金沢ツノヒヅユーラシア編&オカピ

しかし金沢動物園である。

昨年の11/12に訪問しました横浜の金沢動物園より、ツノツノヒヅメの後半です。

アラビアオリックスさん。お食事中。

20131112_arabiaorix_01.jpg

こちらは福岡市動物園でも飼育されてますね。
そのせいか来園者アッピール控えめにちょっぴり感じなくもないのだけど、
偶蹄類の中でも好きな種なので、お会いできるのを楽しみにしていましたよ~(*^∀^*)

カメラ目線もらえました。

20131112_arabiaorix_02.jpg

(お隣にカラス居るなぁ)

20131112_arabiaorix_03.jpg

なんか語らってるのかしら。

引き続きまして野生で最も小さいウシといわれる、ローランドアノアのサツキさん♀。

20131112_lowlandanoa_02.jpg

ただいま30歳!5月に31歳になるそうです。さらに長生きしてほしいですね。
お会いできて本当によかった。大変愛らしいお姿をされてます。

この写真ではちょうどツノが隠れてみえまへんが…。
ちゃんとツノがあります。

横から。

20131112_lowlandanoa_03.jpg

後ろから。

20131112_lowlandanoa_01.jpg

(愛らしい後ろ姿…)

彼女も日本で最後の一頭。
それだけではなく本来の生息地でも頭数が減っています。

さらに続きまして、野生で最大のウシ、ガウルのイチゴさん♀。

20131112_gaur_01.jpg

メスでも大概大きい!(比較対象もなく伝わらない写真^^;)
アタマと背中のコブがチャームポイントでしょうか。

まつげが長い~!

20131112_gaur_03.jpg

サツキさん♀もそうでしたが、西日が当たってとても美しい。

20131112_gaur_02.jpg

絵画のようです(イチゴさん♀美しいというハナシ)。

彼女も日本最後の一頭です。なので比較できないけどきっとガウル美女だと思います。
そして野生化の頭数が減っていることもローランドアノアと同じくです。

今回の最後は、オカピのキィアンガさん♂のお食事とオカピケツで。

20131112_okapi_01.jpg

ズーラシアで国内オカピの繁殖に貢献されたお父様。
今は金沢動物園でのんびりとご隠居されてます。

駆け足で周ったこともあり、キィアンガさん♂はお食事姿のみの観覧となりました。
次回の訪問ではたっぷり時間をとってお会いできたらいいなと思います。

ズーラシアのおさーれアニマル

9/7に訪問したよこはま動物園ズーラシアより、はなやかであざやかな皆さんです。
中にはズーラシアにしかいない種もいて、横浜という街は動物園までお洒落なのでしょうか。

それでは順路にしたがってお会いできる順です。

まずはアジアの熱帯雨林ゾーンより、ドゥクラングールさん♂。国内ではズーラシアのみ。

20120907_douclangur.jpg

"世界一美しいサル"と呼ばれていますね。
結構動き回ってらっしゃったので、これで目一杯頑張って撮れた一枚です。
訪問時はオス2頭のようだったのですが、お嫁さんに会える時もあるのかしら?

ズーラシアはドゥクラングールに限らず、美しいおサルさんが揃ってました~♪
各サル舎が広めで内側に植栽が多いために、おサルさん達の姿もよく映えるのかもしれません。

あと、南国のサルだけでなく、ニホンザルが非常に綺麗だったことに大変感銘でした。
横浜ではニホンザルまでお洒落なのか…。後日別記事にしたいと思います。

オセアニアの草原ゾーンより、セスジキノボリカンガルー♀。こちらも国内でズーラシアのみ。

20120907_sesujikinoborikangaroo.jpg

これはママのワリさん♀なのか娘のビワちゃん♀なのか判らずですが。
この日の訪問では、ほとんど背中を向けてらして、かろうじておカオが撮れた一枚でした。

背中にスジ模様があるから"セスジ"で、樹上性のため"キノボリ"で、カンガルー。
通常のカンガルーと違ってぬいぐるみ体型であります、そして体毛の色合いが大変美しいのです。
正面顔も他にみたことない感じでとても愛らしいみたいなので、また機会つくってお会いしたいです。

あそうだ、オセアニアゾーンのレストランでお昼食べたのも載せておこう。

20120907_lunch_zoorasia.jpg

パンフレットに載ってた、オージーヒルグリルステーキです。限定30食につられて。
初めて訪問する動物園では必ず食堂でお昼をとり、なかなか美味しかったら次も入るようにしてます。
次回もレストラン決定で、今度は別のメニューを頼んでみたいと思います。カレーとか。
あとオカピサンデーを食べる(タイムオーバーで食べ損ねた)。

アフリカの熱帯雨林ゾーンより、オカピのホダーリさん♂です。世界三大珍獣の一つですね。

20120907_okapi_01.jpg

あとの世界三大珍獣といえば、ジャイアントパンダとコビトカバですが、
独特の模様と美しい茶色の毛並みを持つオカピがいるところがズーラシア的なのでしょうか。

発見された当初はシマウマの仲間と思われたけど、実はキリンの仲間というのは有名な話ですが…、

20120907_okapi_02.jpg

このお顔だちは、確かにキリンですね。

20120907_okapi_04.jpg

ベロもキリンとおんなじです。

お食事中を撮りまくってたらニラまれたような気が(^∀^;)

20120907_okapi_03.jpg

ホダーリさん♂、ハンサムですね。しかもベロチラでおちゃめです。

20120907_okapi_05.jpg

そして、よこはまのどうぶつえん3園では、
来年の3月末までオカピ募金をしてますので機会があれば是非。

オカピ保護プロジェクト緊急救援資金を募ります(よこはまのどうぶつえんHPより)

最後に、同じくアフリカの熱帯雨林ゾーンより、アカカワイノシシ

20120907_akakawainoshishi.jpg

閉園間際に訪れたので、室内に収容後のお食事写真のみとなってしまいました(´Д`;)
しかしながら、なんと可愛いのでしょう。赤茶の体毛、耳のカーリィな房毛…。

11時半に入園後、最奥にあるアフリカゾーンのオカピ舎まで進み、写真を撮り終えた15時の時点で、
会いたかった各動物の皆さんのご尊顔を拝む、お写真を撮るとゆう目的がほとんど未達成でした。
パンフレットをロクにみないまま、入口近くのアジアの熱帯雨林ゾーンまで急遽引き返し、
駆け足で写真を撮りまくり、なんとかあらかたの目的は達成できたな~(ご満悦)なんて思いながら、
亜寒帯の森ゾーンでパンフを開いたら(16時回ってる)、…イノシシがいたーっΣ(゚Д゚||)

ということで、(小)走りました。つかれました…。
でも16:20過ぎにアカカワイノシシ舎前に到着できて、写真も撮れたのでした。
次回は時間をゆっくりとって、屋外にいる彼らを観たいと思います。

ズーラシアでは、思いの外園内を駆けずり回ることになって、
ハイテンションな楽しさもあった気がします。

また、是非行きたいです。次はきちんと終日滞在で。