到津の森のカラフルバード達

8/23に訪問した到津の森公園の続きです。
今回は鳥スペシャル(という程ではない)だよ!
初めてお会いした種もいくつかあって、楽しかったです。

入口にバードケージがありますが、そこで早速。

20130823_mugiwaratoki.jpg

ムギワラトキ。オーストラリアにお棲まいよ。
黒い部分はよく観ると、濃ゆいレインボーカラーです。好みだ!

他にも気になる種がありましたが写真が今イチだったので、割愛。
機会をみつけて再訪問したいです。

これまた大好き、オウギバトさん。

20130823_ougibato_01.jpg

相変わらず、色も形もたまらなくグッときます♪

ところでオウギバトは初めてではないですが…、到津の注目はこちら!

20130823_ougibato_00.jpg

かわいい!目をひく!判りやすい!
…とまあ三拍子揃った、種と個体の紹介掲示。

このような手作り感満載の紹介掲示が殆ど全ての種にあるのです。
あまりに可愛らしくて、掲示物も撮りまくってしまいました(*^∀^*)

引き続いて、ゴシキセイガイインコさん。

20130823_goshikisegaiinko_01.jpg

写真は今イチですけど…、あまりにカラフルなので。

紹介掲示はこちら。

20130823_goshikiseigaiinko_00.jpg

到津の看板群が工夫されてると思うのは、褪色や破損が目立たないデザインと仕上げ方。
ぱっとみの可愛らしさや手作りっぽさによる温かみ以上に実用的だと思います。
勝手に思ってるだけではありますが。

さらに続いて、スミレコンゴウインコのカブさん♂。

20130823_sumirekongouinko_01.jpg

なんとあざやかで濃ゆいあお色!

カイカイ。

20130823_sumirekongouinko_02.jpg

京阪神の動物園では会えないので、新鮮に感じてしまうだけかもしれませんが、
すこしだけ濃い黄色がアクセントにはいってるところも、とても好みです。

それから、この日はワライカワセミのガイドに居合わせることができました。

おやつのマウスとともに。そして体重計に乗っています。

20130823_waraikawasemi_02.jpg

おやつをあげる時に体重計へ誘導して、体重チェックもします。
こうした日々のケアの積み重ねが飼育動物達の健康の元なのですねぇ。

別のコですが、マウスを呑み込んだ瞬間。

20130823_waraikawasemi_01.jpg

瞬膜がでるのですね。

マウスは丸呑みにされますが、毛や小骨は消化せずに吐き出されるんだそうです。

20130823_waraikawasemi_00.jpg

もっと毛玉っぽいそうですが、この時は前日から朝方にかけての大雨で濡れてしまい、
泥のかたまりっぽくみえてます。手前にあるいくつかの小枝のようなのが小骨です。

この毛玉は名前があるんですけど、どうしても思い出せない、ごめんなさい。
また到津へ出かけてガイドを聴けということかもしれません(^∀^;)ゞ

看板を含めると、到津の森公園の写真は結構多かったので、またぼちぼち続きます。

(追記!)
コメントやツイッターでもリプいただきまして判明しました。
毛玉はペリット、またはペレットでした。
ご教示くださった皆様、ありがとうございます!

アレですよね、配合飼料と同じ名称。
形状が似てるからそう名づけたのかしら??

(さらに追記!)
当初、ワライカワセミがくわえているのを"ラット"と書いておりましたが、
大きさからすると、"マウス"ではないかとのことで、修正しています。

ラット:クマネズミ属。身近な種だとドブネズミとか。
マウス:ハツカネズミ属。

なお、ペレットについても、ご教示いただきました。
一般的には小さい固まりを示す、のだそうです(さしあたってのWikiさん)。
なるほど、吐き出した毛玉も配合飼料も確かに小さい固まりですね!

個人的には、"ペレット"ときくと、
わんぱーくこうちのグラントシマウマ君を思い出してしまうのですよねぇ。
ペレットが大好きだから、ペレットさん♂というお名前なのです。

えええ(^∀^;) そういう由来…好みの名づけ方ではありますけど…。
ズーラシアのダッシュ君♂が"ケイトー(鶏頭)"って名づいてるようなものでは(^∀^;)?
(そうだけど違います)
スポンサーサイト

2013/5/21の大牟田CityZooより

タイトルの通りです。2ヶ月も前ですが…。
これでも大牟田市動物園は、毎回訪問を楽しみにしている動物園のひとつなのです。

入って一番最初に会うのが、ゴマフアザラシのオーちゃん♀とムーちゃん♀。
紹介写真と視較べてみたけど、ごめんなさい、どっちがどっちか判りませんでした…。

(追記:ツイッターのフォロワー様に教えていただきました!
 鼻先が白いのがオーちゃん♀、全体的に茶色っぽいのがムーちゃん♀だそうです)

プールの水入れ替えで、排水口から勢いよく出る水にあたってるお二人。

20130521_gomafuazarashi_02.jpg

(↑ホワイトバランス太陽光ちゃん:オーちゃん♀)

20130521_gomafuazarashi_03.jpg

(↑ホワイトバランス日陰ちゃん:ムーちゃん♀)

きっとシャワーみたいで気持ちいいのでしょうね~。

20130521_gomafuazarashi_01.jpg

「ねっ♪」(ムーちゃん♀)

大牟田市動物園にもいろんな長老動物がいらっしゃいますが…、最長老といえば!

20130521_momoiroperikan.jpg

モモイロペリカンのペリーさん。性別は不明。
50年以上、大牟田市動物園にお住まいの国内最長老ペリカンさんです。

さらに、大牟田ZOO自慢のウォークインバードケージより。

20130521_indokujaku_01.jpg

白変種のクジャクさん達が競ってアピールしてるけど…、
中にいたはるのはフサホロホロチョウさんではないかね…。

オウギバトのパプアさん♂。

20130521_ougibato.jpg

この日はバードケージにも長く居座るゆとりがあって満喫できたのですが、
滞在中はずっと上の枝にとまってたため、間近には会えなかったパプアさん♂でした。
当初全くどこにいるか判らなくて、職員さんに教えてもらいました(^∀^;)ゞ

相変わらず、居るだけで楽しくて落ち着いた気分になるバードケージでした(*^o^*)
オウギバトにもここでしか会えないわけではないけれど、ここで会うのが好きです。

キョンのあゆさん♀。とても小さいシカです。

20130521_kyon.jpg

でかいネズミのカピバラさんと並んだら、なんとも不思議な気分になりそうです。
それにしても、こんなかわいこさんを今まで見過ごしていたなんて…言えない…σ(-∀-;)

ベンガルトラのトラジロウさん♂。

20130521_bengaltora_01.jpg

見事に鼻ピン写真ですが、初めてまともにお顔のお写真が撮れたのです、嬉しい。

これまで奥さんのホワイティさん♀と時間交代だったのが、
広い放飼場に出るようになったおかげで終日お会いできるようになりました。

トラジロウさん♂は、
身体も大きく・お顔だちも華やかに男前で・そして愛想がいい、
とゆう三拍子そろったスター虎でございます。

20130521_bengaltora_02.jpg

5月に訪問したこの時には改装中だったプールが完成して、
今は水浴びもされてるようなので、その姿も観てみたいです(*-∀-*)

ライオンのアサヒ君♂。

20130521_lion.jpg

去年末に大分アフリカンサファリからいらっしゃいました。
先にお引越ししてきたリラちゃん♀に較べて警戒しちゃうタイプらしいですが、
飼育担当さんがそばにいたせいか、この時は間近で大胆に遊んでました。

こちらもかなしみのアクリル越し写真ですが、
彼、とてもイケメンになると思うので、今のうちに紹介しておくのです♪

以上、初夏の大牟田市動物園より時間差でお送りしました。
(そして早いとこシズカさん♀のお写真もアップしなくては^^;)

大牟田でのこにゃにゃちわ

9/19~21の九州ジャガーツアー、
1日目はジャガー的美女シズカさん♀のいらっしゃる大牟田市動物園を訪問しました。

ところで、9月は立て続けに台風が来ていたこともあって、直前まで行くのを迷ってました。
天候は問題なさそうと判ってから、前晩に慌てて準備(往きの交通と一日目の宿だけは確保)しました。

朝イチの飛行機で1日目に鹿児島行くつもりが、華麗に寝過ごしたため颯爽とキャンセルを入れ、
新幹線で新神戸→博多まで行き、在来線で大牟田へ。北上プランから南下プランへ変更しました。
結果的に鹿児島の平川を後回しにしたのはよかったですが、カレンさん♀に献花できたので。

それでもそれなりに早くに起きられたので、昼前には大牟田市動物園に入場できる新幹線に乗れたのに、
在来線への乗り継ぎ時間を気にせずトイレなぞ寄ったところ、その後1時間近く博多駅で待つはめに。
新幹線乗る時にJR大牟田駅まで含めて切符を買ったため、西鉄へ乗り換えるわけにもいかず…。

結局、到着したのは12時半。
大牟田は規模が大きくないので、この時間からでも充分堪能できるだろうと思ってもいたのですが、
前回訪問時よりも他の動物への興味が強くなってきてたせいか、微妙に足りませんでしたね…。

で、足りなかった原因が、特にこちらの方々でございます。

まずは、バードケージからオウギバトさん。パプアさん♂だそうです。

20120919_ougibato_01.jpg

うーなんてお洒落なんでしょう(*゚O゚*)

ただ綺麗とか美しいとゆうより、ファッションセンス的に好みであります。
頭部の形状が面白い分、色数は抑えられているそのバランスのよさたるや~。
そして肢だけ系統の違う色と柄をもってくる達人的コーディネート感!

20120919_ougibato_02.jpg

オウギバト自体には前回お会いした時に、その綺麗なお姿の印象がとても強かったのですが、
写真を撮れてなかったので、今回は必ず撮ろうと思ってしばし追いかけてました。

…の割には上手く撮れなかったんですが。見切れてるかピンボケばかりで(´∀`;)
がしかし、シズカさん♀も大変気になるので、そこそこで切りあげてしまいました(´∀`;)

今回もあまり長居はできなかったけど、大牟田のバードケージは本当に素敵です。
キレイどころがそろってるのと、羽数がさほど多くないせいか、中にいる鳥たちも
ゆったりしているように感じられるのかもしれません。

奥に進んで、アフリカゾウのハナコさん♀。お食事中。

20120919_africazou_01.jpg

しばし眺めてたらご挨拶(と思ってるんですが違うかしら^^;)してくれました。
おひさしぶりです~(*^∀^*)

20120919_africazou_02.jpg

ハナコさん♀は美女ではないような気がするけど、愛想がよくてチャーミングな印象です。

それから最奥にいるアミメキリンのリン君♂。

20120919_amimekirin_01.jpg

結構ひとなつっこいらしくて、気になるヒトがいたら寄ってきてくれるらしいのです。
しばらくリン君♂を眺めてたら、いつの間にか顔を寄せてくれて、移動するとついてきてくれて…。
わお~、わたしのことも気になりますか(*゚∀゚*)?

…ですが、興味を示すのは7~8割男の人らしい…。オスと思われてたんですかね(´∀`;)

アップ。

20120919_amimekirin_02.jpg

いいよオスと思われてても!

飼育担当さんがゴハンをあげてました。

20120919_amimekirin_03.jpg

この後、ガイドタイムではと思うくらいにいろんなお話をしてくださいました。
お忙しい中ありがとうございました。大牟田は職員さんが素敵ですよね…。

そして、ライオンのリラちゃん♀。
2011年7月に大分のアメリカンサファリで生まれたぴちぴちのお嬢さんです。

20120919_lion_01.jpg

レオさん♂のお嫁さんとして来園したのですが、残念ながらレオさん♂は7月に亡くなられまして…。

レオさん♂は、自分が今までお会いしたことのある牡ライオンの中で一番のイケメンでした。
大牟田の猛獣舎は、結構檻が頑丈なのとガラス板はくもっているのとで撮るのが難しく、
それでも次に訪問したら頑張って撮るぞーと思ってたんですが、かないませんでした。

つつしんで、レオさん♂のご冥福をお祈りします。

あくび。

20120919_lion_02.jpg

そしてリラちゃん♀、自分が通りがかった時は退屈そうにしてたので、声をかけてみたところ、
一緒に走り回って遊んでもらえました。寝不足の身にはこたえましたが、とっても可愛かった~!

お一人でいらっしゃるのがさみしそうなのが、ちょっとココロがいたむところですが…。

20120919_lion_03.jpg

細面で大きな瞳。彼女、おっきくなったら相当な美人さんになるのではと思います。

…とまあ、目の前にいる皆さんももっと眺めていたいけど、
シズカさん♀にもお会いしたい…!と思いながら、終日そわそわして閉園まで過ごしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。