さっすは元気にやってました

真面目にブログ更新をやるぞっっ!

(でん)

20180215_sasuke_02.png

先週の後半から週末にかけてとべとわんぱーく行ってきました。
まずはとべ動物園より卯月佐助っちの様子をアップします。

ろくすっぽ更新してないけれども、遠征のペースは以前とあまり変わりありません。
本当は昨年10月にも四国へは足を運んでましたが、気が向いた時に気が向いた内容で更新。

さっすの様子の前にまずはこちらの掲示。

20180215_jaguar_02.png

(クリックすると拡大します)

これは前回の訪問の時点でありましたが、素晴らしいですね!
フレームがジャガー柄です!わっ、わかったはるっ、わかったはるでぇ、とべ動物園さんっ!!
しかもプリントじゃなくて手描きなんですよ!素晴らしいッ!

なお、「だれのもよう??」という問いには種ではなく個体でお答えましょう。
ジャガオさんです。左上にいるジャガーさんもジャガオさん。

そして新たに掲示されていたこちら。

20180215_jaguar_01.png

(こちらもクリックすると拡大します)

イエス!ジャガーの強さ(のひとつ)といえばアゴ!
とべ動物園さんはホンマわかったはるでぇ…!

ひとしきりジャガーの魅力について勉強したところで、肝心の佐助っちに注目しましょう。

20180215_sasuke_01.png

今冬の寒さにより、気温の低い日は10時半頃から放飼場に出ているそうですが、
この日は朝イチからウッドデッキの上でゆったり過ごしてました。

20180215_sasuke_03.png

佐助っちは以前からルースさん寄りのお顔だと思っていましたが、
ますますルースさんに似てきましたね。4頭のうち一番ルースさんに似てると思います。

そして身体もおっきくなってました。

20180215_sasuke_04.png

この日お会いできた担当さんにお話も伺うことができました。
成長期なので多めに給餌(3kg)してたそうですが、最近はちょっと減らしてるそうです。
おなかがややタプッとしてみえますね。

ありがたいことに給餌の様子も見学させていただくことができました。
お天気の悪かった中、本当にありがとうございました!

20180215_sasuke_05.png

手前に来てくれると、なによりお顔がでっかくなってて成長を感じられました。

20180215_sasuke_06.png

担当さんの誘導についていく動きがスムーズです。
トレーニング始めたら上達が早そうな印象。

給餌が終わった後、まだニク寄越せという意思表示なのか
柵の下の隙間から前肢を捻じ込み柵をガジガジする佐助っち。目が爛々としています。

20180215_sasuke_07.png

ガブガブやってる辺りの柵、ところどころ塗装が剥げてます(左目の上辺りとか写真左端)。
バックヤードでもやってるそうで、担当さんはやめさせたいそうです。
強大なアゴ力を持て余しているのか佐助っち…。

そういえばとべ動物園の公式Twitterにも動画が出てましたねぇ…(こちら)。

そうだよ佐助くん、傍からみてる分には可愛らしく映るけどケガしたら元も子もないよ、
かのグランデさんのように20歳越えても4本揃ったキバを目指しておくれ。

20180215_sasuke_08.png

そんなこともありつつも、佐助っちはすこぶる元気に過ごしてます。
遅めに出てくる寒い日でもプールに氷が張ってると割りに行くんだそう。

ところで明日(2月22日)の「猫の日」にちなんで、各地の動物園でイベントが企画されています。
とべ動物園でも"ねこ歩き"と称してネコ科動物を巡るガイドツアーが催されます(なおめっちゃ充実してる)。
今回は二年ぶりにジャガーからガイドをスタートできるのが嬉しい、との担当さんのお話でした。

そうですよね!わたしもとても嬉しいです!たとえ行けなくとも!
佐助くん、また会いに行くからね!
(ここんとこのとべ訪問は雨ざんざか降り続きだったので次回は天候に恵まれることを祈る)

(2018/02/15撮影)

ざっくり2017年をふりかえる

かなりざっくり2017年のふりかえり。

6月22日 卯月小助 日本平動物園へ転出
7月21日 卯月佐助 とべ動物園へ転出

どちらもお引越し先で人気者になっているようです。嬉しい限り!よかった!

11月6日 京都市動物園で旭くんとミワちゃんが同居訓練(→こちら

これからが楽しみなカップルです。旭くんぎゃむばれ~!

12月6日 わんぱーくこうちでハクくん誕生。

本当におめでとうございます!
ココちゃん、ルモどの、職員の皆様に感謝いたします。
そしてハクくんの健やかな生育を願っています。

20171016_lumococo_00.png

(2017/10/16撮影 お顔がみえないけどじゃれ方がジャガーっぽいと思う一枚)

個人的にジャガーの飼育状況が大殺界かと思うような2015年9月~2016年8月の一年を経て、
比較的穏やかでかつ運気が上向いてきたような2017年だったような気がします。
来年もジャガーさん達の息災と職員の皆様のご健勝を願いつつ、年を越そうと思います。

なすどにジャガーがくるらしい

タイトルの通り。
栃木県にある那須どうぶつ王国にジャガーが導入されるらしいです。

YOMIURI ONLINE 『どうぶつ王国に新施設』

毎日新聞 『那須どうぶつ王国 来年3月に新施設開設へ ジャガー展示』

那須は寒いと聞いていますが、屋内施設ならその点はクリアなのでしょうか。

屋内施設といっても、同じく栃木県の水族館、なかがわ水遊園
世界の(といいつつ実質アマゾン)川ゾーンのような自然光がた~っぷり注ぐ施設を所望します。
できれば屋外設備もあって風にあたれるとなおいいけれど…。

ジャガーはおそらく外国から導入するのだと思いますが、
道中無事に来園できますように。そしてなすどで健やかに過ごせますように。

ところでなかがわ水遊園は前々から興味があって、先々月初訪問して大変感動しました。
那須どうぶつ王国+なかがわ水遊園+宇都宮餃子だなんて栃木ツアーはやぶさかではありません。

文字だけでは(わたしが)つまらないので、
レペゼン北関東ということで群馬サファリパークのレオンさん。

20170520_leon_00.png

(2017/05/20撮影)

今年は体調管理上お部屋で過ごす日の方が多かったのではないかと思います。
それでも今月の7日には無事に20歳のお誕生日を迎えられました。
こころより、こころよりおめでとうございます。

秋の日のジャガオさんとルースさん

おひさしぶりのブログ更新です。
更新作業のアレやコレやを思い出すのにいちいち間が空いて、いろいろあんまりだなぁと思いました。

今月上旬の天王寺動物園より、ジャガオさんとルースさんです。

天王寺動物園スタッフブログ 『ジャガーの同居始めました』

ジャガオさん。

20171008_jagao_01.png

ゴローン。

20171008_jagao_02.png

ジャガオさんはこの夏で衰えが目立ってきたそうです。
あと1ヶ月もすれば22歳ですものね…。

繁殖の再挑戦についてはジャガオさんに負担がかからない程度にお願いしたい
(というかもういいのでは?)、と個人的には思っていますが、
言うまでもなくその辺りは天王寺の職員さん達が丁寧に見極めた上での判断だと思います。

ジャガオさんが苦手な季節が近づいてますし、この冬も元気に乗り切ってもらいたいです
(まあ日本の冬が得意なジャガーさんはいないと思われるけど)。

ルースさん。

20171008_ruth_01.png

20171008_ruth_02.png

目元がうるりーんとしてるようにみえるのは発情が近い時期だったからでしょうか。

公式ブログの写真では、相変わらずプレゼンティングが独創的なので思わず笑ってしまいますね。
ですが育てあげた仔らは全員が環境の変化に動じない個性を持っているという頼もしい母親でもあります。

そしてその仔達は揃ってお引越し先で大事にされています。心底ありがたいことです。
ついでにそれが手軽に知れるインターネットもありがたいものです。

(2017/10/08撮影)

ローラちゃんがいなくなって一年

ローラちゃんが亡くなって一年になります。

20160102_laura_m_01.png

(2016/01/02撮影)

Twitterにあげた写真と同じです。

撮った写真を観返してるとお顔はコワいし、アトス君に対しては女王様だし、
初めて会った時のまだおこちゃまでお活発な様子を思い出すと、
20歳越えるくらい長生きするに違いないと思ってたのですが。

いつかムコ殿がきたら、かつての野毛山動物園のダイアナ&アポロ夫妻のように
国内はローラちゃんの子孫のくろじゃがでいっぱいになるといいなとも思ってて、
実際アトス君がきてからは希望から確信に変わった気もしてました。

が、ボスキ&ミワが生まれた後は次の出産にはなかなか結びつかなくて、
弟妹は生まれなくてもローラちゃん自身が健やかに過ごしてくれる方が重要、
とも思っていたのですがそれもかなわなかった。

オタク向けコンテンツ的な言い回しで本音を言いますと、
すげー元気で長生き!ローラ&アトス夫妻の子や孫であふれかえる!
という世界線を未だにあきらめられない。

公表された死因からは、傍目で眺めてたよりよほどつらかったであろうと思います。
なのに、自分の欲望で彼女を惜しんでいることに申し訳ない。

それでも、ローラちゃんのコワいお顔とかうろうろする様子とか後ろ首のラインを眺められないのは
動物園という場所から与えてもらった(と思ってる)色彩の何割かを失ったことには違いないのでした。
一年経過しても思うことは殆ど変わってないので、多分今後もそうだと思います。