたくさんのお悔やみの言葉を目にしました。
横浜の街の人や、動物園をよく訪問する人、それはたくさんの人々に愛されていたオジャガさん。

献花台はお花と彼女の写真でいっぱいであろうと思う。
そして、旅立つ時には職員さんに見守られていたとのこと。

もう言うことなし。それ以上ない。動物園で生を送った動物を見送るのに。
オジャガさん自身がどう感じてるか自分には知る由もないけれど。

ところで27日、全く身の入らない仕事の合間に、
スマートフォン越しに流れていくお悔やみの言葉を眺めながら、
自分が最もよく覚えているオジャガさんの姿はどんなだったろうと思い出してました。

多くの来園者を惹きつけたであろう真っ直ぐで澄んだ眼差しではなく、
ましてや実は結構ブチャイクな寝顔でもなく(ええ思い出さなかったよ…意外と)、

20120313_ojaga_m_01.jpg

(2012/03/13撮影)

彼女がよく寝そべっていた板の上を歩く時の、
「たたん、たたん」という独特の足音。

足りなかったとはいえ、ある程度覚悟はしていたし、
やりきれなさが残ったりしない(個人的にです)、いいお別れだったと思う。

だけど、もうツキノワグマ舎の向かいのベンチに座り込んで、
あの足音を聴くことは二度とないのだ。

そう思うともうべっしょべしょです、オジャガさん。

オジャガさんまた会いにゆきます

気づけば前回の記事からまるっと10日も空いておりました。

今月前半は前月の立て続けな遠征、の割に夜更かししてたおかげで体調が万全でなく…、
4/2に王子でアムロ君♂にお会いした後しばらくは、休日はひきこもってHP回復に努めておりました。

…そう、オジャガさん♀に会いに行くために!(*゚Д゚*)ムッハー!

20130416_ojaga_04.jpg

(あっなんかいつも通りWB日陰にしてるせいで背後の壁色が目に痛い)

トラ・ライオン舎の耐震補強工事の影響で、4月下旬より非展示になるオジャガさん♀。
ですが野毛山動物園では、展示最終日の4/21にはオジャガさん♀のガイドを開催してくれました。

横浜市立野毛山動物園 イベント情報 「オジャガのちょっと留守にします!」ガイド

…といっても、わたくしは展示最終日は出勤でございましたので(T∀T)、
4/16に野毛山動物園へ行ってまいりました。ゆっくりお会いできてよかったです(*^v^*)

その時撮った写真と職員さんに伺ったお話と、ガイドに参加された
Twitterのフォロワー様にガイド内容の転載許可をいただきましたので、
合わせて記したいと思います。ありがとうございました。

--------
後日追記:フォロワー様のブログもリンク貼らせていただいてます♪
『今日ものんびり動物園』のはなさんです、ありがとうございました!
--------

理想は5時半に最寄り駅を出て開園と同時入場よね、と思いつつも、
ジャガー舎前に着いたのは11時。ん…、まあ翌日のことを考えれば睡眠も大事だよ。
オジャガさん♀、午前中はおやすみされてることも多いし。

やっぱり(*´∀`*)

20130416_ojaga_01.jpg

気温高くてポカポカしてるおかげでオジャガさん♀も気持ちよさそうです(*^∀^*)

しばらくすると起きあがって毛づくろいです。

20130416_ojaga_02.jpg

ついでに鼻のアタマもお手入れ(違う)。

20130416_ojaga_03.jpg

オジャガさん♀は、天然で表情がおちゃめだなぁと思います。

あくび。

20130416_ojaga_05.jpg

ぴょーと鳴ってくるくるーっと戻ってくる笛を思い出す…)

それではガイドでのお話を。

この日はかなり寒かったので、寒い中でのガイド開催は気がかりでもあり、
しばらくお外に出なくなる今日くらいはぽかぽか過ごしてほしいなとも思っておりましたが、
たくさんのお客さんが足を運んだそうで、無事にガイドも終わったようで何よりです(*-ω-*)

ガイド開始前までは寝室でぬくりぬくり過ごし、ゴハンに合わせてガイド開始。
といってもゴハンが出されてもなかなか展示場に出なかったそうで、3月の訪問時と同じですね(^∀^;)

この日はガイドのために食事の最中に寝室へのシュートが閉じてしまいましたので、
Σ(゚Д゚||)ゲッ!!ってなってるオジャガさん♀が目に浮かぶようです…。

ともあれ、ガイド本編のスタートです。
以下は許可いただきました転載になります。なお個人的に必要な内容のみ。

<オジャガさん♀の右前肢について>
・小さい頃にシュートから出てきた拍子に、驚いた父親に噛まれてしまいました。
・やむを得ず切断したが、当時は長く生きられないだろうという見解だったそうです。

パパジャガーに噛まれた、ということだけは存じてましたが、そういったいきさつだったのですね。
20歳になったオジャガさん♀、横浜の街の人や動物園が好きな人をどれだけ元気にしてくれたでしょう。

20130416_ojaga_10.jpg

(↑ゴハン直後で満ち足りているせいなのかこの日最も愛くるしい雰囲気だったオジャガさん♀)

<オジャガさん♀の非展示について>
・トラ・ライオン舎の改修工事に伴って、アムールトラがツキノワグマ舎に引っ越します。
・アムールトラもツキノワグマ2頭も檻に閉じ込めておくとストレスがかかります。
・オジャガさん♀は寒いの嫌い、暑いの嫌い、ヒッキーなので大丈夫w ということで非展示に。

確かに、春でもかなり暖かくなってこないとなかなかお外にでてこないオジャガさん♀。
真夏の日差しも全身黒い毛並の彼女には堪えるでしょうし、風通しと温度管理はきちんとケアされると
伺えましたので、快適に過ごせるのが寝室ならばそれに越したことはないと思います(*^v^*)

20130416_ojaga_07.jpg

非展示のお知らせをきいた直後はどこか別の設備に引っ越しするのかな?
と思ってたので引っ越し作業や環境が変わることでのストレスも心配していたのですが、
そういった負担はかからないとのこと。よかった!なおかつ、

・ツキノワグマ舎内での移動は、麻酔は行わずに餌で釣って移動してもらう。
・元いた左端の檻からガイド当日に過ごしていた右端の檻に移動してきた時も同じ方法をとった。
・とゆうことでオジャガさん♀、聞き分けがよい。

麻酔もなし!よかったよかったー!

<今後について>
・非展示でも、獣舎左側の窓から室内での様子が観られるかも。
・今のところ不定期で予告はなしですが、ツキノワグマの代わりにお外に出る日もあるとのこと。
・非展示の間は、野毛山のブログで時々様子を伝える予定。

20130416_ojaga_06.jpg

非公開中も時々は健康のためにお外に出てくれるといいなと思ってましたが、本当によかった!
そしてブログで様子をお知らせいただけるとのこと、大変嬉しいです。楽しみにしています。

3月の訪問時にお知らせを目にした瞬間は、正直ショックでもあったのですが、
できればこうしてくれると嬉しいと思うことを全て対処してくれた野毛山動物園
こころより感謝します。ありがとうございます!

20130416_ojaga_09.jpg

オジャガさん♀、絶対また会いに行くからね。

むしろお外に出てない日でも、獣舎裏の小窓からこぼれでる
オジャガさん♀の香りを嗅ぎに行くのもアリかもしれません((*゚∀゚*))フンガフンガ!

20130416_ojaga_08.jpg

オジャガさん♀、またねーーーーー(*^∀^*)ノシ

くうねるオジャガさんの百面相

3/13に訪問した野毛山動物園より、オジャガさん♀の記事です(*゚∀゚*)
檻の塗装工事も終わり、柵はツヤピカの黒になっておりました。

朝イチのオジャガさん♀。おはようございます!

20130313_ojaga_01.jpg

ん~…、まだちょっとけだるそうな。
でも今日もお元気そうで嬉しいです(*´v`*)

この日は気温は高かったのですが、どえらい風が強くて体感気温がだいぶ低くて、
殆どを寝室で過ごしてたオジャガさん♀でした。

お昼頃に多少風がやんで、展示場へひょこり。

20130313_ojaga_02.jpg

(ベロが長~い)

べろちょろな表情がチャーミング。

20130313_ojaga_03.jpg

相変わらず表情が豊かだなぁと思います。

あくび。

20130313_ojaga_04.jpg

綺麗なキバです。

いつでもおやすみできる体勢になりました。

20130313_ojaga_05.jpg

オジャガさん♀の、垂れがちの大きな瞳(*´д`*)

そしておひるね…。

20130313_ojaga_06.jpg

オジャガさん♀の寝顔………、

相変わらず………、

20130313_ojaga_07.jpg

かわいくない………!

そんなオジャガさん♀が大好きです(*-∀-*)ポッ

ところで、もしかするとしばらく展示場にでてなかったためでしょうか?、
首周りのハゲがちっさくなってました。よかったですね(*^o^*)

そして観る者の胸をしめつける、西(多分)の空のかなたをみつめる真っ直ぐな眼差し。

20130313_ojaga_08.jpg

時間が下ってくるといつも、オジャガさん♀は西の空をみつめてるので、
何をみて何を思ってるのか気になってたんですが、ひょっとしてゴハン待機でしょうか?

ライオンとアムールトラのごはんタイムが終わった飼育担当さんが下りてきて、
ジャガーとツキノワグマ舎のお食事にとりかかったので。

そうだったのか…(*゚д゚*) (別にそうとは限らない)

ともあれ、この日はオジャガさん♀のお食事姿も観覧できました。嬉しいです(*^o^*)
ですが、強すぎる風のせいで寒かったこの日、ゴハンが並べられてもなかなか展示場に出てこず…。

数分経ってからようやく意を決したように出てきて、
効率よく"ぱっくぱっくむっちゃむっちゃ"とお肉をたいらげてました。

20130313_ojaga_10.jpg

食べ終わったらすぐ、ものすごい速さで寝室に帰っていかれました。
ジャガーだから寒いのは苦手ですし、高齢なオジャガさん♀にとっては一層こたえますよね。
まだ時々寒い日があるけど、暖かい日が続くといいですね。

…でも、ダッシュで走り去るオジャガさん♀の後ろ姿はチャーミングだったのです。
(我ながら意地の悪い感想なのですが、可愛らしいと思ったことは記しておきたい…)

ゴハンは食べたいけど寝室から出るのは寒いので葛藤中のオジャガさん♀。

20130313_ojaga_09.jpg

来週の平日休みに会いに行こうと思ってますが、お元気にしてるといいなぁ。

オジャガさんの展示に関するお知らせ

3/13~14にかけて、野毛山動物園、群馬サファリパークへでかけてきました!
とても恵まれた遠征だったと思います。また追々記事にしていきたいと思います。

先月分もまだアップできてない記事が結構あるんですが、取り急ぎこちらを先に上げておきます。

3/13に訪問した野毛山動物園のツキノワグマ舎の傍にあった掲示。

20130313_ngymz-kokuchi_01.jpg

20130313_ngymz-kokuchi_02.jpg

なんと。
オジャガさん♀、4月下旬から非展示になるそうです。

下旬とありますが、具体的な日時はまだ確定してないのかしら…。
展示再開予定はあるようですが、少なくとも耐震補強工事の完了後でしょうし、だいぶ先ですね。

20130313_ojaga_00.jpg

相変わらず大きくて真っ直ぐな視線が印象的なオジャガさん♀。
彼女は若々しくみえても御年20歳なので、必ず再びお会いできるとは限らないわけで…。

4月、もう一度会いに行こうかな…。
勤め先のシフト次第ではありますけど、日帰りででもできれば行きたいな…。
そして今回、会いに行けて本当によかった…(´Д`;)、奇跡の3連休シフトであった。

(3/26追記)
公式HPのリンクも貼っておきます。

よこはまのどうぶつえん【お知らせ】爬虫類とトラ・ライオン、ジャガーの展示について


4月のシフトが決まって、晴れて連休がありませんでしたので、日帰りで行く所存です。
いつ行こうかしら…(*-ω-*)

ナイトのげやまでオジャガさん

8/11~12の日中、東京でヲタクのイベントに参加したのち、
8/12の夕刻~8/13に横浜(野毛山)→静岡(日本平)へとジャガーツアーしてきました。

野毛山動物園へは、夜間営業のナイトのげやまへ行ってまいりました。
ものすごく楽しかったです!…が、ナイトのげやまについてはまた記事を上げることにして、

ぬん。

20120812_ojaga_03.jpg

オジャガさん♀です(*´∀`*)
今回もまたお会いできてとても嬉しかったです。

16時に野毛山動物園に到着しましたが、この時間ではまだ暑いのかクチが開いてるオジャガさん♀。

20120812_ojaga_01.jpg

オジャガさん♀はクチ開けてても顔がコワくみえなくて、感心…いや感嘆しました。
キコさん♀ですら、クチ開けてる時はギャラリーから「コワい」とゆう声がもれたのを聞いたのに。
オジャガさん♀のお顔だちもあるとは思いますが、ローラちゃん♀の般若感(3枚目)とエラい違うなぁ。

この時は毛づくろいしてるかと思いきや、床をぺろってました。

20120812_ojaga_02.jpg

何か美味しい味でもしたのでしょうか。相変わらず、茶目っ気ありますね(*´v`*)
(イヤ別にねらってしてる動作じゃないでしょうけど…)

オジャガさん♀の大きな瞳と真っ直ぐな眼差しにも勿論惹きつけられますが、

20120812_ojaga_04.jpg

個人的には、茶目っ気もそなえてるところが、好きとゆうか凄いお方だと思います。

日が落ちた後のジャガー舎。

20120812_jaguarsha_01.jpg

(23と番号がついているのがそうです)
本当はもっと暗かったんですが、夜間撮影の方法が今ひとつ判らず。

↓の写真も明るくて雰囲気が全然伝わらないのですが、そして判りにくいのですが、

20120812_ojaga_05.jpg

暗い中ではオジャガさん♀の目が光っています。
普段は絶対観られないので、感動です。夜間営業バンザイヽ(*´∀`*)ノ

野毛山の看板女子

3/13に訪問した野毛山動物園から、看板女子お二人のお写真。

まずは、フタコブラクダのツガルさん♀。お食事中。

20120313_futakoburakuda_03.jpg

地元住民でもなく動物園に興味がなければ知らなかったりもするけど(半年前のわたしです^^;)、
野毛山動物園といえば、フタコブラクダのツガルさん♀!というくらい有名で人気者です。

旺盛な食欲です。食事中のお姿拝見できて嬉しかったです(*^∀^*)

20120313_futakoburakuda_02.jpg

ラクダ舎に展示されている彼女の悲しい生い立ちを読んで涙せずにはおれません。
しかし元気で長生き、今や推定36歳で世界最高齢。大変な人気にて、4/1から営業部長になられてます。

20120313_futakoburakuda_01.jpg

青草の切れ端ついてる辺りがかえって営業部長らしいベストショット。

あとこれ、爆眠中のオジャガさん♀。

20120313_ojaga_00.jpg

ある意味ぬかりのない寝顔です…。

オジャガさん♀はすこぶるつきの美人であり、痛ましさもあり、ですが、
そういういかにもヒロイン的な魅力にとどまらないのが彼女の一番凄いところのような気もします。

ツガルさん♀もオジャガさん♀も、というより野毛山動物園が地元の方に大変愛されていて、
それはどこの動物園もそうだろうけど、野毛山動物園は際だっていて、それって理想だなぁと思います。

野毛山のオジャガさん

3/12~13のジャガーツアーのひとまず締めです。3/13の野毛山動物園にて。

野毛山動物園のオジャガさん♀。
生後7か月の時、パパジャガーに噛まれた怪我が元で、右前肢を失くしました。

20120313_ojaga_05.jpg

ジャガーさんにハマってから間もなく彼女のことを知り、とても気になっていた存在です。

今年の1月に初めて会いに行きましたが、寒かったその日は寝室との行き来が自由になっており、
放飼場に出ていた時間があまりなくて長くは会えなかったので、またお会いしてきました。

20120313_ojaga_04.jpg

細面で、垂れがちの大きな瞳が印象的な、すこぶる美人のジャガーさんなのです。
今年の秋には20歳になるので高齢ですが、若々しくてチャーミングです。

今回は、前回訪問時とは異なり、浜松を訪問した前日よりもだいぶ暖かかったので、
オジャガさん♀も開園直後から気持ちよさげ~、にウトウトしてらっしゃいました。
…とゆうか13時半くらいまでゴロリでスヤァでした。

爆眠中のオジャガさん♀。

20120313_ojaga_06.jpg

この時の彼女は、確か美女だったよね…?と一瞬うろたえざるをえないようなリラックスした寝顔でした(´∀`;)

時々目を覚まされて、カメラ目線をくれました。

20120313_ojaga_01.jpg

んべっ。

クチが乾いていたのか、ベロを出したり戻したりしてた瞬間なんですが、
なんだかとってもイタズラっぽい。

そうかと思えば、

20120313_ojaga_02.jpg

「キラキラ」して「しっとり」したキレイなおネエさん、のような表情。
コスメとか美容品のCMにでてきそうな(自分でいっててよく判らない^^;)。

美形なだけじゃなくて、表情がものすごく豊かなのがオジャガさん♀なんですね(*´v`*)

20120313_ojaga_03.jpg

次はいつオジャガさん♀に会いに行こうかしら…(*´~`*)