2014年王子動物園始め

本日(1/6)はたっぷりめに時間をとって王子動物園へ出かけてまいりました。
王子動物園の皆さんに年始のご挨拶でございます。写真は概ね撮った順です。

着いたタイミングがよくて、
担当さん達がマックさん♂にポーズをキメてもらうようにしてくれました。

20140106_asiazou.jpg

マックさん♂、担当さん、ありがとうございます!

早速、円形猛獣舎へ。

20140106_lion.jpg

今年も変わらず仲よしなラオさん♂とサクラさん♀。

すこぶる食が進んでいる旦々さん♀。

20140106_giantpanda.jpg

今日は横からアングルでお食事姿を眺めましたが、本当によい食べっぷりでした。
彼女のワイルドさを感じて、撮った写真観返すのが楽しかったです(写真の出来とはまた別^^;)。

ジャガーさんばかりでブログにはあまりアップしてないけれど、
円形猛獣舎の皆さんの次に撮影枚数が多いのが、チベットヒグマさん。

20140106_tibethiguma.jpg

今日もお会いできて嬉しゅうございます(*^o^*)

ボルネオオランウータンのムムちゃん♂。

20140106_orangutan_01.jpg

この後、手前に来てぶらさがり遊びしてくれて、大サービスでした。

楽しく楽しくお写真撮らせてもらいました。

20140106_orangutan_02.jpg

ムムちゃん♂もそれは楽しそうに遊んでらっしゃいました。
(「可愛い」の連呼はいかがなものかと思うが、この彼を可愛いと言わずしてなんと言おう)

20140106_orangutan_03.jpg

それにしても、あぶなげなくホースからホースへ渡る姿が頼もしい…。

お隣のシロテテナガザル、ママシロテのクリクリさん♀とベビちゃん。

20140106_shirotetenagazaru.jpg

シロテベビちゃんの身体能力もめきめきとあがってて頼もしい限りです。

ものすごく機嫌がよさそうな表情で撮れたニシアフリカコガタワニさん。

20140106_nishiafricakogatawani.jpg

動物園のネコ科やクマでみかける行ったり来たりの常同行動のような動きをしていました。
前にも別の動物園、別のワニさんでみかけたことがあるけど、一体どういう時の動作なのでしょう。

王子動物園からのお年玉であったのか、
今日はいつも以上に楽しく周れた気がするのと、写真も楽しく撮れました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

姫ZOOにて姫子さんと皆さん

動物園もジャガーさんも関係ありまへんが…、
昨日は友人達と3人で、今大人気の"日本のマチュピチュ"、竹田城へ出かけてまいりましたー!

(比較的それっぽい証拠写真)

20131013_takedajo_00.jpg

スケジュール上、城下一面に広がる…とまではいきませんでしたが、
今時分に見やすいという雲海も観られて(上の写真の奥の方)、大変楽しかったです(*゚∀゚)=3
誘ってくれた、お城巡りが趣味の友人に感謝です。どうもありがとう(*´∀`*)

がっ、しかし…。張りきってカメラも持ってって写真も沢山撮ったのですが、
ごく最近気づいたカメラのゴミが、風景写真では間抜けかつ致命的な映り込みをしてまして。
ああ、とっても自分らしいオチだけど、クヤチィ。

それと、雲海チャンスの時期の3連休の真ん中ということもあり、
もんの凄い混雑でして。その混雑具合はたとえるなら、GW中の多摩動物公園にて、
開園前のエントランスゲートであるとかライオンバスに150分並ぶような感触でしたσ(^∀^;)

なので次は比較的閑散期に、出かける直前にはカメラ清掃もして、再訪問したいと思います。
(とはいえ来年の大河ドラマ推しらしく、当分はいつ行っても大盛況の予感^^;)

さて、竹田城からの帰りに姫路で途中下車して、姫路城と博物館を見学しました。
友人達が博物館へ行ってる間、わたくしは別行動で姫路市立動物園へ。

王子動物園から先月帰宅されたアジアゾウの姫子さん♀、どうしてるかなぁと思いまして。

20131013_asiazou_01.jpg

ゾウ舎(姫子さんの家)へ行ったらちょうど、トレーニングとごはんの前でした。

帰宅前の時期にはストレスから擦り傷だらけだったのですが、だいぶよくなってる印象です。

20131013_asiazou_02.jpg

うう~ん、よかった。

飼育担当さんと。

20131013_asiazou_03.jpg

表情ものびのびしてるようにみえます…。

トレーニングが済んで、ごはんタイム。

20131013_asiazou_04.jpg

みえにくいけど、鼻でつまもうとしてるのはリンゴ。なんだか楽しそう。
白菜は長らく残ってたけどあんまり好きではないのかしら?

姫子さん♀のお元気そうな姿にお会いできて、大変よかったです。

続いて姫ZOOの皆さん。

グラントシマウマのアケビママとチェス君♂。

20131013_grantshimauma_01.jpg

並んで穏やかな表情。

…と思ってたら、

20131013_grantshimauma_02.jpg

チェス君♂がフレ~メ~ン。

巣箱から出てきたところを撮ったペンギンさん。

20131013_magellanpenguin_01.jpg

姫ZOOのペンギンはマゼランペンギンなのですね。
日本の動物園で最もよくみかけるフンボルトペンギンより濃い色合い。
あと、フンボルトやケープより黒いラインが多い模様(二重の意味で通じる)。

20131013_magellanpenguin_02.jpg

かなり大きくなってる様子のヒナがもたれてるのは親ペンギンでしょうか。

ホッキョクグマのユキさん♀。

20131013_hokkyokuguma.jpg

その名の通り、真っ白なフワクマになっておられました。
夫のホクトさん♂はそこそこミドリでした(歩いてたので自分の腕では撮影できず^^;)。

以上、おひさしぶりの姫路市立動物園でしたが、楽しい時間を過ごしました。

ぞうの国のゾウさんショー

2/13に訪問した市原ぞうの国より、ゾウさん達のショーです。
市原ぞうの国といえばゾウ!ゾウだぞう!

ぞうの国への到着時刻がお昼を回ってましたので、午後のショーを観覧しました。
この時のショーではゆめ花ちゃん♀を含め、5頭のゾウさんが演技を披露してくれました。

自分の陣取った観覧席からはみえなかったけど、ショーの前にゾウさん達が
一列に並んで獣舎からステージに移動してくる姿はさぞ観応えがあるだろうと思います。

ゆめ花ちゃん♀。

20130213_ajiazou_01.jpg

5歳ともなるもさすがに身体も立派です。
前足をクロスさせて高い声をだすご挨拶が大変キュートでした~。

それにしても…、いちごのワンポイントがついたリボンの耳飾りが可愛い。
園内にある彼女の写真には、ひとつとして同じ耳飾りがなくて、衣装持ちのお嬢様みたいです。
そんなとこばっかみてて申し訳ないけど、どれもこれも可愛いおリボンなんですよ。

そしてこの耳飾りはどうやって着けてるんでしょう…。

大人の皆さん。

20130213_ajiazou_02.jpg

(個体識別はごめんなさい)

早速、ショーの開始です。

20130213_ajiazou_03.jpg

ところで市原ぞうの国は今年で25周年だそうです。
個人経営でこれだけの期間継続するのは並大抵ではないだろうなと思います。

いろんな芸をみせてくれます。

ハナで子どもを持ちあげる。

20130213_ajiazou_04.jpg

ゾウさん達が楽しそうな表情で芸をこなしてる姿が印象的です。
観てる時は感心してばかりでしたけど、今見返すとチビッコうらやましーですね!

ヒトまたぎあるき。

20130213_ajiazou_05.jpg

やけに間をとったりして小ワザがきいておるのです…。

ダンシングエレファンツ。

20130213_ajiazou_06.jpg

写真では判りませんが、動作もなかなかリズミカルです。
楽器を演奏したり(タンバリンとか打楽器系)、観てて楽しいです。

台座に上がります。トレーナーさんも立ちあがる。

20130213_ajiazou_07.jpg

お座り。

20130213_ajiazou_08.jpg

台座に立った後お座りってなかなか高度なことをしてるのでは…?
(全くの素人感想)

ゆめ花ちゃん♀のフラフープ回し。

20130213_ajiazou_09.jpg

5つ回せます!(写真は4つ)

エンディング。

20130213_ajiazou_10.jpg

他にも載せてない芸もあり、皆さん本当にいろいろな技をみせてくれるのでした。
そしてゆめ花ちゃん♀はじめ、ゾウさん達が楽しそうに芸を披露してたのが、何より印象深かったです。

ショーが終わった後は、引き続きゾウさんの背中に乗るイベントをしてました(有料/予約制)。
売店にはゾウのオブジェがあったり、ゾウモチーフの雑貨も販売されていて、眺めるだけでも楽しいです。

とゆうわけで市原ぞうの国といえばやっぱり、ぞうなんだゾウ!

浜松のアムールトラっ仔

12/5の浜松市動物園訪問で、よかったことが2つありました。
ひとつめは勿論、サチさん♀のことを詳しく伺えたことです。

ふたつめは、アムールトラっ仔の散歩姿に遭遇できました。

ララララッキー…((゚∀゚;)))

公式HPによれば、運がよければ会えるかも、的な記載は確かにありましたが↓、

わくわく!はまZOO 「加藤飼育員とトラの仔奮闘記 初めての園内散歩編」

それを期待してでかけたわけではなかったので、嬉しさもさることながら、
わたしなんぞが会っちゃっていいのだろうかとゆう後ろめたさを感じてしまったり((゚∀゚;)))
(自分がガチのトララーならともかく…いやトラも勿論好きなんですけど…)

「こんにちは」と声をかけたら、鼻を鳴らしてくれました。おお、なんと…。

20121205_amurtora_01.jpg

かしこくて礼儀正しい、ビクトルさん♂とミーさん♀の息子さんです。

なんとゆうか、現実離れした可愛らしさでした。いろんな意味で。

20121205_amurtora_02.jpg

(どんなに可愛かったかなんて、カミソリコメントたまわりそうだから書かないぜ…)

(覚え書きとしては書いておきたい、…素敵な思い出も死滅する脳細胞には勝てないかなしさ)

興味深かったのが、仔トラ君♂が飼育員さんと一緒にお散歩にでると、
周りの動物が一斉に興奮、大注目してるんですね。その光景もまた観応えがありました(^∀^;)
(その時のコタロウさん♂もすんごい撮りたかったなんて言えやしませんけども…)

アジアゾウのハマコさん♀も。
写真の右側に飼育員さんと仔トラ君♂がいて、ギリギリまで身を乗りだしてます。

20121205_asiazou.jpg

飼育員さんやぞう売店の職員さんによると、彼女はいっつも気づくのが遅いんだそうです(*´v`*)

そうそう、去年初めて浜松市動物園を訪問した時にたくさんお話聴かせていただいた、
ぞう売店の職員さんに再開できましたことも嬉しかったです。お礼言えてよかった(みっつめ)。

最後にもう一枚。

20121205_amurtora_03.jpg

どうか健やかにおおきくなってくださいね。

10/9_王子動物園より

11時半頃、インドゾウの昼餉でございました。

20121009_ajiazou_01.jpg

ズゼさん♀、ものすごく美味しそうな顔して食べてます。

そこへマックさん♂が、ズゼさん♀のそばへ後ろ歩きでやってきます。

20121009_ajiazou_02.jpg

ゴキゲンそうなマックさん♂と、みるみるテンションのさがってきた表情のズゼさん♀。

ゴハンかかえて即座に奥まで移動するズゼさん♀。

20121009_ajiazou_03.jpg

マックさん♂がイヤとゆうより、美味しいゴハンを奪われたくないのでしょうか。
一方、マックさん♂は一緒に食べたいのかおかずをねらってるのかどっちなんでしょう。
両方かもしれませんけど。

気づけばゾウシャワーの季節も終わっております…。
また来年、水浴び姿を観られるのを楽しみに待ちたいと思います。

フラミンゴも昼餉でした。

20121009_flamingos.jpg

大ザルいっぱいのオキアミが普通に美味しそうにみえました。
(そんな感想…)

これまでにもトライしつつも、まともにおカオを撮れたのは、
今回が初めてのコアラの皆さん。記念にアップ(*´∀`*)♪

…相変わらず、自分の「よく撮れた」の達成レベルはカオが収まってることです(´∀`;)ゞ

モミジさん♀。

20121009_koala_01.jpg

ソラさん♀。

20121009_koala_02.jpg

(追記:ソラさん♀のこと長らくオスで表記してたすみません…だいぶ後から気づいて修正:2014/01/11)

オセアニアの動物達のチャームポイントはお顔だち、な気がします。
独特の間延び感、とでもいえばいいのか、生態や身体の造りだけじゃなくて、
お顔だちに、他の大陸の動物にはないチャーミングさがあるように思えました。

この日はお昼前到着にはなりましたが、割と長く過ごせて楽しかったです。
連休明けなのに、遠足客が帰った後もけっこう人が多くて、王子動物園は人気ですね。
そして遠足客が一気に増えたことでも秋の訪れをビシバシ感じるのでした。

タマはてんこもりでまた会いたい

9/6に訪問した多摩動物公園より、ひとまずシメです。

多摩は飼育種数もさることながら、一種ごとの飼育頭数がいっぱいいることに驚きました。
チンパンとかオランとか…。個体紹介パネルみて、わ~学校のアルバムみたい、などと思いました。
さすが東京、さすが多摩…(;゚Д゚)=3

アミメキリンさん達もいっぱいいました。(後ろ)

20120906_kirinshimauma.jpg

↑フレームアウトされてる方がまだ何頭かいらっしゃいます。
多摩のシマウマはグレービーシマウマなので、模様が細かくて美しくて、生命の神秘的です。

こんなに沢山ペリカンがいるところを初めて観ました。

20120906_momoiroperikan.jpg

しかもそろってポーズをキメてくる…(^∀^;)

そんなこんなで、園内の移動とか種の多さ、頭数の多さに圧倒されつつも堪能した多摩ですが、
特にまたお会いしたいなーと思ったのが、こちらの方々です。

ナベコウさん。

20120906_nabekou.jpg

この写真じゃ今イチですが、よく観ると黒い羽毛は虹色なんです、ウワー綺麗(*゚∀゚*).*+゜

クロヒョウやクロジャガーの毛並みと同じですね!一見するだけだと真っ黒なのに、
よーく観ると、美しい本来持っている色なり柄なりがチラみえするのです。なんてお洒落!
クチバシと目元と肢のアカもいいな~、アクセントがまたお洒落だな~(*´∀`*)

次回の訪問で、もっと撮りたい鳥さんです。…ダジャレだよ!

そしてアジアゾウのアヌーラさん♂。国内最高齢の牡ゾウなんだとか。

20120906_ajiazou.jpg

周りにギャラリーがいない時にしばし眺めておりましたら、カメラ目線くれました。
ゾウさんにみつめかえされたらやっぱり嬉しいものです。またお会いしたい!ととても思いました。
今回の多摩訪問では、シャモアのモンブラン君♂と並んで、アヌーラさん♂の印象が強く残ってます。

そしてやっぱりライオンの皆様。以下は午後に撮ったものです。
ライオンバスからとか出来がアレな写真ばっかでしたので、それっぽいのも載せておきます。

若者は日陰でたむろし、

20120906_lion_14.jpg

アダルトはペアでくつろいでます。

20120906_lion_15.jpg

シャトルバスも乗ったけど、1日で園内を2巡したので結構がんばったと思ってるんですが、
それでも観れなかった、お会いできなかった方々もまだまだおられますので、
またいつか訪問の機会を持てればいいな~、と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。