はじめましてハクちゃんと齧って遊ぶ仔ジャガー

今月以降のジャガー遠征をどこに充てようかここのところ思案中です。
ブログは2月の四国遠征、高知初日のハクちゃんとココおかあちゃんで更新したいと思います。

毎回楽しみにしている職員さんによるジャガーファミリーのイラスト入り掲示。

20180216_jaguar_01.png

(クリックでちょっと拡大)

斑紋とかお顔だちとかちゃんと個体識別できるのが最高に素敵です。

2017年12月6日生まれのハクちゃん。生後70日過ぎ。

20180216_haku_07.png

ぐぅんきゃわゆい。

プレスリリースのハクちゃん画像を目にする度に思ってましたが、完全にルモ父似ですね。
お顔だちは勿論、頭頂部の綺麗に曲線を描いたラインは形のよいルモどの譲りの頭蓋ではないかと思います。

ところで前々から、"仔ジャガーは齧って遊ぶのが好き"そうに感じていたのですが、
ハクちゃんもやっぱり齧ってる姿を頻繁に目にしました。

20180216_haku_01.png

20180216_haku_02.png

20180216_haku_03.png

20180216_haku_04.png

(しかし美少年やな…)
3枚目は既に猛獣感が垣間見えていいですね。

これまでの動物園オタ活で仔ジャガーほど観覧する機会があったわけではないものの、
仔チーターは遊ぶといえば追いかけっこ、仔ヒョウはやたら両足跳びジャンプする、という印象もあります。
おそらく狩りのスタイルを踏襲しているのだと思います(素人の名推理)。

幼い頃からアゴを鍛える仔ジャガー、いいですねぇ。
鼻にシワを寄せて齧って遊ぶ仔ジャガーは可愛らしくも肉食獣であることを感じさせて魅力的だと思います。
(ついでだけど仔チーターや仔ヒョウに較べると撮影技術がない自分に優しくもある)

植栽のひこばえ(名称をググった)を噛むハクちゃん。

20180216_haku_05.png

あとドアストッパーとか、突起があればとりあえず噛む、くらいの感じ。

ハクちゃんが齧ったり、上ったり下りたりして遊びまわっていた間、終始巡回に徹していたココ母。

20180216_coco_01.png

ココちゃんが早々に母親になったこと、嬉しくも妙な感慨があります。
2014年秋、旭&ココ一般公開初日にはやたらルースさんに寝室に連れ戻されていたあのココちゃんが…!

これまでは母親になった個体は敬称を"ちゃん"から"さん"に変えていましたが、彼女はまだちゃんづけのまま。
近所の子の変化(成長)に追いつけてないおばちゃんのような自分。立派に子育てしてることはちゃんと知ってる!
そして子煩悩なルースおかあちゃんに育てられたココちゃんの子育ても安定感があります。

それにしても、ジャガー達に会いたくて遠方の動物園通いを始めた頃は
いつかはジャガーの赤ちゃんを観てみたいものだ…、とは思ってましたが
子どころか孫にまで会えるとは思ってなかったので喜ばしい。

生後70日過ぎの仔ジャガーの体毛の質感。

20180216_haku_06.png

まだまだ産毛がぽわぽわで可愛らしい。
ココちゃんより淡く、ルモどのより中の斑点が多いハクちゃんの斑紋。
大きくなったらどんな斑紋になるかもまた楽しみです。

あっという間に公開時間は終了となり、ココおかあちゃんに呼ばれて寝室に帰っていくハクちゃん。

20180216_cocohaku_01.png

また明日ね!

(2018/02/16撮影)
スポンサーサイト

おつかれさまでしたハルさん

わんぱーくこうちアニマルランドのハルさんが3月6日の夜に亡くなったそうです。

わんぱーくこうちアニマルランドのお知らせ 「日本最高齢のジャガー『ハル』が亡くなりました」

朝日新聞デジタル 『高知)日本最高齢のジャガー亡くなる がんで闘病』

朝日新聞の記事では担当さんの「がんを患ってから7年も生きて、生命の強さを見せてくれた。」
というコメントがまさにその通りだと思います。本当に本当に長いことがんばってくれました。

20170515_haru_04.png

写真は自分が最後にハルさんにお会いした昨年5月15日、彼女のお誕生日から。
(※昨年は寝室をジャガー舎からトラ舎に移して過ごしていたため写真の展示場もトラ舎のものです)

既に普段は非公開となり療養されていましたが、この日は終日お会いすることができたのでした。
仕事が休みで本当によかったよ!

いつもの、可愛らしいお祝いイラストがついて手が込んでるプレゼント。

20170515_haru_00.png

腫瘍は一昨年よりもさらに大きくなっていて、傍からも痛々しい様子だったけど、
おニクも完食してくれて、毛づくろいやひなたぼっこしてる姿は健在を感じさせてくれました。

20170515_haru_01.png

人工哺育で育ったためにひとなつっこかったと伺っているハルさん。

初めて訪問した時は、そわっとお名前を呼ぶ度に振り向いてくれて嬉しかったです。
翌日の仕事に備えて早めに退出したのですが、名残惜しくて園内一周した後もっかいさよならのご挨拶してみたら
「え、あんたさっき帰ったんじゃなかったの」という顔でみられたのも愉快な思い出です。ありがとう。

自分がわんぱーくこうちに通い始めた頃ハルさんは既にがんを患っていたので、
お会いする度すこしずつ腫瘍が大きくなる彼女をみて自分にできることはないながらも気にかかってはいました。
と同時に過ごす姿はお元気そうでとべから帰還したルモ君との同居にも気力充分という様子でした。

何年かの動物園通いでガンや腫瘍と判明して亡くなるまでの期間というのは決して長いものではない、
という印象を持っていたので彼女の生命力は驚異的だったように素人目には思えます。

先月からは動物病院で過ごしていたと朝日新聞の記事にありましたが、
それにより暖かい環境になったため一時崩した体調を持ち直されたとも先月の訪問の際に伺っていました。

住居環境だけではなく、最後のひとときをより職員さん達の近くで過ごせたことは
人工哺育だったハルさんにとってよかったのではないかと思います。思いたい。

ハルさん自身がどう思っていたのか一来園者の自分には知る由もないけれど、
ルモ君やココちゃんが来てくれてハクちゃんが生まれてくれてにぎやかなジャガー舎に
長らくハルさんが過ごしてくれていたことは、自分にはとてもありがたくまた嬉しいことでした。

20170515_haru_03.png

(全て2017/05/15撮影)

ハルさんはりりしく整ったお顔だちに愛くるしいおジャガー柄(模様ではない)をそなえたジャガーさんでした。

ハルさん、本当に長い間おつかれさまでした。そして貴重な時間をありがとうございました。

それから長らくハルさんのお世話をしてくださったわんぱーくこうちの職員の皆様にもありがとうございます。
昨年のお誕生日会でハルさんの存在を地元の人々に伝えてくださったことにも感謝しています。
個人的に動物園の飼育個体は地元民に知られてナンボ!愛されてなんぼ!と思っています。

※※
ここは自分のためのスペースなのでアップしたいものをアップしたいようにアップしますが、
次の写真は腫瘍が目立つので苦手な方は追記を開くのは控えてください。

Read more...

ざっくり2017年をふりかえる

かなりざっくり2017年のふりかえり。

6月22日 卯月小助 日本平動物園へ転出
7月21日 卯月佐助 とべ動物園へ転出

どちらもお引越し先で人気者になっているようです。嬉しい限り!よかった!

11月6日 京都市動物園で旭くんとミワちゃんが同居訓練(→こちら

これからが楽しみなカップルです。旭くんぎゃむばれ~!

12月6日 わんぱーくこうちでハクくん誕生。

本当におめでとうございます!
ココちゃん、ルモどの、職員の皆様に感謝いたします。
そしてハクくんの健やかな生育を願っています。

20171016_lumococo_00.png

(2017/10/16撮影 お顔がみえないけどじゃれ方がジャガーっぽいと思う一枚)

個人的にジャガーの飼育状況が大殺界かと思うような2015年9月~2016年8月の一年を経て、
比較的穏やかでかつ運気が上向いてきたような2017年だったような気がします。
来年もジャガーさん達の息災と職員の皆様のご健勝を願いつつ、年を越そうと思います。

角材遊びでハッスルモ君

先々月のわんぱーくこうち訪問より、ルモ君です。

おひさしぶり~!

20160515_lumo_01.png

ヨダレ垂れとる!
(なんとなくラッキーな気分になります)

鼻づらにいかにもなキズ痕ができている…。

20160515_lumo_02.png

ハルさんにやられたのかしら。
ワイルディさましまし。

通りすぎたと思ったら…、

20160515_lumo_03.png

角材にロックオン。

両前肢に角材。

20160515_lumo_04.png

よくばりルモ君。

ゴロンゴロン。

20160515_lumo_05.png

20160515_lumo_06.png

20160515_lumo_07.png

しゅりしゅり。

おお…、とても楽しそう。
そういえばおもちゃでハッスルするルモ君は初めて観ました。

これもまた初めて観るルモ君の表情です。

20160515_lumo_08.png

20160515_lumo_09.png

わんぱーくこうちに戻ってものびのび過ごしているようで嬉しいです。

角材遊びに満足したのか、再びウッドデッキへ。

20160515_lumo_10.png

またヨダレ。
(二度も観られてやはりラッキーと思ってる)

ハルさんとは一定の距離を開けながら上手いこと位置取りしているルモ君。
彼は気が弱いという印象もまああるのですが、基本優しいのだろうなと思います。

7月に入って早速めちゃくちゃ暑いけれど、全員お元気に乗りきってほしいです。

(2016/05/15撮影)

わんぱーくこうちのココちゃん

先日のわんぱーくこうちアニマルランドより、
天王寺動物園からお引越しした葉月ココちゃんの様子です。

おはよう、ココちゃん!元気そうだね!

20160515_coco_01.png

9時半から公開とあったので、登場するところが観られるかな~、
と思ってましたが、朝イチからお外出てました!

お外出て一時間くらいは放飼場のパトロールしているそうです。

20160515_coco_02.png

テラスも巡回ポイント。

20160515_coco_03.png

天王寺でもよく組み木の上でまったりしてましたし、慣れたものです。

こちらは屋内観覧施設の入口にあるココちゃん歓迎の掲示。

20160515_coco_00_02.png

あっ、この写真上に「ようこそ高知へ」など貼ってあると思うのですが、見切れてますね…。
詰めが甘いな、自分…。

でも、ココちゃんをとても歓迎してくださっている雰囲気は十二分に伝わるかと思います。
天王寺動物園のおわかれ会でしたためてきた寄せ書きにも再会しました。
天王寺時代のココちゃんのお写真もあります。

しかしなんといっても圧巻はこちらでしょう!

20160515_coco_00_03.png

ココちゃんの似顔絵ボード!可愛面白い(≧m≦)♪
ハルさんのお誕生日イラストと同じ職員さん画でしょうか?

素敵な掲示物があると訪問がますます楽しみになります♪

ココちゃんパトロール中。

20160515_coco_04.png

パトロールが終わるとテラスでまったりします。

20160515_coco_05.png

ルモ君もそうですが、やっぱり位置は高い方が居心地がいいのでしょうねぇ。

お昼寝。

20160515_coco_07.png

風も通るだろうし気持ちよさそうですね!

ジャガー放飼場前にはこんなものもあります。

20160515_coco_00_01.png

職員さんお手製のジャガーヘッド。手で持って顔にはめて記念撮影できます。
左目の上にちいさく"ジャガー"と書かれている辺りに訴えかけるものを感じます。
ヒョウでも!チーターでも!ありませぇん!(という意味に違いないと思ってますが)

何組かのギャラリーが楽しそうに写真撮ってました。
ちょっとしたことですが、楽しめる工夫があっていいなと思います。
ひそやかにも"ジャガー"って書いてあるので、後から見返しても間違えることもありませんし!

ココちゃんもう一枚。

20160515_coco_06.png

ココちゃんは現在のところ午前中のみ展示なので、
この日は12時半頃にハルさんとルモ君に交替となりました。
あっという間だったな…。

ココちゃん、ホントにすっかり慣れてて安心したよ!
また会いに来るね!今度はまた大きくなってるだろうな(*^▽^*)

(2016/05/15撮影)

ハルさん21歳のお誕生日おめでとう

5月15日、わんぱーくこうちアニマルランドへ出かけてまいりました。
ハルさんの21歳のお誕生日の当日、お祝いイベントが開かれるということで!

勿論、天王寺からお引越ししたココちゃんとルモ君にも会ってきましたよ~。
今回はこの日の主役、ハルさんで更新です。

ジャガー舎前には愛情こもったイベント告知とお祝いが掲示されていました。

20160515_haru_00_01.jpg

(クリックで画像拡大。掲示物の文章もかろうじて読めます)

ハルさんです。おひさしぶりです!

20160515_haru_01.png

昨年11月の訪問では滞在予定を1日に繰り上げたため、
ハルさんにお会いするのはまるっと一年ぶりになってしまいました。

ハルさんの右下顎ですが、以前噛み合わせが悪くて腫れていると伺ったのは
検査の結果、癌だったそうです。上の写真の右端の掲示に詳細があります(クリックで拡大)。

腫れが悪化して表皮が破れてしまったそうで、痛々しい印象になっています。
ですが現在のところはお元気とのことで、エサも小さく切って与えられており、食欲もあるそうです。
切除するのも難しい位置で現在は投薬で様子を観ているとのことでした。

現在は午前中がココちゃん、午後がハルさんとルモ君の同居展示となっています。

20160515_haru_02.png

ウッドデッキでまったりするハルさんと、背後のテラスでおやすみしているルモ君。
お互い距離を保って穏便に過ごしているようです。ニアミスした一瞬は小競り合いになりそうでしたが。

座る向きを変えるハルさん。

20160515_haru_03.png

涼しげかつ優しい目元の美女です。

後ろ姿。

20160515_haru_04.png

覗き窓用ガラスを交換してくださったおかげで、しぇくし~アングルもばっちりですね。

14時半より、お誕生日お祝いイベントが始まりました。

プレゼントの馬肉ケーキです。

20160515_haru_00_02.png

馬肉がハート型に配置され、年齢の「21」と「ハル」がニンジンで書かれています。
体験学習でご近所の中学生の皆さんがこさえてくれたそうです。
とても可愛らしい仕上がりですね!

ケーキが入っているバットも普段ハルさんがごはんの時に利用しているものだそうです。
なんだってー!知ってたらバットももっとまじまじ眺めておけばよかった。

そしてお祝いイラストは獣医さんによるものだそうです(メッチャ上手い…)。
ハルさんは人工哺育でヒトが好きなのでお隣に飼育員さんが描かれています。
なんて細やかなんでしょう、愛情こもってて涙が出そうです。

馬肉ケーキプレゼントと並行して、ジャガーのワンポイントガイドも行われました。

個人的に絶賛ガイドだったのですが(レポツイ参照)、ハルさんの右下顎についても
発症前から一週間前の経過写真5枚と、検査時の写真(1枚目右端と同じもの)とともに解説がありました。

20160515_haru_00_03.png

この写真は3枚目です。
覚え書きとして、写真についていた解説文も載せたいと思います。

・2008年2月 12歳(発症するよりだいぶ前のハルさん)
・2011年3月 下あごに血液まじりの唾液を発見!!
・2012年3月 一年経過 すこし膨らみ始めた…
・2015年10月 四年経過 大きく目立ってきた…
・2016年5月8日 五年経過 表皮が破れ出血も…

なんならこれもジャガー舎前に貼りだしてもらってもいい!
と思う常連系来園者でした。

馬肉を食べ終えて、お祝いイラストを確かめるハルさん。

20160515_haru_05.png

ハ:「なんかついとる~」

鶏頭むしゃむしゃ。

20160515_haru_06.png

ハルさん、あらためて21歳のお誕生日おめでとうございます。

また会いに来ますからね!なるべく期間も開けずにね!

20160515_haru_07.png

高知なんて近い近いだよ!

(2016/05/15撮影)

帰還したルモ君のスリーピングショッツ

昨年11月、とべ動物園のプリメーラさんのお誕生日祝いと
わんぱーくこうちのじゃがさん達に会うために四国ツアーに行きました。

わんぱーくこうちで2日とってルモ君とハルさんの両方に会うつもりだったのですが、
最終日に天王寺動物園でジャガオさんのお誕生日祝いイベントが催されたため、
1日のみの滞在に急遽変更しました。

ということでお会いできたのはルモ君でした。

20151126_lumo_09.png

昨年10月7日にとべ動物園とのBL契約期間を終えて、
所属元のわんぱーくこうちへ帰ってきたルモ君。

わんぱーくこうちからのお知らせでは、
戻ってきた後、割合早くからリラックスしていた様子でした。

自分が訪問した際も、この通り。

20151126_lumo_01.png

お元気そうなルモ君に会えて嬉しいです!

ハルさんが降りるのに難儀したウッドデッキ、ルモ君はお気に入りのようです。

20151126_lumo_02.png

(以下、体勢を変えておやすみするルモ君が続きます…)

20151126_lumo_03.png

20151126_lumo_04.png

20151126_lumo_05.png

ルモ君の寝姿を淡々と貼るスレ。
みたいな。

なんというか、ルモ君の寝姿は寝るのが好きそうな感じがして好きです。

ところで!柵の透けてない写真は放飼場の横側にとりつけられた小さな窓から撮っています。
わんぱーくの大型ネコ科放飼場にはそれぞれ横から覗ける覗き窓がついているのでした。

大きなアクリル板ならもっと観やすいという本音はあるものの、わんぱーくは海に近いため、
地震や津波などの災害に備えると大きなものは取りつけられないそうです。
逆にそんな中でも覗き窓をつけてくださっていることに感謝です。

…が、ハルさんが長年かけてシュリッシュリのすりガラスに仕上げてくれていたため、
撮影するには激しくもんやりした写真を量産しておったのですが、ルモ君の帰還にともない、
ガラスを新しくしてくださってました!なんと…、ありがたい…、ありがとうございます!

おかげで覗き窓越しならこんなにクリアーにルモ君の姿を持ち帰ることができますよっ!

20151126_lumo_06.png

ルモ君起きました。

でもやっぱりウッドデッキがお好きなようです。

20151126_lumo_07.png

白目みえてるのが好きなのでチョイス。

20151126_lumo_08.png

くやしいがハンサムである…。

翌日の天王寺に備えて早めに退出しましたが、この日最後に撮った一枚。

20151126_lumo_10.png

眠たそうな目つきが最高だ。

ココちゃんは勿論のこと、ハルさんもルモ君も3頭の環境に穏やかに慣れてほしいです。
ハルさんには特に今後も末永くお元気でいてもらいたいです、気づけば国内最高齢なのだ。

そしてハルさんは以前の訪問でアップし忘れてた分がありましたので、遠くないうちに更新予定です。
でもって次の訪問こそ2日とって、できれば全員と会えたら嬉しいな~(^◇^;)

(2015/11/26撮影)

ハルさん20歳おめでとうございます!

5月13~14日にかけて高知へ行ってまいりました。
本日5月15日はわんぱーくこうちのハルさんのお誕生日なのです。
しかも1995年生まれなので20歳です。

20150514_haru_01.png

(朝、颯爽と放飼場に登場するハルさん)

ということで昨日、お誕生日おめでとうを伝えてきました!
わんぱーくこうちの職員さん達にも大変親切にしていただけて、
この上なくギッチリとハルさん充をした時間が過ごせました。ありがとうございました!

えーっと本当は出発前に、昨年9月にお会いした時のハルさんで更新するつもりだったのが間に合わず。
それはまた近いうちにアップするとして(データなのにどんどん部屋が散らかっていく感じがしている…)、
今回は昨日のハルさんのお写真と伺えたお話を交えて綴っていきます。

そしてその前にこちらの記事をリンクしておきます↓

どうぶつのくに.netより、
わんぱーくこうちアニマルランド/吉川飼育係のコアリクイ子育て奮闘記「いつか脱走するのかな?」
「Vol.31 ハルなのに・・・」

現在、わんぱーくこうちの大型ネコ科達も担当されている吉川さんの記事では、
時々ハルさんの様子を知ることができます(*゚∀゚*)!更新をいつも楽しみにしています。

で、現在最新の更新から、ハルさんの珍事件(だそうです)。
高台ステージをこさえてもらって上ったものの下りられなくなったそうで…。

その高台ステージ、どうなったのかしらと気になってましたが、下りやすいように板も渡されてました。

20150514_haru_00.png

結局その晩は戻ってこず、しかも雨が降ったのだそうで、でも翌朝にはちゃんと帰れたそうです。
その後いつもより長くお休みだったそう。おつかれさまでした。

大事なく(?)帰れてよかったです、ハルさん(^∀^;) 
板は渡したもののそれ以来、高台ステージには上らないそうです。

で、わたし今回初めて観ましたのが、奥のウッドデッキに上がってるハルさん。

20150514_haru_02.png

しししかもツメとぎしてる~!

20150514_haru_03.png

担当さん達にも今回のは珍しいがっつりツメとぎだったみたいで、貴重なお姿を観られて嬉しいです!

でもひょっとして、高台ステージから下りられなくなったお話を目の前でしてたせいかしら、
などとちょっぴり思ってしまいました(^∀^;)ゞ

ハ「失礼ね、ちょっと高いところくらい上れるわよ」

20150514_haru_06.png

ところで、かねてより気になっていたハルさんの下顎。
現在は組織が固くなっており、抗生剤の投与も控えているのだそうです。
ですが、それ以外は食欲もあり、すこぶるお元気とのことです。

お昼間はウッドデッキ上で長いことお昼寝されてました。

20150514_haru_04.png

ここに居てくれると、向かいのベンチに座っててもハルさんの姿がみえるのが嬉しいです(*^ε^*)
(いつもは背骨辺りの濃いジャガー斑眺めるとか、気持ちニヨイだけくんかくんか嗅ぐとか)
(いえよいのです、すぐ近くにジャガーさんがいるという喜びとありがたみ)

それではハルさん、また会いに来ますからね(*^▽^*)ノシ

20150514_haru_05.png

これからの一年も、ハルさんのペースでお元気にお過ごしくださいね(*´▽`*)

グラントシマウマのランさんの訃報

わんぱーくこうちにお住まいの国内最高齢グラントシマウマ
ランさんが15日に老衰で亡くなったそうです。32歳。

公式HPより、「国内最高齢のグラントシマウマ「ラン」が死亡しました。」

とりたててシマウマが大好きというわけではないのですが(みればわかる)、
ランさんはわんぱーくにお出かけする度にお会いするのを楽しみにしていました。

20130507_grantshimauma_01.jpg

(2013/05/07撮影)

一般に警戒心が強いとされるシマウマらしからぬ、
穏やか、温和なおシマウマ柄(模様ではない)だったと聞き及びます。

幸いこれまでの高知への遠征ではお天気に恵まれたことが多く、
自分にとっては温暖な南国高知の街のイメージと重なるのがランさんなのでした。

20140221_grantshimauma_01.jpg

(2014/02/21撮影)

複数の動物園へ足を運んだりなぞしてると、"国内最高齢"という個体に出会うことが度々あります。
その動物園のスターとして街の人達や、ひいては(界隈では)全国レベルで有名だったりもして。

とはいえ自分が直接お会いしたことのあるご長寿個体はそう多くないのですが、
そんな中で自分にとって、とびっきりのご長寿といえばランさん!でありました。

自分でもなぜなんでしょう。…わんぱーくこうちを初めて訪問した時、
ランさんの紹介とともに国内のシマウマ各種の最高齢個体を紹介した掲示がありまして、
なんて素敵な掲示だろうととても感銘をうけたこともあるかもしれません。

だけどランさんのきわめて温和だとの性質に憧れてしまっているのが一番な気がします。

(以下2014/09/08撮影)

20140908_grantshimauma_01.jpg

わんぱーくこうちの職員さんや高知の街の人達にも人気者だった(と思います)ランさん。
次にわんぱーくこうちへ出かけた時には会えないのはさみしいです。

20140908_grantshimauma_02.jpg

19日にたんとお花もお供え物ももらってください。
時折訪問するのみではありましたが、楽しい時間をありがとうございました。

2014/2/21のハルさんより

2月にはおひさしぶり(またかよ)の四国ジャガーツアーしてきました。
今回はジャガーさん達に会うだけではなくちょっとしたミッションもあったのですが、
ちゃんと達成できて、その点で今までで一番充実した四国ツアーになりました(*^∀^*)

早速、21日のわんぱーくこうちでお会いしてきたハルさんです。

20140221_haru_03.jpg

いつもの大きくて凛々しい瞳が相変わらずお美しいハルさん。

この日は天候もよく、過ごしやすい一日でした。
そんな中でハルさんにお会いできるのは喜ばしいことです。

のんびりと過ごすハルさん。

20140221_haru_01.jpg

横から眺めるハルさんの瞳もすっと通った鼻筋も美しいですが、
どことなく愛らしくもあります。

雰囲気のある表情。

20140221_haru_02.jpg

(うっすらと抜けきれてない柵は心眼で消します)

ジャガーさん達に会いに行く度、彼等の健康状態はとても気になる話題です。

昨年はおなか周りがボリューミィでしたが、2月はシェイプアップされてすっきりしてました。
ルモ君がとべ動物園に移動してお一人になってからは運動量が減ってしまって、
一時はぽっちゃり美女さんだったということのようです(*-∀-*)

それと、以前からの噛み合わせが悪い症状が進んでいるそうです。
投薬治療は続けているものの、何分口腔内のため治りが遅いそうです。
気がかりではありますが、一刻も早く治りますように。

20140221_haru_04.jpg

さて、昨年は5月の上旬にハルさんにお会いしたわけですが、
そのだいぶ後になってハルさんのお誕生日が5月15日と知りました。
わだすのバカ!

というわけで5月にまたハルさんに会いに行きたいなと思っております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。